ニュース, ブログ, ...

フィンテックとGovTechを両立させる。ホスキンソンが語るアフリカにおけるカルダノの可能性

LunarCRUSHのインタビューで、チャールズ・ホスキンソンさんが、アフリカ、特にエチオピアでのカルダノへの取り組みを含む、数々のトピックについて語っています。カルダノの「アフリカ・スペシャル」について 「近いうちに発表できることを願っています」と語っており、またIOGはエチオピアのオフィスをSingularityNetと合併し、同国での取り組みを統合することなど大変興味深い内容です。

下記の記事はCRYPTO NEWS FLASHの記事「We’re a fintech and GovTech: Hoskinson talks Cardano’s potential in Africa」を翻訳したものです。

フィンテックとGovTechを両立させる。ホスキンソンが語るアフリカにおけるカルダノの可能性

By JAKE SIMMONS 2021年4月14日

LunarCRUSHの超おすすめインタビューで、カルダノの発明者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、今最もホットな話題であるアフリカ、特にエチオピアでのカルダノへの取り組みを含む、数々のトピックについて語った。

Input Output GlobalのCEOであるホスキンソン氏は、「アフリカでは多くのことが起こっている」と説明し、Cardano 360の特別エピソードである “アフリカ・スペシャル”を放送する予定であることを明らかにしました。「近いうちに発表できることを願っています」とホスキンソン氏は続けた。

さらにホスキンソン氏は、IOGが最近SingularityNETと提携し、両チームがエチオピアでオフィスを統合して力を合わせることになったと語った。

我々はかなり長い間、大陸を走り回ってきました。最大のオフィスはエチオピアのアディスアベバにあります。そして実は、SingularityNetと提携して、彼らのオフィスに我々のオフィスを統合することになりました。

大陸のどこでもカルダノを利用できることについて、ホスキンソン氏はこう続けた。

私たちはあらゆることをやっています。フィンテック、GovTech、そしてサプライチェーンや農業技術についても考えています。アフリカでは泥棒が大きな問題となっていますが、「土地を私たちの台帳に載せよう」ということから、投票、人の識別、つまりIDレイヤーを作り、それがあれば評判や信用システム、そして決済システムなど、あらゆることが可能になります。ナイジェリア、ケニア、ルワンダ、ウガンダなど、大陸全体で活動しています。また、IceAddisのような多くのパートナーもいます。

アフリカは新しい中国

IOGの責任者によると、アフリカ大陸は、経済成長とブロックチェーンの利用の両面で、世界最大の可能性を秘めているといいます。アフリカのほとんどの国では、今後10年で政府や行政に関するすべてが「アップグレード」される可能性があり、そのため、アフリカは “1980年代の中国のようなもの “だという。

例えばエチオピアでは、人口の70%が30歳以下です。彼らのほとんどは “デジタルネイティブ “であり、”プロクリプト “です。

本当に賢い人たちは、社会のダイナミクスを見て、政策の変化を見て、これはロケットだと言います。今は燃料を積んでいるところなので見えませんが、ロケットが飛び立つときには私もその船に乗りたいと思っています。

さらにホスキンソン氏は、現在、アフリカの政治指導者のほとんどが、ジョー・バイデン米大統領と同年代で、すでに交代しているか、あるいは「かなりのハイテク通」である「若手」に取って代わられていることも強調しています。例えば、エチオピアの首相は暗号解読者です。

彼は私たちが書いた論文を読むことができますが、ジョーにはそれができません。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。