IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:ようこそ、RealFiの時代へ

IOHKアフリカ・オペレーション・ディレクターのジョンオコナー氏による、カルダノがデジタルアイデンティティをカルダノと統合することで、世界中の人々に真の価値と機会を生み出すRealFiの時代についての記事のご紹介です。

以下はIOGブログに掲載された記事「RealFi: democratizing opportunity」を翻訳したものです。

ようこそ、RealFiの時代へ

デジタルアイデンティティをカルダノと統合することで、世界中の人々に真の価値と機会を生み出すことができる

by John O’Connor African Operations Director 2021年11月25日

RealFi(リアルファイ)の時代へようこそ

RealFiのポイントは、本物の人々に本物の金融を提供することで、革新的で面白いことができるようになることです。

チャールズ・ホスキンソン

近年のブロックチェーンの進化を語る上で、中心となっているのが分散型金融(DeFi)だ。DeFiは、ブロックチェーン上の「スマートコントラクト」を用いて、誰もが分散型の公開台帳を使って銀行業務にアクセスできるようにします。DeFiは、銀行員やブローカーといった中間業者を排除することで、新世代のユーザーを獲得し、この分野は急激な成長を遂げ、現在では約1000億ドルの価値があると推定されています。

DeFiは、オープンな金融ネットワークです。人々は、お金を送ったり、借りたり、貸したりするために、PayPalやWestern Union、銀行などの民間企業を経由する必要はありません。その代わりに、個人間でピア・ツー・ピアの方法で、ブロックチェーンを基礎となる台帳として使用し、取引をサポートし、可能にします。

DeFiの基本的なコンセプトは健全です。ローンは通常、完全な、あるいは過剰な担保を設定します。これは、借り手についてほとんど(場合によっては何も)知られていないため、ローンが支払われない場合の償還請求権がほとんどないためである。また、借りたお金は通常、さらなる暗号化の機会に再投資されます。ユーザーは、中央管理機関を持たないピアツーピア方式で交流し、代わりにスマートコントラクトとブロックチェーンベースのシステム固有の透明性と不変性に依存します。このようにして、貸し借りに関する通常の規制上の制約のほとんどが適用されず、手数料も大幅に低くなる傾向があります。

RealFiの採用について、チャールズ・ホスキンソン氏は次のように述べています。

今後12カ月から24カ月の間に、DeFiプロバイダーの大半がRealFiに計画的にアップグレードし、アイデンティティやメタデータを実際に暗号化し、適切な標準を作成して安全性と機能性を確保し、規制やガバナンスの問題を解決し、さらには新規顧客の獲得に乗り出すだろうと考えています。

経済システムが発達している国では、DeFiはブロックチェーンが金融の「レガシー」システムを破壊し、より良い利回りや流動性の移動を求める新しいユーザーにアクセスを開放する可能性があることを強調しています。全く新しい金融のパラダイムを確立したDeFiは、モデルの進化に伴い、今後数年間で1,000億ドル規模のDeFi市場が大きく成長すると予想されています。

しかし、DeFiの時代は、新たな市場を創造し、魅力的な新しいユースケースを生み出している一方で、金融商品に簡単にアクセスできる人々とそうでない人々との間の経済的な格差をさらに際立たせています。

DeFi時代の格差是正

クレジットの価格設定とは、債務不履行のリスクを評価し、それを軽減するためのものです。従来の消費者金融やクレジットは、借り手がどのように行動するか(消費額や収入など)を把握することでリスクを軽減していました。DeFiのリスク軽減へのアプローチは異なります。

先進国でクレジットを提供するには、成熟した信用スコアリングシステムが重要です。しかし、新興国ではそれ以上に重要です。新興国で銀行が与信や融資を断る理由は、借りようとする個人や組織のデータが十分でないことが多い。システムが洗練されていないか、単にシステムがないかのどちらかです。クレジットスコアで正確な財務状況を把握することは不可能です。

しかし、アイデンティティにリンクしたプロキシを照会することで、クレジットスコアを構築することは可能です。例えば、公共料金を支払っているかどうかを電力会社に問い合わせたり、携帯電話の充電回数を電話会社に問い合わせたりすることができます。問題は、データをどうやってアイデンティティに結びつけるかということです。それが実現すれば、データを地元の銀行やマイクロファイナンス・イニシアチブ、あるいは世界中のカルダノコミュニティの人々が提供する分散型の資本プールに提示することができます。

私たちは今、暗号の革新によってこれを実現できる段階に来ています。必要な財務情報はすべて、Atala PRISM IDを通じて検証可能な形で保存・伝達することができます。DeFiの通貨構成要素を使って、これらのローンを構成し、通貨リスクをヘッジすることができます。また、カルダノが提供するスケーラブルな決済レールや様々なレイヤー2ソリューションにより、世界中で摩擦なく資本を移動することが可能になります。

世界にはDeFiがある。今、世界はRealFiを必要としている

今年、私たちは2つの非常に重要なブロックチェーン契約を発表しました。エチオピアの教育省とのパートナーシップでは、全国的な達成度記録システムを構築し、成績を確認し、学校の成績を監視し、全国的な教育を促進します。一方、タンザニアのWorld Mobile社との提携では、ブロックチェーンを通じて、接続されていない人々を接続し、必要なオンラインサービスへのアクセスを可能にします。

このような強力な案件は、RealFiを構築するというカルダノのミッションの出発点となります。すなわち、新しい金融アクセス方法を本当に必要としている人々を対象とした真の金融であり、DeFiではしばしば欠落してしまう真の価値を生み出すものです。RealFiは、暗号の流動性と現実世界の経済活動との間の摩擦を取り除き、暗号保有者には魅力的な利回りを、現実の人々にはより安価なクレジット/金融商品を提供する製品のエコシステムである。

カルダノは、トランザクションチェーンの末端にある真の経済価値、すなわち個人のアイデンティティを解き放つことで、金融パズルの最後のピースを加えます。

アイデンティティはすべてのものの中心です。誰かが経済的なアイデンティティを持てば、機会と包括性のある世界が開けます。真の機会とは、これまで手の届かなかった基本的なサービスへのアクセスを意味します。また、開業や既存の事業を維持するためのローンなど、真の金融も提供されます。RealFi。

IDは、担保の代わりとなる限り、資産となります。貸し手の最大の関心事は、ローン(および発生した利息)が確実に返済されることです。しかし、貸し手が借り手について十分かつ明確な情報を持っている場合(借り手が高額所得者であることや、長年の顧客であることがわかっている場合)、貸し手は担保を放棄する傾向にあるかもしれない。

金融排除の是正

Kivaのようなマイクロレンディング・プラットフォームは、アフリカ大陸の新興経済圏に適したビジネスモデルとして成功しています。このような環境下では、農家や起業家、創造と成功に意欲的な人々にとって、小額融資は人生を変えるものです。

しかし、金融へのアクセスは、より大きな問題の一部に過ぎません。保険、教育、医療サービスへのアクセスがなければ、人々は大きなリスクにさらされたままです。RealFiは、ブロックチェーンの力とAtala PRISMのようなデジタル・アイデンティティ・プラットフォームを通じて、この難問に対する包括的な解決策を提供します。デジタルアイデンティティは、金融商品だけでなく、人々が世界の先進地域の人々と同じ土俵で成功するためのサービスへのアクセスを可能にします。

チャールズ・ホスキンソン氏は次のように述べています。

カルダノは常に発展途上国への参入を目指しています。私たちは、金融サービスに確実にアクセスできない30億人の人々に焦点を当てたいと考えています。我々が参加している多くの市場を見てみると、アイデンティティやウォレットを介してそれらの市場を暗号通貨の世界に導き、RealFiへのアクセスを提供することで、初めてグローバルな市場に公平に参加できるようになることを非常に楽しみにしています。

RealFiは、オンチェーン・クレジット活動の新時代の到来を告げるものとなるだろう。カルダノのオーナーは、現在800億ドル相当のコインを保有しており、その多くが、ステークス以外にもっと利回りの良い選択肢を求めるようになるでしょう。このような暗号の実世界への応用、つまり実在する人々への実在する金融の提供が、カルダノのパワーと独自性に火をつけるスイッチとなる。これこそが、多くの人が暗号に気づかない本当のユースケースなのです。RealFiは、オンチェーンの信用活動の新しい時代を示しています。検証されたアイデンティティがあれば、ローマの誰かが、例えばケニアのビジネスに無担保の融資をする自信が持てるかもしれません。

IO社は、Pezesha社と提携し、運転資金のための短期融資を希望する中小企業への融資を促進しています。これらのローンのデフォルト率はわずか2%ですが、ケニアの市場では現地の流動性が不足しているため、資金調達に苦労しています。目標は、暗号保有者が実世界の機会にシームレスに貸し付けを行い、財布に直接暗号で返済を受けることができる、摩擦のないシンプルなツールを構築することです。私たちは、人々が暗号を使うのと同じくらいシームレスに現実世界の機会に貸すことができる世界を見ています。

RealFi:機会の民主化

RealFiは、金融的排除に対するアンチテーゼであり、アフリカやその他の地域における金融的・社会的な包括性の新時代の到来を告げるものである。RealFiを通じて、カルダノは人々の自助努力を助けるためのアイデンティティ提供の道標となります。RealFiの使命は、実在する人々のために真の金融価値を創造することであり、カルダノと他のブロックチェーンプラットフォームとの間の重要な差別化要因となります。

エチオピア、タンザニア、ケニアのプロジェクトは、グローバルな公平性と包括性に向けたはるかに長い旅の第一歩です。暗号通貨の保有者に魅力的な利回りを提供する一方で、恵まれない人々の疎外感をなくすための活動の始まりです。DeFiのように、RealFiは、暗号通貨の流動性と現実世界の経済機会との間の摩擦を減らす製品と技術のエコシステムになるでしょう。RealFiを通じて、世界をより小さくし、すべての人を資本と機会のグローバルコミュニティにつなげたいと考えています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。