ニュース, ブログ, ...

ビットコインマイナーが中国からトラックや貨物機で移動する中、ホスキンスン氏がカルダノのPoSが優れている理由を強調

チャールズさんが、中国がマイニングを取り締まる意図があるというニュースに反応しながら、”PoSシステムであれば、トラックや貨物機が必要になるPoWシステムとは異なり、サーバーをコマンドラインで世界のどこにでも移動できる”とツィートしたことを受け、heraldsheets.comは「ビットコインマイナーが中国からトラックや貨物機で移動する中、ホスキンスン氏がカルダノのPoSが優れている理由を強調」と記事で伝えています。

以下はheraldsheets.comに掲載された記事「Hoskinson Stresses Why Cardano’s PoS Is Better as Bitcoin Miners Move with Trucks & Cargo Planes out of China」を翻訳したものです。

ビットコインマイナーが中国からトラックや貨物機で移動する中、ホスキンスン氏がカルダノのPoSが優れている理由を強調

By Tobi Loba May 25, 2021

ホスキンソン氏は、ビットコインマイナーが中国からトラックや貨物機で移動する中、なぜカルダノのPoSが良いのかを強調しています。

中国は、暗号化された採掘や取引を含む違法な金融活動を取り締まることを宣言しました。これにより、中国のビットコイン・マイニング・コミュニティ内では、電力が余っている最適な代替地域を求めて、緊張が走っています。

2021年5月21日、中国の金融安定発展委員会(FSDC)は、第51回会議において、国内でのビットコインマイニングに対する姿勢を維持することを決定し、暗号マイニングや取引を取り締まる方針を示したことが発表されました。

この発表の後、市場のビットコイン(BTC)や他の暗号通貨の価格は急落し始め、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏が始めた荒廃した市場の状態に拍車をかけました。

チャールズ・ホスキンソン氏は、プルーフ・オブ・ステート(PoS)がなぜベストなのかを強調しています。

IOGのCEOであり、スマートコントラクトプラットフォーム「カルダノ(ADA)」の生みの親であるチャールズ・ホスキンソン氏は、この好ましくない状況について、エネルギーを消費するプルーフ・オブ・ワーク(PoW)ではなくプルーフ・オブ・ステーク(PoS)のコンセンサスアルゴリズムを採用する理由を強調しました。

カルダノ(ADA)がPoSを採用していることは一般的に知られており、安全性、拡張性、高速性、エネルギー効率、コスト効率に優れていると言われています。ホスキンソン氏しはかつて、カルダノはビットコインの160万倍のエネルギー効率があると主張しています。

5月24日のツイートで、中国がマイニングを取り締まる意図があるというニュースに反応しながら、カルダノの生みの親(ADA)は、PoSシステムであれば、トラックや貨物機が必要になるPoWシステムとは異なり、サーバーをコマンドラインで世界のどこにでも移動できると述べています。

チャールズ・ホスキンソンは下記のようにツィートしています。

プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake)システムでは、サーバーの配置をコマンドラインで世界中のどこにでも移動できることを覚えておいてください。中国の採掘者たちが、大規模な採掘装置をどこかに移すことができるよう、幸運を祈ります。

ビットコイン(BTC)マイナーがトラックやカーゴプレーンで機材の移動を始めた

ホスキンソン氏の視点に対して、インターネット起業家のキム・ドットコムは、ビットコインの採掘者たちがすでに中国からトラックや貨物平原を使って、余剰電力が得られる地域に移動していることを明らかにしました。

もう始まっているんだよ、チャールズ。トラックや貨物機は、マイニングラックを友好的な管轄区域に移動させています。仲介業者は、中国以外の余剰電力容量を見つけるために残業しています。願わくば、石炭よりも安く、暗号にとっても良い再生可能エネルギーに焦点を当てたいものです。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。