ニュース, ブログ, ...

カルダノのアロンゾ・ロールアウトとは、イーサリアムにとって何を意味するのか?

暗号ニュースサイトdecryptが、9月にマートコントラクト機能を導入するカルダノについて、アロンゾ・ロールアウトが、イーサリアムにとって何を意味するのか?について詳細に伝えています。

以下はdecrypt.coに掲載された記事「What Is Cardano’s Alonzo Rollout and What Does It Mean for Ethereum?」を翻訳したものです。

カルダノのアロンゾ・ロールアウトとは、イーサリアムにとって何を意味するのか?

by Matt Hussey 2021年7月16日

カルダノの最新のアップデートは、暗号通貨にDeFi(分散型金融)とDapps(分散型アプリ)をもたらします。多くの人にとって、このアップグレードはネットワークをイーサリアムに代わる低料金、高速の代替品として位置づけています。

概要

  • カルダノは、イーサリアムと同じ年に設立されました。
  • しかし、査読付きの実装構造であるため、その発展は遅れています。
  • 最新のアロンゾ・アップデートでは、スマートコントラクトとDeFiの機能が追加され、カルダノはイーサリアムと肩を並べるようになりました。

イーサリアムは、2015年の設立以来、暗号化企業がプロジェクトを構築する際の主要なプラットフォームとなっています。スマートコントラクトとERC-20トークンの組み合わせにより、誰もがイーサリアムのインフラの上に独自のトークンを作成することができ、それがDeFiの誕生につながりました。

その結果、多くの他のプロトコルがイーサリアムのエコシステムの独自バージョンを作ろうと競い合っている。

中でも、ソラナ(Solana)、テゾス(Tezos)、ニア(Near)は、自分たちのプラットフォームを構築するために、積極的に開発者を勧誘しています。そしてイーサリアムの代替品を作ろうとしている、より慎重なプロジェクトの一つがカルダノです。こちらも2015年に設立されましたが、カルダノの開発を統括するプロジェクトであるIOHKは、すぐに機能を追加するのではなく、幅広いテストとピアレビューを経て、ゆっくりと機能を追加しています。

設立から約6年が経過したカルダノのアロンゾ・アップグレードでは、イーサリアムや他のプロジェクトと競合するcrypto’s builders playgroundに近づけるための多くの新機能が追加されようとしています。

カルダノのブロックチェーン開発の進め方

まず、カルダノがネットワーク開発のアプローチにおいてどのような違いがあるかを理解することが重要です。

ほとんどのネットワークは、新機能を導入し、実装して主要メンバーの投票で決定するという典型的なソフトウェア開発モデルを採用していますが(イーサリアムもそうだが)、カルダノは、学術界でよく見られるピアレビュー方式を選択している。各新機能は、いくつかの大学と共同で研究開発を行っているIOHK社を介してピアレビューを受けます。

その結果、ネットワークの開発は明確なフェーズに分かれています。

  • カルダノは、2017年9月29日に初めて一般に公開され、ADA取引のみをサポートする「バイロン(Byron)」フェーズが登場しました。
  • 次のフェーズである「シェリー(Shelley)」は2020年7月に登場。ネットワークの分散性を改善し、ホルダーがプルーフ・オブ・ステークネットワーク上でADAを賭けられるようにした。
  • 第3段階のゴウグエン(Goguen)は、スマートコントラクトとネイティブトークンの発行のサポートを追加する。それは2021年8月に予定されています。
  • 最終ステージは、スケーリングに焦点を当てた「芭蕉(Basho)」と、オンチェーンガバナンスを扱う「ヴォルティル(Voltaire)」です。これについては、現在のところ日程は決まっていません。

カルダノは現在、Goguenの時代にあります。本稿執筆時点では、参加者がオンチェーン投票に参加するためにトークンをロックアップする必要があったアレグラ(Allegra)ハードフォークと、NFTの使用に道を開いたメアリー(Mary)フォークを経て、すでにネットワークは動いている。次に紹介するのは、アロンゾ(Alonzo)です。

アロンゾのハードフォーク

この名前は、コンピュータサイエンスの先達の一人である米国の数学者アロンゾ・チャーチ氏にちなんでいます。

アロンゾはハードフォークで、完成すれば、新しいdAppsの開発やDeFi機能など、カルダノ・ネットワークに新しい機能を導入する予定です。

アロンゾの発売は、複数のフェーズに分けて行われ、各フェーズは色で識別されます。現在のフェーズであるブルーは、アロンゾ・ホワイト、アロンゾ・パープルと引き継がれていきます。

アロンゾの展開戦略。IMAGE: IOHK

その後、一連のサブステージを経て、順調にいけば今年の9月にカルダノのメインネット上に展開される予定です。アロンゾのアップグレードが加わることで、カルダノは、イーサリアム、バイナンス、ポルカドット、ソラナなどの他の分散型金融エコシステムに対抗できる能力を持つことになります。

IOHK(Input Output Hong Kong)の創業者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、今が同社の歴史の中で最も忙しい時期になると考えていると述べています。

おそらく、私の会社の歴史とエコシステムの歴史の中で、最も忙しい90日間になると思います。このビデオの90日後にアロンゾがメインネットに登場するとは言っていません。私が言いたいのは、最も重要なエンジニアリングパス、インテグレーションパス、コーディネーションパス、そしてコミュニティパスがこの90日間にあるということです。

カルダノの新機能は、Web2プロジェクトの真のオルタナティブを構築する方法として、すでに各プロジェクトが注目しています。SoMeeは、ユーザーのプライバシーを守りつつ、自分のデータをコントロールできるようにすることを計画しています。ユーザーは、自分のコンテンツや自分のデータが誰かに使われたり、アクセスされたりすることを心配することなく、収益化できるようになります。

SoMeeの完全なビジョンは、スケーリングの制限により他のブロックチェーンでは実現できなかったが、カルダノの技術は、Facebookやその他のソーシャルネットワークの代替となるものを提供するために必要なツールを備えていると同プロジェクトは述べています。

イーサリアムにとっての意味

イーサリアムは現在、この分野のリーダーですが、このネットワークの上昇は、高い手数料と遅い取引時間によって妨げられています。イーサリアムは現在、大規模なアップグレードの過程にもありますが、現在の思い上がりは、カルダノや、バイナンス・スマート・チェーン(Binance Smart Chain)、ソラナ(Solana)、ポルカドット(Polkadot)などのライバルプロジェクトに前進の機会を与えています。

カルダノのチームは、イーサリアムのトークンをカルダノのブロックチェーンに住まわせるERC-20コンバーターを構築しています。その一方で、ユーザーがいつでも自由にイーサリアムのネットワークに戻ることができるようにしています。

今月初めにブリッジを発表した際、カルダノの開発の多くを担っているIOHKのCTOであるRomain Pellerin氏は次のように述べています。

私たちは、エンドユーザーが1つのブロックチェーンや規格にロックされないときにのみ、ブロックチェーン技術が主流に受け入れられると信じています。ユーザーがシームレスな体験をするためには、このような架け橋が絶対に必要なのです。

イーサリアムや他のネットワークを侵食する可能性が高いのは、その相互運用性です。カルダノは依然として、ステーキングの面では圧倒的に資本力のある暗号通貨です。業界のデータによると、イーサリアムの出目金は122億ドルでダントツ2位です。ソラナ(Solana)、ポルカドット(Polkadot)、アルゴランド(Algorand)がトップ5に入っています。

カルダノのステークは、ユーザーが一定期間資産をロックアップすることなく、ADAという形で受動的な収入を得ることを可能にします。それに比べて他のプロトコルでは、ステーキング報酬を得るための最低ロックアップ期間が指定されています。ユーザーがETHをADAに移し、より自由にステークできるようになれば、カルダノの有利な状況に傾く可能性があります。

カルダノの戦略は断片的だと考える人もいるかもしれないが、プラットフォームのネイティブな暗号通貨であるADAには何の害もないように見える。ADAは現在、時価総額の大きさで5位にランクインしており、今年最も急速に上昇しているトークンの1つです。アロンゾがこのプロジェクトを次にどこに持っていくかは誰にもわからない。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。