ニュース, ブログ, ...

カルダノ、ERC20コンバーターとクロスチェーンコミュニケーションを計画

Btcnewsjournalは、カルダノは、ERC20トークンをイーサリアムネットワークからカルダノに移行できるERC20コンバーターを立ち上げる予定であり、また、異なるブロックチェーンエコシステム間のクロスチェーン通信の開発に特化した新しいチームを編成し、年末までには、他のブロックチェーンとの相互運用性を向上させ、ライトコインやイーサリアムのネットワークからカルダノへの取引をシームレスかつ容易に移行できるようにし、これを可能にするのが、現在まだ開発中のインテリジェントカスタマーであると伝えています。

下記の記事はBtcnewsjournalの記事「Cardano Plans ERC20 Converters And Cross-Chain Communication」を翻訳したものです。

カルダノ、ERC20コンバーターとクロスチェーンコミュニケーションを計画

By Susan Graham 投稿日: 2021年4月14日

  • ホスキンソン氏は、ハードフォークの現在のロードマップは2020年7月29日に満たすことができ、すべてが計画通りに進んでいると説明しています。
  • カルダノは、ERC20トークンをイーサリアムネットワークからカルダノに移行できるERC20コンバーターを立ち上げる予定です。
  • また、カルダノやライトコインなどの他のブロックチェーンとの相互運用性を拡大し、ライトコインなどの取引もカルダノ上で行えるようにする。

カルダノは現在も順調にスケジュール通りに進んでいるため、7月29日のハードフォークもまだ実行中です。8月18日には、すべてのステークプール運営者とパイオニアがシェリーのメインネットに移行し、ブロックの生産を開始します。これは、最も重要で困難なステップの一つです。そのため、ホスキンソン氏は新しいビデオアップデートでこの日を重要なマイルストーンとしてマークしています。

ERC20コンバーターとdAppプログラミング

ホスキンソン氏は、市場とカルダノに新鮮な資本をもたらすために、8月にはさらに証券取引所への上場が続くと付け加えています。これにより、長期的にADAの価格が上昇する可能性があります。IOGのCEOであるHosOHは、イーサリアムネットワークからカルダノネットワークにトークンを移行するために使用するERC20コンバーターをプログラムするために外部の会社を雇いました。

まず最初に、ERC20トークンをカルダノテストネットワークに移行するためのシンプルなコンバーターを試験的に開始します。相互運用性は、「ネイティブ・アセット・スタンダード」が大量展開の準備が整うまで監視・テストされます。この新しい規格はERC20規格に対応しており、カルダノブロックチェーンに新しいトークンを導入することができます。

ホスキンソン氏は、この新しいインフラが強固な基礎の上に構築されるため、テスト段階は9月から10月まで続くと説明しています。開発者は、12月までスマートコントラクトの作成、テスト、実行が可能です。また、PlutusチームとGoguen開発チームは、エコシステムの中で有用な機能を果たす価値あるdAppsを立ち上げる予定です。

各チームは、カルダノがこのイベントのために特別にデザインした「ACID」という標語に沿って活動します。このスローガンは、”Adoption(採用)”、”Collaboration(協力)”、”Incentives(刺激)”、”Provisioning(提供)”の頭文字をとったものです。カルダノ上にdAppを作成しようとする個人や企業は、プロセスのあらゆる段階で、Cardano Foundationとコミュニティから専門的な支援を受けることができます。その目的は、dAppエコシステムの迅速かつ透明性のある開発を保証することです。

ホスキンソン氏は開発が完了するまでカルダノに留まる

チャールズ・ホスキンソン氏は数ヶ月前、エコシステムが完全に分散化された形で機能するように、ある時点でカルダノを離れる可能性があると発表した。しかし、それが実現するのは、計画されたすべてのプロジェクトとマイルストーンが達成され、計画されたすべてのリソースが完全に自律的でエラーなく機能することが保証されたときだと説明しています。

年末までには、他のブロックチェーンとの相互運用性を向上させ、ライトコインやイーサリアムのネットワークからカルダノへの取引をシームレスかつ容易に移行できるようにします。これを可能にするのが、現在まだ開発中のインテリジェントカスタマーです。この目的のために、カルダノは、異なるブロックチェーンエコシステム間のクロスチェーン通信の開発に特化した新しいチームを編成しました。

ホスキンソン氏は、カルダノが何十億人もの人々のためのエコシステムとして機能する準備はまだできていないが、その機能は今後5年間で拡大し、新しい金融システムやその他多くの複雑なユースケースの基盤として機能するだろうと述べている。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。