ニュース, ブログ, ...

HARVARD INTERNATIONAL REVIEW:通貨の未来について:チャールズ・ホスキンソン氏インタビュー その2

この記事は、ハーバード大学の『HARVARD INTERNATIONAL REVIEW』が行った、IOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏と最高法務責任者であるジョエル・テルプナー氏へのインタビューで、それを記事にまとめたものです。

三回に渡りこの記事は届けられ、今回はその2である『通貨の未来について』についてです。

以下はHARVARD INTERNATIONAL REVIEW(ir.harvard.edu)に掲載された記事『On the Future of Currency: Interview with Charles Hoskinson, Part 2』を翻訳したものです。

通貨の未来について:チャールズ・ホスキンソン氏インタビュー その2

2021年10月6日 午後12時40分 . 13 MIN READ

チャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノの創業者であり、CEOのInput Output Hong Kongである。カルダノは自称第三世代のブロックチェーンで、ユースケースはクレデンシャル認証から分散型金融、NFTまで多岐にわたります。そのネイティブな暗号通貨であるADAは、時価総額で3番目に価値のある暗号資産です。

Apostolicas(*)とQiは、Google Meetを通じて、ホスキンソン氏とInput Output Hong Kongの最高法務責任者であるジョエル・テルプナー氏に話を聞きました。その1その3はこちらをご覧ください。

(*)Paul Apostolicas:HIRの編集長。政治経済、国家安全保障、人権に関心があります。

エルサルバドルは、ビットコイン(またはその他の通貨)を法定通貨として宣言した世界で最初の国家です。暗号業界にとっては明らかに注目すべきマイルストーンですが、エルサルバドル自体にとっては良い判断だったと思いますか?

ホスキンソン氏:そうなるでしょうね。もしあなたが小さな国家で、イノベーションを起こす能力があったり、リスクのあることに挑戦する能力があれば、誰かがリスクのあることに挑戦するでしょう。何世代も前にシンガポールや香港で見られたように、これらの国は自分たちを管理する方法について大きなリスクを取った最初の国の一つであり、その場合、彼らは大きな報酬を得ました。

エルサルバドルでは、「4年間でゼロから1兆ドルの価値になったビットコインというものがあります。それを受け入れて、何が起こるか見てみよう」と言いました。現在、220万人のエルサルバドル人がChivoを使用していますが、これは非常に素晴らしいことです。また、ATMのインフラも整っています。政府が効果的な展開を行うことができるのか、それとも官僚主義に陥ってしまうのかを見極める必要があります。それが国家としての課題です。しかし、本当に素晴らしいのは、初めて送金に関する実際のデータが得られることです。640万人の人口、280億米ドルのGDPの規模で、暗号経済が実際にどのように機能するのか、実際のデータが得られるのです。

もうひとつ興味深いのは、エルサルバドルの全人口の4分の1がたまたま米国に住んでいるため、米国が対応を迫られていることです。エルサルバドルとアメリカの間には、40億ドルの送金サイクルが存在します。このように、多くの商取引が行われており、金融規制を整理する必要があります。地政学的な意味では、各国の通貨について多くの相互協定が結ばれています。このような相互協定が守られるかどうか、ビットコインは外国通貨として認められるのか、それとも別のものになるのか、興味深い問題です。

どのように解釈されるかにかかわらず、これらの暗号化された資産はこれからも存在し続けます。たとえ規制をかけようとしたとしても、このような影響力と成長力を持ち続けるでしょう。

テルプナー氏:なぜなら、法定通貨という概念は、多くの意味で想像上の架空の概念だからです。ある国が何かを法定通貨に指定して、「この国では、借金の返済や請求書の支払い、税金の支払いを合法的に行うことができます」と言います。そして、ある国が「これは我々の法定通貨だ」と言えば、他の国もそれを法定通貨として認め、認識し、扱うというグローバルな国際システムがあります。ですから、ある国が「我々はこの暗号通貨ビットコインを見て、これは我々の法定通貨だと言っている」と言ったのは初めてのことです。その上で、歴史的な法律上の慣習に基づいて、エルサルバドルの文脈では、世界中の国々がこれらを認識して、ビットコインが実際に法定通貨であると認めるべきだという前提があるのです。つまり、ビットコインが国際的な銀行業務で国と国との間の支払いに利用できるかどうかは、これまでとはまったく異なる動きを見せることになります。このため、世界の他の国々が「よし、エルサルバドル、ビットコインが法定通貨だと言うなら、我々もそれを認めよう」と言わなければならなくなるか、あるいは初めて各国が反発し始めるか、という非常に興味深いシナリオになっています。この議論は非常に興味深いものになるでしょう。暗号をどのように扱うべきか、規制面での影響はもちろん、地政学的な影響も大きいのです。エルサルバドルはひとつの国です。興味深いのは、これが北の三角地帯全体にどのような影響を与えるのか、そしてラテンアメリカとカリブ海全体にどのような影響を与えるのかということです。もし、エルサルバドルが成功した実験であれば、多くの模倣プレーが見られると思います。ウルグアイやパラグアイもそうですが、グアテマラやホンジュラスも候補に挙がるでしょう。カリブ海には多くの可能性を秘めた国があるのです。

ホスキンソン氏:どのように解釈されるかにかかわらず、これらの暗号資産は今後も存続します。たとえ規制しようとしたとしても、このような影響力と成長を続けるでしょう。中国は暗号を禁止し続けていますが、市場にはまったく影響がありません。これは10億人以上の人口を抱え、莫大なGDPを持ち、地政学的にも大きな影響力を持つ経済国です。しかし、それはエコシステムとしての火曜日に過ぎません。このようなものは他にはありません。小さな国家に影響を与えているという視点で見ると、とても不思議な感じがします。いつの日か中規模国家、そして最終的には大規模国家にまで拡大し、大多数の国がCBDCを行うようになると思います。

テルプナー氏:多くの新興市場を見ると、2つの問題があります。1つは、多くの国民が物理的に銀行の近くにいないこと。私はニューヨークに住んでいますが、文字通り、四隅に銀行の支店があるブロックがあります。しかし、新興市場の中には、銀行に行くだけで何百マイルも移動しなければならないところもあります。銀行に行ったとしても、2つ目の問題があります。それは、新興市場の多くの国では、銀行サービスは大口の口座を持っている人に限られており、一般の人は銀行サービスを利用する余裕がないということです。政府が国民を世界の国々の経済インフラに参加させようとするなら、彼らに金融サービスを提供する方法を考えなければなりません。なぜなら、電話やインターネットへのアクセスさえあれば、銀行に隣接している必要はなく、口座を開設するために銀行に多額の資金を投入する必要もなく、地域や世界の金融活動に参加できるからです。

ADAが一国の経済活動の大部分を占めるようなシナリオは考えられませんか?その場合、カルダノの金融政策をどのように考えますか?

興味深い質問ですが、ADAが国の通貨とみなされることはないでしょう。つまり、国家がそのような決定をするのはとてもクールなことです。私たちが会うリーダーたちとそのような会話をすることはありません。国際通貨には、交換手段、会計単位、価値の保存という3つの性質があると考えています。ビットコインは最適ではないとさえ言えるでしょう。

例えば、私がエルサルバドルにいて、この食事を0.007ビットコインで買いたいとしますが、そのドルの価値は大幅に変動する可能性があります。人々はドル建てで考えていますが、価値の安定性、高速性、価格の予測可能性を備えた金融商品を作り、それを信用に利用できるようにしなければなりません。貨幣は信用と非常に密接な関係がありますから、貨幣が良ければ信用も良いのです。貨幣は信用と密接な関係があります。

例えば、融資や助成金にオイルを受ける人はほとんどいません。借りようと思えば借りられますが、原資産のボラティリティーが高いため、貸す側も貸される側も、どちらが得をするかわからないからです。とはいえ、ADAや暗号通貨のような金融商品は、デリバティブや構造体を構築して、非常に優れた通貨を作ることができます。

これらはアルゴリズム・ステーブルコインと呼ばれ、私たちはDjedというものを開発しました。私たちはDjedと呼ばれるものを発明しました。このカンファレンスで展示しているので、素晴らしいデザインですが、MakerDaoのような何十ものアイデアやその他のものが出回っていて、実際にリアルタイムでこのような会話をしています。そして、私は間違いなく、暗号通貨や何らかの形の暗号インフラを国家インフラとして採用するという行動に出たとします。次の会話は、それを使ってどうやって自分たちのために作られたステーブルコインを構築するか、ということになるでしょう。エルサルバドルにとって、彼らの仕事の続編はおそらくデジタル通貨になるでしょう。そしてそのデジタル通貨は、おそらく価値が安定しているでしょう。そのデジタル通貨は、価値が安定しており、優れた交換手段や会計単位となるでしょう。また、クリプトの特性である、即時性、保存のしやすさ、プログラムのしやすさに加えて、署名による安全性の確保やサポートなど、あらゆる特性を備えています。つまり、その関係性をプログラムすることで、あらゆることが可能になるのです。もうひとつは、デジタル通貨として、KYC(Know Your Customer)やAML(Anti-Money Laundering)を導入することができることです。

最初は金でしたが、その後、金を担保にしたお金を作りました。今は暗号があり、暗号を担保としたお金ができるかもしれません。

さらに、デジタル通貨では、取引に豊富なメタデータを付与することができ、経済学者としてはこれまで得られなかった膨大な量の経済データを得ることができます。ですから、国家が現金の領域からデジタル通貨の領域へと移行する際には、中央集権的なレールではなく、暗号通貨のレールの上に国家を建設する方がはるかに理にかなっているのです。

テルプナー氏:さらに、エルサルバドルを見てみると、現在は米ドルを法定通貨として使用しています。米ドルを採用したことで、金融政策のコントロールを放棄してしまったわけです。ビットコインを導入するのも同じことです。暗号通貨を法定通貨として採用しただけでは、自分では何もコントロールできないので、通貨のコントロールもできません。しかし、暗号通貨をベースにして、ある種のステーブルコインを採用すれば、暗号の利点を得られるだけでなく、金融政策をコントロールする能力も再び得られるので、ある意味、両方の世界の良いところを得ることができると思います。

ホスキンソン氏:ああ、過去の再現ですね。ある意味では、歴史は繰り返さず、韻を踏んでいるのです。最初は金から始まって、その後、金を担保にしたお金が生まれました。今は暗号があり、暗号を使ったお金ができるかもしれません。そこには間違いなく、探求する価値のあるパラレルな関係があります。

暗号の分野で大きな変化が起こる可能性があるのは、中央銀行が独自のデジタル通貨(CBDC)の発行を真剣に検討するようになったことです。例えば、銀行はデジタル通貨を使って、不況時に人々の消費を促すために期限付きの補助金を支給することを検討していることがわかっています。このような提案は、非公開の暗号通貨の存続を脅かすものだと思いますか?あるいは、あなたが想像するほとんどの人々が、政府の政策とは関係なく、プライバシーや自由のために暗号を使用していると思いますか?

両者は共存していくものだと思います。人々は、金融政策を選択する自由を初めて手にしました。以前は、それを受け継いで、それに対処しなければなりませんでした。幸運にも、スイスのような金融政策の優れた国に生まれれば、お金の動きが予測できます。あるいは、ジンバブエのようなひどい金融政策の国に生まれて、目が覚めたら10年後には誰もが億万長者になっていたということもあるでしょう。これは良いことではありません。そこには問題があるのです。

CBDCがもたらすイノベーションは非常に興味深く、エキサイティングなものだと思っています。ただ、これらのシステムがたまたまどれだけオープンだったかによります。例えば、ビットコインは他の暗号通貨のことを全く知らず、イーサリアムやカルダノなどの存在を理解できるほどスマートなプロトコルではありません。しかし、イーサリアムで最も人気のある資産の1つはWrapped Bitcoinであり、人々はビットコインをロックするプロトコルを作成し、イーサリアム上でその合成バージョンを作成して人々はそれを使用しています。

同様に、別のブロックチェーンにエクスポートするためのラップ版を作成するためには、必ずしも中央銀行が発行したデジタル通貨が必要ではありません。例えば、連邦準備制度理事会(FRB)がデジタル・ドルを発行したとすると、相互運用性がなければ、そのデジタル・ドルをラップしたバージョンを暗号通貨の世界で作ることができます。その利点は、デジタル・ドルの機能を、私たちが適切と考える台帳に合わせて拡張できることです。これはプログラマブル・ファイナンスの魔法であり、物事が動くたびに、プライバシーやより高いトランザクション・スループットなどの新しい機能を得ることができる、驚くべきプログラマビリティがあります。これはビットコインとライトニングを見ればわかります。ビットコインは非常に遅いですが、ライトニングネットワークに乗せると、非常に低いコストで瞬時に最終処理を行い、超高速な取引を行うことができます。

CBDCは、このような会話全体を加速させることになるでしょう。また、アルゴリズム法やプログラマブルな規制に関する話題も生まれてくるでしょう。現在のところ、国際的な企業が完全にコンプライアンスを守ることはできないという問題があります。100カ国に進出している場合、そのうちの少なくとも1カ国では、互換性のない、あるいは比較できない法制度のため、いつでも何かをしていると違法になってしまうのです。一般的に多国籍企業は、EU、米国、中国を満足させることができれば安心ですが、セネガルで問題が発生した場合には、何となく考えてしまうでしょう。これは規制の観点から見ても矛盾しており、問題があると思います。

ライブラリやAPIを介してトランザクションにプログラムすることができるので、規制がすぐそこに生きています。そして、その取引が決済されれば、コンプライアンスが守られたことになります。CBDCがあり、商取引が暗号化されたレールの上で行われ、プログラム可能であれば、そのような世界に移行することができます。

テルプナー氏:まさにその通りで、素晴らしいことだと思います。しかし、CBDCについては、1つまたは2つのタイプに分けて考えるのが良いと思います。基本的にホールセールを目的としたものと、リテールを目的としたものがあります。先進国では、銀行間の決済に使用される、いわゆるホールセール型のCBDCを目にする機会が多いと思います。米国のような国では、それはリテールレベルにはならないかもしれません。

他の新興市場国では、CBDCを国民一人一人のレベルにまで拡大することを約束しています。ですから、ホールセールの話をしても、それは暗号の世界のステーブルコインとは関係ありませんから、両者は共存することになるでしょう。

CBDCを導入する可能性のある一部の新興市場では、規制構造によっては、民間のステーブルコインの競争を排除しようとする可能性もありますが、全体としては、それぞれの役割が異なるため、共存していくと思います。つまり、チャールズが言ったように、特にIDやその他の規制の枠組みを統合できるようになると、CBDCはある種の取引活動にとって非常に便利な存在になります。例えば、暗号やステーブルコインは、クレジットカードに相当するもので、他の支払い方法でも取引ができ、CBDCのインフラにフィードバックされます。

ホスキンソン氏:さらに素晴らしいのは、CBDCを使うと、これまでできなかった2つの面白いことができるようになることです。1つは、世界の基軸通貨を作ることです。これまで、米ドルのようなソフトな基軸通貨や、中国が人民元を基軸通貨にしようとしていることがありました。その前は英ポンドでした。ここでの問題は、どの帝国がトップに立つかということです。グローバルな多極化が進む世界では、これは決して推進すべきことではありません。

アルゴリズムでステーブルコインを作ることができる技術は、実は合成資産を作ることもできるのです。つまり、多くのCBDCを組み合わせてバスケットにすることで、貿易金融や国家・中央銀行にとっての国際的な勘定単位になる可能性があるのです。

個人レベルでのもうひとつの方向性は、2020年にCOVID救済のために人々に直接補助金を与えることがいかに困難であったかということです。大統領がこの日に小切手を印刷すべきかどうかで議論になり、支払いを通すのに非常に困難で苦しい時間を過ごしました。人々はユニバーサルベーシックインカムについて話しています。環境的に持続可能なことをすれば報酬が得られるというような、インセンティブベースの通貨についても話題になっています。つまり、人間の行動に影響を与えることにつながる通貨や、UBIのようなシステム、あるいは個人への直接支払いなどに発展させたい場合、暗号レールはそれに最適なのです。なぜなら、その通貨を全国民に配布するためのコストは、基本的に1回の取引で済むからです。中央銀行は登録された一連のウォレットを持っていて、ボタンをクリックすればそこに行き着きます。

これは、さまざまな税制を導入するのに最適な方法です。経済のすべての商業活動を網羅している場合は、所得税の代わりに売上税や公平税を検討することができます。暗号では、このようなさまざまなことを検討することができます。商業地域に応じて税率を動的に調整することもできます。例えば、ある地域を「経済機会特別区」に指定して、そこでの取引は無料または補助金が出るようにすると、デトロイトでは何でも安くなりますし、ニューヨークのある地域でも何でも安くなります。デトロイトではすべてが安くなり、ニューヨークの特定の地域ではすべてが安くなります。一方で、より高価な地域や豊かな地域では、実際に高い税金を課したりします。このような政策は、日々ダイナミックに行うことができ、複雑なハードウェアやソフトウェアを必要とせず、すべてシステムに組み込まれています。そのため、トランスナショナルな面では、世界の国々の集まりである国家連盟が互いに協力し、通貨面での国際基準を作るというように、双方向で機能します。また、市民への直接支払いや市民の行動にインセンティブを与えるなど、ミクロからマクロのスケールでは個人レベルにまで及びます。CBDCは、有望な未来を実現することができるのです。

このインタビューは、長さとわかりやすさのために編集されています。ApostolicasはADAを含む様々な暗号通貨を少量所有しています。

ホスキンソン氏が、発展途上国におけるカルダノと暗号通貨の導入の抱負を語っているパート1はこちらから。ビットコインやカルダノのような規制ブロックチェーンの政治についてホスキンソン氏が語っているパート3はこちらから。

次へ:HARVARD INTERNATIONAL REVIEW:ブロックチェーンを規制する:チャールズ・ホスキンソン氏に聞く その3

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。