IOGブログ, ニュース, ...

戦略的パートナーがPlutusスマートコントラクトへの道を開く

以下はIOGブログに掲載された記事「Strategic partners pave way for Plutus smart contracts」を翻訳したものです。

戦略的パートナーがPlutusスマートコントラクトへの道を開く

MetalampとRuntime Verificationは、CardanoをDeFiの時代に向けて準備する開発者の一人です。

by アンソニー・クイン 2021年5月12日

カルダノ上でPlutusスマートコントラクトを実現するための技術的なインフラが整いつつある。しかし、分散型金融(DeFi)のためのこのようなインフラは、プラットフォームの採用と利用を促進するコントラクトを書く開発者がいなければ、車のない道路のようなものだ。

Plutusのパイオニアプログラムは、2年以上前に始まった開発者教育のための発展的なスキームの一環として、4月に開始されました。その目的は、関数型プログラミングを学びたい人に体系的なトレーニングを提供し、HaskellとPlutusを使って最初のアプリケーションを作り始められるようにすることです。この熱心で献身的な約1,500人のPlutus開発者グループに加えて、私たちは経験豊富なソフトウェア開発会社とパートナーシップを結び、いくつかの分散型アプリケーション(DApps)を構築してネットワークのストレステストを行い、初期の概念実証アプリケーションを提供し、私たちのプロセスと後続の開発者たちへのサポートを評価しています。

Plutusの計画は、「プロの開発者がパイオニアプログラムの作業を補完し、Alonzoハードフォークに向けた品質保証とテストプロセスを迅速に進める手助けをすることです」と製品戦略ディレクターのSilviu Petricescu氏は言います。

「カルダノのコミュニティは、インセンティブ付きのテストネットの時代から、ネットワークのテスト、改善、ロールアウトに不可欠な存在でした」と付け加えます。「プロの開発者は、専門性という点で、社内のコアチームとパイオニアの間に位置し、『すべてを精査する』というプロセスに別の要素を加えています。ドキュメントやツールをはじめ、我々が提供するすべてのサポート要素を、彼らが最初にテストしてフィードバックしてくれるのです。それを社内のテストや品質保証のプロセスに反映させていきます。」

これは2つのアプローチから成り立っています。パイオニア制度では開発者の軍隊を育成し、パートナー制度ではすべてが機能することを確認するために強力な専門知識を導入します。これにより、PlutusがCardanoのロードマップにあるGoguenの最終コンポーネントとしてメインネットに展開されるときに、全員が準備を整えることができます。これらの開発者を参加させることは、次のハードフォークに向けた構築の質を、「私たちが望むレベルにするための方法です」とペトリセツは言います。

運営ディレクターのGerard Moroneyは、「これらのソフトウェアハウスをこのスキームに参加させてきました。私たちは、ブロックチェーンの経験がある企業やブロックチェーンのコンサルタント会社、また、必ずしも暗号化ではなく分散コンピューティングに精通している企業と話をしてきました。また、しっかりとしたHaskellの経験を持つコンサルタント会社にも注目しています」。熱意と情熱も方程式の一部です。「私たちは、何か新しいこと、革新的で興味深いことに挑戦したいと本気で考えている企業と仕事をしています。基本的には、勇気を持って時代の先端を行きたいと思っている人を支援しています」。

「もちろん、ブロックチェーンは決して眠ることはありません。彼は、ヨーロッパ、アジア太平洋、南北アメリカの各地でコンサルタント会社との話し合いを持ち、広範囲に渡って調査を行いました。中にはまったくの初対面の会社もありましたが、彼らはすでにカルダノやプルータスのことを知っていて、それがとても興味深かったです」と彼は言います。

これらの企業は、金融分野やビジネスでの経験があるので、「みんな素晴らしいアイデアを持っています」と彼は付け加えます。最初に取り組んでもらいたいことを指導していますが、彼らも新しいアイデアを出してくれるので、とても楽しいですね」。

3月の「Cardano360」では、パートナー企業へのインタビューを行いました。ソフトウェアエンジニアリングの分野では、パートナー企業の専門性が明らかになりました。例えば、Obsidian Systems社は、Tezosのプルーフオブステークのブロックチェーンを維持するブロックバリデーターに、多くのツールと技術サポートを提供しています。

Metalamp社のオフィスを訪れると、シベリアのオムスクという街で、プログラミング言語Haskellをベースにした「複雑で時間のかかるプロジェクト」を得意とするチームに囲まれていることがわかります。’同社はカルダノについて聞いたことがあり、’Haskellで書かれた最も魅力的なプロジェクトの一つ’であることを知っていました。同社のチームの中には、両社が接触する前に、すでにPlutusで遊んだことのある者もいた。Metalamp社は金融技術の経験があり、貸し手やローン、台帳に関わるアプリケーションを構築してきました。

また、このロールアウトをサポートしている企業は以下の通りです。

  • Eleks:1991年以来、カスタムソフトウェアエンジニアリングとコンサルティングサービスを提供しています。ウクライナを拠点としています。
  • Node Factory:ザグレブにあるブロックチェーンの研究開発専門会社です。
  • MLabs:主にHaskell、Python、Typescriptで、コンパイラ、人工知能、DevOpsアプリケーションを開発しています。
  • BinarApps:ポーランドに拠点を置くこの開発者は、小売業やロイヤリティ分野のプロジェクトを専門としています。

開発者は、デジタル取引所や、商品価格、為替レート、航空会社の時刻表、物流スケジュールなどの情報をブロックチェーンにもたらす「オラクル」と呼ばれるオンラインソースを含むアプリケーションの開発を楽しみにしています。GitHubのEssential Cardanoページでは、Cardanoのエコシステムをマッピングし、リソースのライブラリにリンクしています。

開発には長い時間がかかる

もちろん、Plutusは複雑な金融のスマートコントラクトにも使われます。これらの契約には莫大な金額がかかっており、Ethereumシステムを使った契約にはすでに430億ドルがロックされていると言われています。しかし、DeFiはまだ非常に初期の段階であり、先日の#CardanoAfricaイベントで示したように、実世界でのユースケース(私たちはRealFiと呼んでいます)には全く新しい市場が存在します。

安全なスマートコントラクトを長期的に実装することは難しく、ソフトウェアのスケジュールは有名な話です。しかし、当社のブロックチェーン・エンジニアによる進歩と、Goguenのジグソーパズルのピースが所定の位置に収まる方法の加速は、以下のPlutusのタイムラインを見れば明らかです。Plutus Playgroundが稼働しています。約1,500人の開発者がPioneerプログラムでスキルを磨き、スクリプトを書いたりアプリのプロトタイプを作ったりしています。最初にコア機能を提供し、その後、数週間のうちに新しい機能や新しいユーザーグループを追加するなど、迅速な反復プロセスを経て、まもなく一連のアロンゾ開発テストネットが展開されます。その間にも、メインネットへのAlonzoの展開や、カルダノでのスマートコントラクトの開始に向けて、着実に進んでいます。

パートナー、パイオニア、開発者など、カルダノコミュニティの誰もが、Plutusスマートコントラクトプラットフォームを確実に軌道に乗せるために精力的に活動しており、エキサイティングな夏になりそうです。分散型金融が待ち望んでいた、安全でエネルギー効率に優れたシステムです。

私たちは、今月末を目標に、最初のAlonzoテストネットを準備する最終段階にあります。今週、私たちのソーシャル・チャンネルで最新情報をお届けします。Plutus Playgroundは、ご自身でお試しいただけます。また、Cardano ForumでPlutusに関する議論に参加することもできます。また、PlutusのGitHubリポジトリもあります。また、Slackコミュニティに参加して、興味を登録することもできます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。