ニュース, ブログ, ...

HARVARD INTERNATIONAL REVIEW:カルダノ、クリプト、そして発展途上国:チャールズ・ホスキンソン氏インタビュー その1

この記事は、ハーバード大学の『HARVARD INTERNATIONAL REVIEW』が行った、IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏と最高法務責任者であるジョエル・テルプナー氏へのインタビューで、それを記事にまとめたものです。

三回に渡りこの記事は届けられ、今回はその1である『カルダノ、クリプト、そして発展途上国』についてです。

以下はHARVARD INTERNATIONAL REVIEW(ir.harvard.edu)に掲載された記事「Cardano, Crypto, and the Developing World: Interview with Charles Hoskinson, Part 1」を翻訳したものです。

カルダノ、クリプト、そして発展途上国:チャールズ・ホスキンソン氏インタビューその1

2021年10月6日 午後12時39分 . 13 MIN READ

チャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノの創業者であり、Input Output Hong KongのCEOです。カルダノは自称第3世代のブロックチェーンで、ユースケースはクレデンシャル認証から分散型金融、NFTまで多岐にわたります。そのネイティブな暗号通貨であるADAは、時価総額で3番目に価値のある暗号資産です。

Apostolicas(*)とQiは、Google Meetを通じて、ホスキンソン氏とInput Output Hong Kongの最高法務責任者であるジョエル・テルプナー氏に話を聞きました。その2その3はこちらをご覧ください。

(*)Paul Apostolicas:HIRの編集長。政治経済、国家安全保障、人権に関心があります。

カルダノとは何か、またブロックチェーンに対する抱負をお聞かせください。

ホスキンソン氏:カルダノは、第三世代の暗号通貨と呼ばれるものです。それを理解するには、過去にさかのぼって、暗号通貨とは何か、どこから来たのかを問う必要があります。ビットコインは最初の暗号通貨で、解決しようとしていた問題は、信頼できる取引相手がいない状態で、完全に分散化された方法で世界中に価値を移動させることでした。問題は、ビットコインという商品を作ったとして、それが実際に市場価値を獲得し、人々が価値あるものとして扱い、それだけで完全に分散化されたネットワークを維持できるのか、ということでした。

この実験は大成功を収め、2013年にはビットコインの時価総額は10億ドルに達し、取引所が開設され、インフラも整備されました。ビットコインの問題点は、その機能が非常に限定されていることです。実際にできることは、ビットコインという1種類の道具を押し売りすることだけで、コールドペイメントや契約関係などはできません。これは、ウェブブラウザが登場したときのインターネットのようなものです。炎が描かれたきれいなページや美しいテキストがあっても、AmazonやFacebookなどはできませんでした。その後、JavaScriptというプログラミング言語が登場し、突然Webがプログラム可能になり、さまざまなことができるようになりました。

これは、第二世代の暗号通貨で起こったこととよく似ています。スマートコントラクト、NFT(Nonfungible Tokens)の発行、セキュリティトークン、DeFi(Decentralized Finance)など、ブロックチェーンとプログラミング言語によって可能になったインフラが存在していたのです。

しかし、第二世代の問題点は3つの次元にあります。1つは、スケールしないこと。1,000人から2億人のユーザーになろうとすると、リソースはどんどん不足し、運用コストは上昇し続け、基本的にシステムは自重で崩壊してしまうのです。そのため、スケールに対応できる別のクラスのプロトコルが必要になります。次に、8,000以上の暗号通貨が存在するため、相互運用性の問題があります。暗号通貨の分野では、WiFiが普及していません。例えば、携帯電話を例にとると、Samsungの携帯電話でもAppleの携帯電話でもNokiaの携帯電話でも、ルーターに接続することができます。消費者としては、それだけで十分なのです。しかし、暗号通貨の分野では、相互運用性に関して、このようなWiFiの瞬間はありませんでした。

第三に、持続可能性の問題があります。このようなシステムの開発には誰が費用を負担し、システムのアップグレード方法は誰が決定するのでしょうか。ブロックチェーンは分散型なので、WindowsにはMicrosoft、iPhoneにはApple、AndroidにはGoogleが存在しません。これらの暗号通貨を管理し、メンテナンスやアップグレード、イノベーションにお金を払って、関連性や有用性を維持できるような方法を考えなければなりません。しかし、これは非中央集権的な方法で行わなければなりません。

カルダノが目指しているのは、前二世代と同様に、スマートコントラクトと分散化を備えた、スケーラブルなシステム、相互運用可能なシステム、持続可能なシステムの構築です。ご想像のとおり、旧世代と比べてボンネットの中ははるかに複雑で、やらなければならないことも増えています。私たちは、これまでに117本の科学論文を執筆した査読プロセスを用いて、非常に厳密な方法で研究を進めてきました。ボーイング社やスペースX社のように、システムが故障すると飛行機が空から落ちてきたり、ロケットが爆発したりするような工学的基準に従ったのです。コードを書く際には、より厳密に行わなければなりません。最終的には、このコードは何百万人、何十億人という規模で使用され、お金だけでなく人々の生活の多くをコントロールすることになります。

暗号通貨やブロックチェーンの導入では、発展途上国がリードするというのは、少し直感的には理解できない点です。暗号の導入は、そのハイテク性からシリコンバレーやヨーロッパ、中国がリードすると思われがちですが、必ずしもそうではないとおっしゃっていますが、なぜでしょうか?

ホスキンソン氏:まず、システムについてお話しましょう。システムはすべての人に影響を与えますが、グローバリゼーションやインターネットの影響でアップデートが必要な最大のシステムは、金融システムです。発展途上国を見ると、銀行口座を持たない、あるいは銀行口座を持たない人々が何十億人もいます。世界の金融システムが統合されていない結果、世界的なお金の動き(送金)など、単純なものでも8%から10%になってしまいます。貸し出しは、年率72%という高金利になります。これはかなり驚異的な金利です。そして、これらの経済圏の多くでは、保険が機能しません。

金融機関を怒鳴りつけることもできますが、保険に穴が開いている理由を認識することもできます。それは、このようなタイプの経済にレガシーシステムを導入するには単純にコストがかかりすぎるからです。暗号通貨の超能力、ブロックチェーン技術の超能力は、ISやSWIFT、銀行機関が行っていることの多くを再現し、それをすべてオープンソースのソフトウェアにすることができることです。書いたり考えたりするのにはお金がかかりますが、一度やってしまえば、一度実行してしまえば、どこでも実行できます。柵の開け方を知っている賢い牛のようなものだ。一頭の牛だけがそれを理解しなければならず、残りの牛は外に出て、開いた穴に従うだけです。

同じように、プロトコルを書くのも一人でいいのです。大規模に運用されるようになると、そのプロトコルは誰もが使えるようになり、私たちはそれを当然のことと考えます。携帯電話を使っている大多数の人は、TCP IPの仕組みを知りません。BitTorrentで映画をダウンロードする人の大半は、BitTorrentの仕組みを知りません。その点、プロトコルは強力です。ですから、もし金融やアイデンティティなど、生活のさまざまな側面をプロトコルに組み込むことができれば、はるかに平等で普遍的な世界を考えることができます。

グローバリゼーションとインターネットによって更新が必要となる最大のシステムは、金融システムです。

では、なぜ発展途上国なのかという疑問について。これはジョエル・テルプナー氏が規制の分野に飛び込むのに最適な分野です。先進国の規制はより保護主義的にならざるを得ないのに対し、途上国では白紙の状態から革新を起こすチャンスがあります。現状があり、そこに何兆ドルもの投資がなされていて、それを変えようとすると、多くのリスクがあります。一方、発展途上国では、より迅速に行動することができます。

テルプナー氏:例えばアフリカでは、電話用の固定電話を設置するためのコストが非常に高かったのですが、その後、アフリカでは先進国よりもはるかに早いスピードで無線携帯電話サービスを導入することができました。レガシーなインフラを心配する必要がなかったのです。規制面でも同様で、ブロックチェーン技術のようにテクノロジーが急速に進歩すると、従来の規制システムを含むレガシーシステムが追いつかなければなりません。つまり、外のテクノロジーとの間にはギャップがあり、規制当局はそれを理解し、どうすべきかを考えなければならないということです。新興市場では、従来のような煩雑な規制の枠組みがないため、米国では難しいとされてきた実験や技術革新、適応が可能になるのです。

Input Outputは先日、エチオピア政府と教育実績追跡システムの構築について合意しました。国民の15%しかインターネットにアクセスできないこの国で、教育システムにおけるブロックチェーンの役割とは何でしょうか?

ホスキンソン氏:エチオピアをはじめとするサブサハラ・アフリカの多くの国の教育システムにおける最大の問題のひとつは、実は卒業証書の正当性と資格の信頼性にあります。例えば、あなたは人事担当者で、誰かが大学を卒業したと主張していますが、その卒業証書が本物であるかどうかを確認するには、資格証明書の検証に何週間もかかることがあります。これでは、仕事に就きたいと思っている人にとっては、競争上不利になってしまいます。あなた方がハーバード大学に行ったと想像してみてください。ハーバード大学で学位を取得するためには、おそらく相当な努力が必要で、簡単な経験ではありません。それなのに、雇用主が「あなたがハーバード大学に通っていることを確認するのに苦労したので、見送って他の候補者にします」と言うのです。そこで、証明書を安価に保管できるシステムがあれば、それらの文書は不変であり、監査可能であり、透明性があり、非常に強力なものになります。幼稚園から高校までのすべての教育機関でこのようなシステムを導入することができますし、中等教育においても同様です。

さらには、プロのライセンスにも応用できます。Joel氏は弁護士ですが、弁護士会ではこのことについて何か言っているようです。同様に、医師や会計士など、政府の認証や民間の認証を必要とするものにも適用することができます。

教育は、議論の余地がなく、エチオピアに見られる巨大な組織的問題を解決するための、絶好のエントリーポイントです。インターネットに接続する必要はありませんが、大学や企業など特定の場所では接続する必要があります。また、WiFiを他の機器に接続することで、非同期に認証を行うことができます。素晴らしいのは、一般的なデジタル証明書の話を始めたことで、そのインフラを再利用して、エチオピアで大きな問題となっている公共料金の支払いなどを検討することができることです。エチオピアでは公共料金の支払いが大きな問題となっています。場合によっては、電気料金の支払いに何時間も待たされることもあります。何らかの理由で支払いが正しく報告されないと、電力回路が停止してしまい、良い状況ではありません。ですから、公共料金の支払いのように、サプライチェーン・マネジメントのようなものを検討し始めることができるのです。また、エチオピアでは有権者登録が典型的な課題となっていますが、国民IDシステム自体にも目を向けてみましょう。要約すると、クレデンシャルを保護する同じインフラを、国家全体に再適用できるということです。

IDに関しては、土地の所有権、水利権、鉱業権など、財産の所有権や変更の記録にも適用できますが、これも多くの場合、問題を抱えています。例えば南アフリカのタウンシップでは、誰が実際にその土地を所有しているのかを知ることはほとんど不可能です。なぜなら、所有権の移転には費用がかかりすぎるし、多くの人は握手と現金で所有権を移転してしまうので、最終的には口伝で所有権移転の歴史をすべて再構築しなければなりません。実用性という点では、学術界はスタートするのに最適な場所です。なぜなら、接続性のあるカウンターパーティと一緒に行うからです。そこでデジタル・クレデンシャルを取得すれば、成長してもそのデジタル・クレデンシャルを再利用することができ、経済とのインターフェース、決済システムの構築、財産システムの構築、最終的には信用スコアリングの評価指標として利用することができます。クレジットスコアリングは非常に難しいもので、レピュテーションが得られなければ、貸し出しを行う際にカウンターパーティのリスクを把握することは非常に困難です。また、信用がなければ、人生の先に進むことはできません。学生ローン、車、ビジネスなど、信用がなければ手に入らないものばかりです。

議論の余地はありません。経済の大部分を占める既存のビジネスに参入して、その業界を変革することは、多くの議論があります。学術的な資格認定を行う分野に参入する場合、これは良いアイデアであると誰もが認めるところです。あらゆる立場の人が、学位に意味と価値を持たせたいと考えています。

もう1つの例として、米国ではレガシーなシステムのために難しいことがあります。土地の所有権については、郡の裁判所に紙切れを置いて記録するという、昔ながらのシステムを採用しています。突然、土地の所有権を取得してブロックチェーンを使い始めようと思ったら、過去にさかのぼって、この歴史的な紙の痕跡をすべてデジタル化する大規模な作業が必要になります。歴史的に土地所有権の管理が行き届いていなかった国では、ブロックチェーンを利用することで、古いシステムが実際には存在していなかった(少なくとも本来あるべき姿ではなかった)という事実を回避し、レガシーな規制や物理的なインフラの更新や交換を心配することなく、新しくて効果的なものを進めていくことができます。

また、接続性は一過性の問題であることも重要です。現在、アフリカのほとんどの地域では、接続率が10%から30%の範囲であることがわかっています。今から10〜15年後には、多くの地域でユビキタスな通信環境が整うでしょう。マッキンゼーのレポートなどを見ると、95%以上の人がすでに携帯電話を持っています。そして、それはスーパーコンピュータであり、通常はかなり安いのですが、簡単に改造したり改修したりすることができます。コンピューティングと接続のコストは下がり続け、接続の質は向上し続けています。アフリカでもプロジェクトを展開しており、ザンジバルにあるWorld Mobileという戦略的パートナーがいます。彼らは400億ドルの資金調達を終えたばかりで、コミュニティが所有する5Gに取り組んでいます。私たちは来月アフリカに行き、彼らの施設を訪問する予定です。

要するに、5年後、10年後の世界がどうなっているかを考え、5年後、10年後にその世界で競争力を持つためにはどのようなシステムが必要かを考えなければならないのです。デジタル証明書は、確かにそのための大きな要素です。デジタル証明書は、ウォレットやその他多くのものを構築するための基盤となります。そして、それらを手に入れれば、まったく新しい経済が生まれます。

多くの発展途上国が、エチオピアと同じような課題に直面しています。ブロックチェーンへの支出は、インターネットの拡大など、他の一般的なプロジェクトへの支出と変わらないと考える政府の懐疑論者に対しては、どのように対応していますか?

私たちは取引を成立させ、彼らは私たちにお金を払ったのであって、私たちが彼らにお金を払ったわけではありません。政府は実際に使えるお金を持っています。政府にはお金が全くないというのは、とても西洋的な考え方だと思います。お金を持っているか持っていないかではなく、優先順位を決めることが重要なのです。もしあなたが政策立案者なら、19世紀や20世紀に仕事を作っていたことにお金を使うのはあなたの仕事ではありません。そうではなく、21世紀がどこにあり、どこに向かっているのかを見なければなりません。つまり、海外からの直接投資が盛んで、人々があなたの部下を雇いたがる経済に住みたいのか、それとも、首都から別の都市までの道が舗装されているような経済に住みたいのか、というのが現実です。

これらは基本的な質問です。信用度、法の支配、外国資本へのアクセス、国民の雇用、観光、貨幣の速度、通貨の安定性、投票システムの正当性、土地所有権の正当性、ビジネスや運営の能力に対する国際的な尊敬など、これらすべては国民にとって基本的に良いことです。ルワンダとカガメ氏を例にとると、カガメ氏は何十年にもわたって国を変革してきた偉大なケースです。1994年の大虐殺の際、ルワンダは世界で最も発展していない国のひとつであり、完全に崩壊していました。灰の中から突然ルワンダが立ち上がるような魔法のような大国はありませんでした。

ブロックチェーンは、余計な出費でもなければ、あってもいいものでもありません。政府と市民との関係や、商業的なやりとりがどのように行われるのかを見るための基礎的な方法なのです。

しかし、カガメ(Kagame:ポール・カガメは、ルワンダの政治家、軍人)がやったことは、シンガポールやその他の場所に行って、誰が一番良い教育を受けているか、誰が一番良いセキュリティを持っているか、などを言ったことです。しかし、実際にキガリに行ってみると、30年前とはまったく違う場所になっていて、多くの点でヨーロッパの都市によく似ています。まだ問題は残っていますが、支出はシステムの改善に積極的でした。

これは、ブロックチェーンが提供するものの一例であり、余計な出費があると便利なものではありません。政府と市民との関係や、商業的なやりとりをどのように行うかを考える上での基本的な方法です。それを個人的に、プログラム可能に、そして流動的にすることができれば、より多くの投資、より多くの報酬、より多くのダイナミズムとロバスト性が得られる現実を創り出すことができます。また、ビジネスはどのようにして流動性を得て、どのようにして投資を得ているのかを問わなければなりません。閉鎖的な経済、あるいはグローバル経済との連携が難しい経済では、IPO(新規株式公開)もできなければ、ベンチャーキャピタル市場もリスクキャピタルもありません。しかし、開かれた経済、つまり現場の事実と状況が検証可能な経済であれば、これらのことが可能になり、豊かなベンチャーキャピタル市場ができ、多くの海外からの直接投資が可能になります。国家がその方向に進むたびに、国家は報われ、自分たちのシリコンバレーを手に入れ、非常に高いGDP成長率を達成し、最終的にはより自由で公正な社会を手に入れてきました。毎回、ベースラインのインフラに力を入れていましたが……つまり、北朝鮮は道路や電車を作っているんです。私は、平壌に早くお金を置きたいと言う人に一度も会ったことがありません。

ですから、政策担当者としてどのようなレバーを引くかを考えなければなりません。来月のアフリカツアーでは、5人の国家元首とその省庁に会いますが、彼らはいつも産業革命技術、モノのインターネット、AI、ブロックチェーン、教育や医療の分野でどのような革命を起こせるのか、という質問をしてきます。どうすれば、米国やEUに対して競争力を持つことができるのか?米国やEUに対して競争力を持つためにはどうすればいいのか、私たちは何を持っていけばいいのか。携帯電話の電波塔をどうやって増やすかとか、道路をどうやって作るかとか、そういった話は一度もしたことがありません。

テルプナー氏:それは素晴らしい指摘ですね。ブロックチェーンのソリューションといっても、必ずしもインフラを必要とするソリューションではありません。ブロックチェーンでできることの多くは、より限られた予算で実現できます。つまり、昔ながらのインフラに何十億ドルもかけなくても、市民にサービスを提供し、人々が経済に溶け込めるようにするために、実際に多くのことができるのです。

ホスキンソン氏:そうですね、ブロックチェーンは、より多くの利益を提供することができます。数百万円かけて数十万円を得ることもできるし、数十万円かけて数百万円を得ることもできる。私たちは前者で試してみました。

このインタビューは、長さとわかりやすさのために編集されています。ApostolicasはADAを含む様々な暗号通貨を少量所有しています。ホスキンソン氏が、ビットコインを法定通貨として採用したエルサルバドルの決定と、中央銀行デジタル通貨の将来性について語っているパート2を読むには、ここをクリックしてください。ホスキンソン氏がビットコインやカルダノのような規制ブロックチェーンの政治について論じているパート3を読むにはここをクリックしてください。

次へ:HARVARD INTERNATIONAL REVIEW:通貨の未来について:チャールズ・ホスキンソン氏インタビュー その2

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。