ニュース, ブログ, ...

Cardano360、「アロンゾ・タイムライン」「Marlowe Run」などをリリース

我らがSPOの仲間が運営しているadapulse.io(*)がまとめたCardano360のまとめ記事です。とてもよくまとまっていますのでご紹介します。

adapulse.ioについて】(*)
2021年に設立されたAdaPulseは、Cardanoエコシステム内のプロジェクトやニュースをカバーする独立したデジタルメディアリソースです。私たちのチームは毎日、最も正確で最新のニュースを提供し、カルダノコミュニティが私たちの分散型環境における最新のトレンドや分析について情報を得られるようにしています。

以下はadapulse.ioに掲載された記事「Cardano360 Releases Alonzo Timeline, Marlowe Run, and More」を翻訳したものです。

Cardano360、「Alonzo Timeline」「Marlowe Run」などをリリース

BY LUKE MAY 28, 2021 4 MINUTE READ

先月、カルダノのアフリカ・スペシャルは、500万人のエチオピアの学生を受け入れる計画を発表して話題になった。adapulse.ioは、約2時間半のイベントと注目を集めた取り組みを取材しました。今回の特集では、エチオピア教育省とテクノロジーインフラ企業であるWorld Mobile社との戦略的パートナーシップが紹介されました。両者の提携は、カルダノを支える最先端の技術を利用して、アフリカ大陸のインフラを近代化することを目的としています。

アロンゾ

今月のCardano360は、技術ロードマップと最近のマイルストーンにスポットライトを当てました。その中でも、9月に予定されているアロンゾ(Alonzo) – Plutusハードフォークのコンビネーターイベントはその最たるものです。このイベントでは、Plutusスクリプト言語がブロックチェーンに統合され、待望のスマートコントラクト機能が展開されます。スマートコントラクトにより、企業はこのプロトコルを使って包括的なプロフェッショナルサービスを提供することができます。

展開サイクルは主に3つのフェーズで構成されています。現在進行中の「アロンゾ・ブルー・テストネット」は以下の通りです。

  • 少人数のステークプール運営者、カルダノパートナー、Plutus Pioneersが参加しています。
  • 基本的な機能にフォーカスしている
  • シンプルなスマートコントラクトを紹介する予定

アロンゾ・ホワイト(Alonzo White)は、今年の夏の終わりに開始されます。以下の通り。

  • カルダノコミュニティのより広範な部分で利用可能になる。
  • コアな機能を追加し、製品のライブテストを可能にする
  • デモDappsの提供
  • ウォレット・バックエンドの導入
  • ベンチマークの実施

最後に、アロンゾ・パープル(Alonzo Purple)は、以下の通りです。

  • 最適化に注力
  • 1,500人のPlutus Pioneers全員を含む、より多くのコミュニティを取り込みます。
  • 実世界での使用例に焦点を当てる
  • 交流の場を設ける
  • 開発者向けのドキュメントと演習を完備する

Alonzo Purpleの後には、アロンゾ・レッド、ブラック(Alonzo RedとBlack)が続き、ハードフォークのコンビネーターイベントでメインネットの展開が完了します。

今後数ヶ月の間に多くのことをしなければなりません。幸いなことに、戦略的な商業パートナーがその負担を軽減してくれています。MetaLamp社は、ウェブサービスから大規模なHaskellプロジェクトまで、フィンテックのバックエンドソリューションを手がけています。ELEKS社は、ブロックチェーンベースのサービスを知名度の高い顧客に提供する技術サービス会社です。同様にAltLabsは、分散型台帳やブロックチェーンなどの分散型システムに特化した少数の開発者グループです。

プルトゥス&マーロウ

もちろん、アロンゾはエキサイティングですが、このアップグレードはカルダノのエコシステムにとって何を意味するのでしょうか?その答えは、ハードフォークの名前の由来にあります。アロンゾ・チャーチはアメリカの数学者で、関数型プログラミングの基礎となるラムダ計算を発見した人物として知られている。Haskellをベースにした関数型プログラミング言語であるPlutusには、Alonzo Churchが述べた原理がふんだんに盛り込まれています。

PlutusやHaskellのような関数型言語は、カルダノのような市場をリードするブロックチェーンに容易にマッチします。これらの言語は、安全性と適切な実行を保証するために数学的に検証することができます。そのため、ミッションクリティカルなスマートコントラクトのコードに、より厳格なものを提供することができます。

しかし、その一方で、習得には大きな困難が伴います。Lars Brünjesが代表を務めるPlutus Pioneer Programでは、この問題を克服しようとする何百人もの開発者たちを指導しています。難易度の高いカリキュラムにもかかわらず、1,500人以上の学生が参加しており、その多くがカルダノブロックチェーン上での構築を希望していると、Lars氏は報告しています。

また、スマートコントラクトソリューションに興味を持つ、技術的にあまり詳しくないコミュニティメンバーのために、他のソリューションも進行中です。Marloweは、金融契約や商品を合理化することを目的としたドメイン固有の言語をベースとした製品群です。Marloweは読みやすく、コストのかかるエラーを制限する設計になっています。もちろん「百聞は一見にしかず」で、2021年5月のアップデートでは、シニアリサーチフェローのサイモン・トンプソンが、ブラウザアプリケーションを使ったシンプルなローンのスマートコントラクト「Marlowe Run」をデモしました。

ハイドラ(Hydra)

ブロックチェーン技術は、金融システムや社会全体を破壊する可能性を秘めています。ただし、銀行口座を持たない、あるいは銀行口座を持たない生活をしている世界中の数十億人の人々にまで拡大することができればの話ですが。多くの人が知っているバズワードであるスケーラビリティ(拡張性)の問題が、他のブロックチェーンプロジェクトの野心を抑えています。

カルダノの答えはHydraであり、主にパーティショニングと支払いチャネルに基づいたスケーリングソリューションである。テクニカルアーキテクトのManuel Chakravarty氏は次のように説明する。

一般的に、パブリック・ブロックチェーンは、トランザクションを処理する能力に限界があります。これは、1秒あたりに処理できるトランザクションの数にも当てはまりますし、トランザクションのサイズにも当てはまります。これは、これらの取引がすべてブロックチェーンに保存され、他の人がダウンロードしなければならないからです。

マニュエルは続けて、ハイドラの継続的な研究が、成長するカルダノをどのようにサポートするかを説明しました。

具体的には、Hydraはレイヤー2のソリューションで、実際のレイヤー1のブロックチェーンを変更するのではなく、Plutusのスマートコントラクトを使って実装することになります。その利点は2つあり、より迅速に開発できることと、ブロックチェーンのセキュリティに敏感な部分を変更する必要がないことです。

Hydraプロトコルがうまく実装されれば、カルダノのブロックチェーンが成長したときに、理論上最大で毎秒100万件のトランザクションを処理できるようになると同時に、手数料を削減することができます。

CatalystとSingularityNETのパートナーシップ

進化のスピードは速い。しかし、これまで述べてきたのは、IOGとそのパートナーを中心とした展開でした。ドール・ガーバッシュが代表を務めるプロジェクト・カタリストは、起業家コミュニティのメンバーに分散して資金を配分しています。360のアップデートでDorは、314人の開発者、132人の起業家、6つのDappsが活動していると述べています。さらに、25,000人のメンバーがCatalyst IdeaScaleに参加しています。このIdeaScaleは、年内に10万人の参加者を達成する予定です。

一方、AIのパートナーであるSingularityNetは、ERC20コンバーターでIGGチームと一緒に躍進しています。このプロジェクトは、カルダノとイーサリアムのエコシステムをシームレスにつなぐものです。プロジェクトマネージャーのFrancisco Landinoによると、パートナーたちはこの橋を形成するために努力してきました。実際にコンバーターを使ったデモを見ると、それが実際に実現していることがわかります。

adapulse.ioは先日、ERC20の詳細をこちらで取り上げました。この記事で取り上げたその他の項目については、YouTubeで公開されているCardano360 5月のアップデートで詳しく紹介されています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。