ニュース, ブログ, ...

カルダノ、グローバル・ガバナンスにおける「正当な選択肢」となることを目指す

Bloombergによると、チャールズ・ホスキンソン氏がカルダノサミット2021で、”この種のインフラ(カルダノ)で国民国家を運営することも可能だ。今日ではなく、3~5年後には間違いなく可能だ”と述べています。また、カルダノは、「アイデアの市場において、少なくともこれらのシステムや制度のいくつかに対する正当な選択肢となるよう、自らを位置づけようとしている」と付け加えました。

以下はbloomberg.comに掲載された記事「Cardano Aims to Be ‘Legitimate Option’ in Global Governance」を翻訳したものです。

カルダノ、グローバル・ガバナンスにおける「正当な選択肢」となることを目指す

By Joanna Ossinger 2021年9月26日 2:10 JST

  • ホスキンソン氏は投票や決済システムなどのプロジェクトを挙げている
  • カルダノのADAは、ビットコイン、イーサに次ぐ3番目に大きなクリプト

カルダノブロックチェーンの創設者によると、ブロックチェーンと分散型技術は、今日の世界に影響を与えている多くの統治問題に対して、説得力のある潜在的な解決策を提供する。

カルダノのエコシステムは、投票から決済、さらには国民国家の通貨を運用する方法まで、さまざまなプロジェクトに取り組んでいると、土曜日に放送されたカルダノサミットのコメントでチャールズ・ホスキンソン氏は述べています。また、「政府を異なる方法で運営するための現実的なデータ」もたくさんあるはずだという。

ホスキンソン氏は、「この種のインフラで国民国家を運営することも可能だ。今日ではなく、3~5年後には間違いなく可能だ」と述べた。カルダノは、「アイデアの市場において、少なくともこれらのシステムや制度のいくつかに対する正当な選択肢となるよう、自らを位置づけようとしている」と付け加えた。

relation to Cardano Aims to Be ‘Legitimate Option’ in Global Governance

2017年に発表され、最近スマートコントラクト機能が追加されたカルダノは、これまでにGalaxy Digital Holdings Ltd.のCEOであるMike Novogratz氏などの否定的な意見を集めてきた。その中には、Galaxy Digital Holdings Ltd.のCEOであるMike Novogratzも含まれている。彼は先月、このプラットフォームは開発者からの支持が「ゼロ」であると述べた。しかし、CoinGecko.comによると、同社のADAトークンは、過去1年間で2,800%以上の上昇を記録し、ビットコインとイーサに次ぐ3番目に大きな暗号通貨となっています。カルダノのプロジェクトには、エチオピアの学生と教師のためのブロックチェーンベースのデジタルアイデンティティシステムの開発などがあります。

”人々はガバナンスに根本的に不満を持っている。”とホスキンソン氏はサミットで語った。

新しいシステム、新しいガバナンスの方法、新しいタイプの制度への欲求があります。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。