ニュース, ブログ, ...

カルダノ・アロンゾ・スマートコントラクト・プラットフォーム「テストネット」が始動

bitcoinethereumnews.comは、アロンゾは、カルダノネットワークに新しい機能を導入するハードフォークで、これは、Plutusスクリプトの統合により、カルダノネットワーク上でスマートコントラクトが可能になることを意味するとし、これにより、分散型金融(DeFi)関連を含む新しい分散型アプリケーション(dApps)の開発が可能になると伝えています。

以下はbitcoinethereumnews.comに掲載された記事「Cardano Alonzo Smart Contracts Platform Testnet Launches」を翻訳したものです。

カルダノ・アロンゾ・スマートコントラクト・プラットフォーム「テストネット」が始動

By bitcoinethereumnews.com  05/28/202

Input Output Hong Kong(現在IOGに名前を変更)は、カルダノ・アロンゾ( Alonzo)スマートコントラクトプラットフォームのテストネットを開始し、そのロールアウト計画を明らかにした。

カルダノプロジェクトは5月27日、新しいスマートコントラクトプラットフォームのロールアウト計画を公開した。Alonzo(アロンゾ)と呼ばれるこのプラットフォームの最初のテストネットはすでに開始されています。同プロジェクトの関連団体のひとつであるInput Output Hong Kong(IOHK)が発表した。

アロンゾ(Alonzo)は複数のフェーズに分けて展開され、それぞれのフェーズには色がついています。現在のアロンゾ・ブルーを皮切りに、アロンゾ・ホワイト、アロンゾ・パープルと順次展開していきます。また、IOHKは、”基礎を築くために、少数精鋭のSPOと#Plutus Pioneersのオンボーディングをすでに開始している “と述べています。

アロンゾは、カルダノネットワークに新しい機能を導入するハードフォークです。これは、Plutusスクリプトの統合により、カルダノネットワーク上でスマートコントラクトが可能になることを意味します。これにより、分散型金融(DeFi)関連を含む新しい分散型アプリケーション(dApps)の開発が可能になります。

この取り組みが完全に実現するまでには、さらに数ヶ月を要し、テストネットの機能や特徴が統合されれば、より多くのユーザーが参加できるようになる予定です。これ以上の詳細は明らかにされていませんが、IOHKは、近い将来、さらに詳細を明らかにすると述べています。

カルダノは今年、多くの新しい投資家が集まってきており、驚異的な業績を上げています。イーサリアムに代わるプラットフォームとして、その新機能がDeFiの人気プラットフォームになると期待するアナリストもいますが、それはまだわかりません。

IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、暗号の世界では著名な人物であり、Cardanoが暗号プロジェクトが直面する多くの欠点を克服できることをアピールしています。カルダノ自体は、長いロードマップに沿って開発が進められており、過去のリリースが成功したことでADAの価格が大幅に上昇しました。

好調なカルダノ

AnDAは、過去数ヶ月の間、傑出したパフォーマンスを示したものの1つです。これは、P2Pの金融契約を作成して実行する機能など、多くの新しい開発の結果である。

また、ホスキンソンは、イサーリアムがプルーフ・オブ・ステーク(proof-of-stake)に移行しても、Cardanoは脅かされることはないと語った。イーサリアムの欠点の一つはそのスケーラビリティであり、現在ETH 2.0のアップグレードで対応している。同氏は、カルダノとイーサリアムはユーザー層が異なることに加え、より持続可能なPoSメカニズムを持っていると主張した。

技術的な改善以外にも、カルダノは発展途上国をターゲットにしています。教育に分散型台帳技術(DLT)を導入することを目的に、エチオピア政府とのパートナーシップを発表した。

免責事項

当社のウェブサイトに含まれるすべての情報は、誠意をもって、一般的な情報提供のみを目的として公開されています。本ウェブサイトに掲載されている情報に基づいて読者が取る行動は、厳密には読者自身の責任において行われるものとします。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。