ブログ, 翻訳

IOG、新しいプログラミング言語「グロー」を発表。カルダノにとっての意味とは?

カルダノのイーサリアム Virtual Machine(EVM)開発ネットワークに新しいプログラミング言語「Glow」が追加されました。

新しく追加されたグローは、スマートコントラクトの記述と展開を容易にするために設計されています。Glowの導入により、開発プロセスが改善され、コストが削減されます。

以下は、U.Todayの記事「IOHK Introduces New Programming Language, Glow. What Does It Mean for Cardano?」を翻訳したものです。

IOGは、相互知識システムのスタートアップ(MuKn)とパートナーシップを締結し、カルダノ(ADA)devnetにプログラミング言語を1つ追加しました。Glowの特徴は?

by ウラジスラフ・ソポフ

IOGが新しいプログラミング言語「Glow」を発表。Cardanoにとって何の意味があるのか?

先日発表されたパートナーシップの枠組みの中で、イーサリアムに対応したdevnetであるカルダノ (ADA)は、もう一つのプログラミング言語であるGlowを受け入れることになりました。これにより、開発者のカルダノ (ADA)の体験が向上し、Solidityに特化したブロックチェーンエンジニアにとって、より魅力的なものになります。

カルダノ上のスマートコントラクト、簡素化

U.Todayで共有されたIOGのプレスリリースによると、カルダノのイーサリアム Virtual Machine(EVM)開発ネットワークに新しいプログラミング言語「Glow」が追加されました。

このドメインに特化した言語は、スマートコントラクトの記述と展開を容易にするために設計されています。Glowの導入により、開発プロセスが改善され、コストが削減されます。

新しい開発者は、他のチェーンからカルダノ(ADA)に移行することができるようになります。この言語は「移植性」があるため、イーサリアム(ETH)やカルダノ(ADA)以外のブロックチェーンにも適用されることになります。このように、今回のリリースは、IOGがクロスチェーンの相互運用性を重視していることを強調しています。

IOGのプロダクトディレクターであるAparna Jue氏は、将来のクロスネットワークブリッジやマルチブロックチェーンのユースケースについて、この斬新さを高く評価しています。

ブロックチェーンの主流の採用は、業界が幅広い互換性を提供し、個々のブロックチェーンとネイティブのプログラミング言語間の障壁を取り払い、幅広い開発者が利用できるようにすることで推進されると信じています。

グローのメリット

まず、カルダノの開発スタックにGlow言語が追加されたことで、スマートコントラクト構築の経験が大きく前進しました。カルダノ(ADA)上のスマートコントラクトは、2021年のIOGにとって最も刺激的なマイルストーンです。以前U.Todayでも取り上げましたが、マルチアセット対応をもたらすMary ハードフォークが2021年3月1日に有効化されます。

次にIOGは、すべての開発者にとってGlow言語のシンプルさを概説しています。例えば、20行のアプリケーションが、他の主流のブロックチェーンに焦点を当てた言語で書かれた100行のアプリケーションと同様のパフォーマンスを発揮することができます。

最後に、カルダノ(ADA)がプログラムチェーンになると、開発者は3つの言語から選択して、分散型金融プロトコル(DeFis)を含む分散型アプリケーションに取り組むことができるようになります。Glowは、カルダノの技術スタックの中のPlutusとMarlowe言語に付随することになる。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。