ニュース, ブログ, ...

カルダノ、アロンゾ・テストネットでスマートコントラクトのボールローリングを開始

zycrypto.comが完璧さを求め続けるカルダノは、アロンゾはブルー、ホワイト、パープルの3つのフェーズで展開され、パープルの段階では、重要なアップグレードのエキサイティングな期間を締めくくることになると伝えています。

以下はzycrypto.comに掲載された記事「Cardano Gets The Ball Rolling On Smart Contracts With Alonzo Testnet」を翻訳したものです。

カルダノ、アロンゾ・テストネットでスマートコントラクトのボールローリングを開始

By Lou Kavan Flavius – May 28, 2021

カルダノは、5月の大規模な暗号通貨の下落の中で強さを示す数少ないアルトコインの1つであり、その開発者の最新の発表は、投資家や保有者の間で興奮を促していることは間違いありません。

木曜日、このコインの開発者であるIOHKは、「アロンゾ(Alonzo)」テストネットの展開と、8月までに完全な機能を得るための計画を示すロードマップを発表しました。アロンゾ(Alonzo)のハードフォークでは、スマートコントラクトを含むいくつかの新しい機能がブロックチェーンに追加され、それによって多くの新しいDeFiアプリケーションの立ち上げが促進されます。

イーサリアムに対する優位性

イーサリアムはスマートコントラクトの統合により競合他社より優位に立っているが、カルダノはこのパーティーへの参加に意欲的で、イーサリアム、バイナンス・スマート・チェーン、その他の暗号空間を占めるスマートコントラクトネットワークに対抗できるようになるだろう。

数学者でコンピュータ科学者のアロンゾ・チャーチにちなんで名付けられたアロンゾは、他のDeFiネットワークと競合できるようになることで、ネイティブカレンシーのADAのチャートにさらなる上昇をもたらす可能性があります。その点ではEthereumが明らかにリードしていますが、ガス料金の高さや取引の遅さから、ミントやDAppsの構築などの特定のサービスについては、他に目を向ける人もいるようです。

また、イーサリアムとビットコインの両方が最近非難されている、カーボンフットプリントの問題もあります。億万長者のイーロン・マスク氏は最近、マイニングが環境に与える影響を理由に、テスラ車のビットコイン決済を停止しました。その後、彼はマイニングをよりクリーンにするための動きを見せており、今週、多くのマイナーやマイニング企業と会っています。

イーサリアムの2.0アップグレードは、エネルギー消費を大幅に下げるはずですが、それはまだ2年先のことかもしれません。一方、カルダノはすでにプルーフオブステークモデルで運用されており、イーサリアム2.0が発売される頃にはもっと進化しているだろう。

完璧さを求め続ける

カルダノは、2015年に発売されて以来、豊富な研究とテストが行われ、その結果、何度も反復してボンネットの中に登場してきました。開発者たちは昨年、「シェリー」というフェーズを展開しました。これは、連合型ブロックチェーンから分散型ブロックチェーンへの転換を採用したアップグレードで、コミュニティが検証者となりました。

以下のビデオに見られるように、アロンゾはブルー、ホワイト、パープルの3つのフェーズで展開されます。それぞれの段階で新たな展開があり、パープルの段階では、重要なアップグレードのエキサイティングな期間を締めくくることになります。

今後数ヶ月の間に、メインネットへの展開に向けて新しいテストネットの機能や特徴を統合するため、プログラムはより多くのユーザーに拡大していきます。

ドキュメントとユーザーガイドを作成中で、近々公開する予定です。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。