ニュース, ブログ

世界で唯一最高のイノベーションプラットフォームにるヴォルテールのビジョン

チャールズさんの動画「ヴォルテールからの資金調達における説明責任:Accountability in Funding from Voltaire」「世界で唯一最高のイノベーションプラットフォームにするというビジョン、これがヴォルテールのビジョンです。」という言葉がとても印象的でした。

ここではチャールズさんの動画で説明されたカルダノがヴォルテールプロジェクトで構築しようとしているガバナンスの仕組みについて、素晴らしい考えと進捗状況についてわかりやすく要約します。

ヴォルテールの要点は、「誰が支払い、誰が決定するかを解決する手段です。」

分散化後のカルダノには コミュニティと開発業者との間に第三者である代理人がいません。

そこで、説明責任のあるステップのためにあなたができることはケースバイケースで投票することです。

つまり開発者に対して、彼らに前もって資金を支払わないということです。資金は、少しずつ支払われ、時間の経過とともに資金はどんどん大きくなります。

特に、プロジェクト管理における正しいフィードバック「ヴォルテールからの資金調達における説明責任」を得るには説明責任を行うパートナーが必要です。

開発者だけではなく、説明責任を行うパートナー、例えば、カルダノ財団やPWC、コミュニティメンバー、企業などに資金を充当することで、一種の監視として機能することで、週次レポート、月次レポートによりコードを監査するレポートが作成されます。

これによってカルダノコミュニティの目と耳となり、カルダノコミュニティは開発者からの正しいフィードバックを得ることが可能になります。

開発者が仕事を実際にしているかどうかは、コミュニティにとって、とても重要な情報です。この情報をもとにステップごと、ケースバイケースで投票して資金を注入していくことで、資金を無駄に失うこともなくなります。

特に大規模なプロジェクトにはこのメカニズムが必要になります。こうした取引相手の信用リスク「カウンターパーティー・リスク」を軽減するためにも、説明責任を行うパートナー=監視役は重要なサービスになります。

また、実際に資金を支払うプロセスには、カストディアン(投資家に代わって有価証券の管理)、専任のプロダクトマネージャーの機能が必要になると考えています。

つまりヴォルテールは「人々が各々自分の役割を果たすネットワークを構築しています。」これらの構造は説明責任の構造です。

プロジェクトの起動に失敗したり、問題が発生したりしても、最終的なフォードバックグループが存在することで、ここから得た知識はさらなるアップグレードのためにコミュニティに還元されます。

これにより私たちコミュニティは投票する方法やコミュニケーションする方法を学び、役割と構築する方法を学んでいきます。

様々な役割、批評が得意な人、チェックが得意な人、がそれぞれの役割をこなすことで、組織の説明責任の構造が出現し、最終的にシステムが安定するポイントに到達します。

以上が要約です。

ヴォルテールプロジェクトは、間接民主主義と直接民主主義の組み合わせによる「流動的民主主義」により、カルダノ分散化システムをイノベーションプラットフォームにする計画です。

分散化システムにおけるガバナンスは最も野心に満ちた挑戦です。ほとんどのブロックチェーンプロジェクトにおいて、まだ挑戦中であり成功と言えるものは存在しません。

分散化されたシステムをさらに進化させ、イノベーションを起こし続けることができる生産的な手法としてのガバナンスの発明は、最もハイレベルな挑戦となります。

これにはコミュニティによる監視、自己規制によるガバナンスが必要となります。

まさにヴォルテールは、「世界で唯一最高のイノベーションプラットフォーム」の構築への挑戦でもありますね。

⬇️
Accountability in Funding from Voltaire

Leave A Reply

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。