エポックな日々, ブログ

ブロック生成とウロボロスと神社参り。カルダノステーキングライフエポック242:[カルダノ動向]etc

ブロック生成とウロボロスと神社参り

[SIPO2]がエポック242で、400個目のブロック生成に成功しました。昨年の2020年11月13日のエポック231より運営をスタートした[SIPO2]ですが、2ヶ月ほどでの達成でした。

プールの仕事は最終的にブロック生成をすることです。一つ一つのブロックにその時々の取引の記録が刻まれますが、私には魂が宿っているように感じるので、プール運営をするようになって、神社参りは自然と行くようになりました。また、いつの間にか私の周りにも多くの方が神社に行かれる方もとても多いですので、自然と習慣になりました。

私は神社やヤオロズの神という考え方にも興味があり、分散化の概念に通じるものがあると常々考えています。神社ネットワークを通して世界とコミュニケーションしている感覚で、感謝の念を神社を通して世界に捧げるというイメージが、日々の”ステーキングライフ”に欠かせない、しっくりくる良い習慣になりました。

ウロボロスはブロック生成をランダムなリーダーの選択によって達成します。リーダーの選択は完全なランダム変数によるもので、ウロボロスはドラゴンボールの神龍のような存在にも見えます。

ステーク量を増やすことによって「スロットリーダーとして選ばれる可能性を高め」ることができますが、こうすればブロック生成できるとか、こうすれば確率があるとかというような具体的、技術的はテクニックがある理由ではありません。

もちろんブロックを生成するだけの準備は常日頃24時間監視体制が必要ですし、セキュリティやネットワーク、パフォーマンス、ソフトウェアのアップグレードなどなど、多くの作業がありますし、バリバリのデジタルな仕事です。

その準備が100%できて初めてブロック生成ができる訳ですが、それでも(リーダーに選ばれる)だけは予測することができません。予測できないからこそセキュリティも高まる訳ですが。

そうした感覚からブロック生成できるように神龍から少しでも恩恵を受けるために何かおまじないやお願いをするわけです。プール運営者からは今回は運があるとか無いとかという言葉も使われるのはそういう意味です。

プルーフオブワークは、どれだけブロックを生成するためにパフォーマンスや効率を上げるかが求められますが、プルーフオブステークにおいては、完全ランダム変数によりリーダーが選ばれるので、単純ではありません。そうした意味合いからウロボロスプロトコルは一つの宇宙の守り神のような存在として感じられるわけです。

デジタルインフラをサポートする仕事なのに、神社参りとは変な話ですよね。(笑)

ウロボロスは、チェーンをエポックに分割し、さらにタイムスロットに分割してトランザクションブロックを処理します。スロットリーダーは各タイムスロットごとに選出され、チェーンにブロックを追加する責任を負います。

ウロボロスは革新的な技術と哲学の融合です。ウロボロスの研究は、私たちが社会としてどのように行動するかを探り、ゲーム理論によって定義された、個人と集団の利益の間の理想的なバランスを発見することを目的としています。

ウロボロスのインセンティブ・メカニズムは、参加者の正直な参加に報い、不正な行為者を抑制します。

ウロボロスのインセンティブ・メカニズムは、パーミッション・ネットワークのための安定した持続可能な基盤であり、未来のインフラなのです。

カルダノ財団公式サイトより

カルダノは数学的、科学的根拠を基盤にしていますが、ウロボロスを説明しようとするとどこか宇宙の摂理を説明しているようにも見えます。

これもカルダノの大きな魅力だと個人的には考えており、エポックなステーキングライフにはいつの間にか神社参りもセットでついてくるというわけです。我ながら面白いなとふと思います。

カルダノの主な動き

カルダノプロジェクトカタリスト Fund3 が50万ドルでローンチ

ロードマップVoltaireの第一段階であるProject Catalystがキックオフし、IOHKは次のステップのために50万ドルのファンドを立ち上げることを発表した。 このファンドはVoltaire時代の立ち上げの一環であり、カルダノのエコシステムの発展を後押しする画期的なアイデアを促進することが目的。

プロジェクト・カタリストは、プロジェクトのロードマップの最後の段階であり、プロジェクトがより独立し、IOHKの管理から離れることを可能にします。これは、投票システムとトレジャリーシステムを作ることで実現される。

プロジェクトがより自立したものになることで、ユーザーはカルダノのエコシステムの統治を担当することになり、プロジェクトの長期的な将来にとって重要な一歩となります。

IOHKは、2020年9月のFUND2に先立ち、FUND0とFUND1というテストファンドを立ち上げていた。 Fund2では、ユーザーがCardanoエコシステムの改善提案を提出できるように、また、プロジェクトを西アフリカに持ち込むために、25万ドル近くのADAを割り当てた。

次の段階であるFund3では、コミュニティのメンバーがCardanoの将来のための提案を提出し、カタリストの「オンチェーン」投票プロセスによって資金が提供される開発を決定することができるようになります。

リリースによると、Fund3は開発者のエコシステムへの挑戦、DAppの作成への挑戦、そして「コミュニティの選択」への挑戦という3つの課題に直面している。これらの課題はカルダノコミュニティによる「意図」を表しており、すべての資金調達ラウンドは、定義された課題のセットから始まる。

「コミュニティの選択」は、コミュニティに1つ以上の課題を設定することを求める新しいカテゴリーで、FUND5で独自の資金調達ラウンドを持つことになる。

発表では、以下のように追加。 “コミュニティのロードマップの実行、コンテンツやポッドキャストへの資金提供、非営利活動の奨励、その他優先順位が高いと判断されたものなど、コミュニティが設定したい目標をカバーするための追加の50万ドルのプールが用意される。

Fund3では、提案が開始される前に、コミュニティのメンバーが課題についての見解を述べることができる。 また、Cardano上にDAppエコシステムを構築することも含まれる。

カルダノがサステナビリティ部門のグループヘッドを選出

ウィル・マーティンデール氏がカルダノグループのサステナビリティ部門のグループヘッドに就任したと広報担当者が発表した。

この役職は新しいものである。マーティンデール氏は、2050年までに投資をゼロにすることや、人権と多様性の尊重を世界的に向上させることなど、当社の持続可能性の目標を実行する責任を負っている。

持続可能性と責任投資における彼の専門知識は、カルダノの環境と社会に対する野心的なコミットメントを達成する能力を強化する。 ウィルの経験は、カルダノが持続可能な経済にさらに貢献することを可能にし、サービスを提供する受益者が将来の課題に十分に対応できることを可能にする。

カルダノは、1150億ユーロ(1,405億ドル)の運用・助言資産を保有している。 マーティンデール氏は、責任投資原則の政策・調査担当ディレクターを務めていたが、後任の詳細は明らかにされていない。

CardanoのMaryハードフォークが2月にネイティブのマルチアセットサポートを提供する

チャールズホスキンソン氏は、メアリー ハード フォークが 2月にやってくることを明らかにした。これによりカルダノ ネットワークに「ネイティブ マルチアセット サポート」を提供されることになる。 メアリー (HFC) は、拡張 UTXO モデルのインフラストラクチャの追加と共にやってくる。

IOHKによると、Ethereumではチェーン上でサポートされるユーザー定義トークンのためにカスタムコードを必要としている。 これはシステム自体の一部ではなく、両方の規格のトークンのコードが複製されて適応されるため、複雑さ、コスト(コードの実行費用)など非効率なレイヤーが存在する。

Cardanoは、ネイティブトークンフレームワークを通じて、カスタムコードを必要とせずに、ユーザー定義のトークンをネイティブにサポートしていると報告されている。 これにより、カスタムコードや高価なスマートコントラクトを使用する必要がなくなる。

カルダノはビットコインや他の暗号通貨よりもはるかに分散化されている

カルダノはビットコインのセキュリティ(UTXO)を受け継ぎ、イーサリアムプラットフォームとの相互運用を確保し、更に拡張させることで第3のブロックチェーンの地位を着実に築いています。

以下ニュースから

チャールズ氏は、CardanoはBitcoinや他の暗号通貨よりもはるかに分散化されており、これはCardanoがBitcoinの100倍以上のユニークなエンティティがブロックを生成していることによって計算されていると主張している。

“通常、私たちが分散化と言うとき、私たちは厳密にはコンセンサスプロセスに参加しているノードの量と、どれだけのユニークな人々がブロックを作っているかを意味します。”

“ビットコインの場合、通常3~5人が同じブロックを何度も何度も作っています。カルダノは300~500のステークプールが一貫してユニークなブロックを作っています。”

また、登録されているステークプールが1200以上あることにも言及しており、「カルダノは100倍以上の分散化をしている」という主張をすることに非常に違和感を感じていないという。

実際、Staking Rewardsのデータによると、Cardanoは最近Polkadotを抜いて最も分散化されたネットワークとなり、循環供給の69.53%以上が現在ステークされている。

Bitfinexの顧客は、ADAの保有価値の最大70%の米ドル(USD)とテザートークン(USDT)で融資を受ける事が可能に

本発表日時点でのADAの借入金利は11.68%の年利率(APR)

BitfinexのCTOであるPaolo Ardoino氏によると”Bitfinex Borrowでの担保オプションの選択肢が増えているリストにCardanoを追加できたことを嬉しく思います。ユーザーは、当社の非常に流動性の高いピアツーピアレンディング市場から個人ローンを借りる別の方法を提供する事になります”

借り手は、証拠金ウォレットに十分な担保を入金する前に、Bitfinex の借入ページに表示される担保として使用したい通貨のリストから ADA を選択することができる。その後、顧客はフラッシュ・リターン・レート(FRR)に基づく変動金利か固定金利ローンのどちらかを選択することができる。

年利率と日利率、総貸出額と総返済額は、担保として預け入れた金額、貸出額、借入期間、希望する金利オプションに基づいて計算される。借り手は、ローンが返済される期間の長さを選択することができ、固定金利ローンでは最長120日の期間を提供している。

残高のある固定金利ローンが120日後に期限切れになると、自動的に変動金利ローンに変換される。

個人向けローンは、借り手の「信用金庫」に入金される。
借り手は、元金と利息の両方を一部または全額返済することができる。
借り手は、変動するADA価格のリスクを自分で管理する必要がある。

IOHKのCEO、チャールズ・ホスキンスン氏がカルダノ社(ADA)のPlutusオープンソースリリース日を発表

Cardano(ADA)ブロックチェーンの進歩をタスクにしたIOHKのCEOであるCharles Hoskinson氏は、Plutusプラットフォームのストレステストのためのロードマップを共有している。

Cardano (ADA)上のスマートコントラクトは2021年3月からオープンソース化される予定。

Cardanoに特化したスマートコントラクト環境であるPlutusは、2021年3月にストレステストの準備が整うという。

Cardano上に構築する準備ができた企業のプロジェクトがロックされ、ロードされると、Plutusのコードベースはオープンソースのリポジトリで利用できるようになる。

そして、カルダノのスマートコントラクト利用の定型的な「デザインパターン」や、ADAベースの分散型アプリケーション(dApps)のベストプラクティスが公開される。

ホスキンソン氏は、今後のテストが “楽しいものになる “と確信している。

多くの開発者は、dAppsのコアとなるスマートコントラクトのエコシステムとして、Ethereum(ETH)をCardano(ADA)に置き換えようとしている。例えば、ブロックチェーンAIのフラッグシッププロジェクトであるSingularityNETは、2020年9月にそのような計画を発表している。

カルダノのゴグエン時代が近づいています。これらは最新の開発アップデート。

U.Todayが以前報じたように、カルダノベースのネイティブトークンとブロックチェーンエミュレータのリリースはすぐそこまで来ています。

2021年のカルダノ(ADA):分散化、スマートコントラクト、DeFi

カルダノは、完全な分散化とスマートコンラクト機能を備え、ゴーグエン時代への道を歩んでいます。ステイキングの分散化を高め、大規模なプール支配ではなく、報酬の「公正な」分配に重点を置いていることを強調している。

カルダノが最初の分散型金融プロトコル(DeFis)をオンボードする可能性があるのは2021年。

IOHKは、初期段階の製品をサポートするプロジェクト・カタリストをキュレーションしている。それらの多くはDeFiセグメントに対応している。

[SIPO][SIPO2][SIPO3]エポック242サマリー

エポック242=シェリーエポック34
1月16日 午前6時44分頃 ~ 1月21日 午前6時43分頃
k=500、プール飽和点64M。
d = 0.30(ステークプールはブロックの70%を生成します)
1月16日午前6:45時点での価格
ADA/USD 0.303ドル
USD/JPY 103.881円
ADA/JPY=31.476円

[SIPO][SIPO2][SIPO3]
[SIPO]
[SIPO2]
[SIPO3]

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。