ニュース, ブログ, ...

”IOHKがカルダノをゼロから構築した方法”一部抜粋と翻訳

今年のBlock Downイベントでのチャールズさんのインタービューで”IOHKがカルダノをゼロから構築した方法”についてとても興味深い記事のご紹介です。

とても素晴らしい記事でこれこそがチャールズさんの哲学でありIOHKの真髄が現れていましたので、参考になると思い、一部抜粋と翻訳したものを掲載させていただきました。

原文:How IOHK built Cardano from the ground up

”インタビュー中に明らかにされた最初の謎は、IOHK自体とそれが何をするか?でした。 Hoskinsonは当初、IOHKを「暗号」会社として定義することは誤りであることを非常に明確にしました。IOHKは、何よりもまず、哲学に基づいたミッション指向の研究開発会社です。

同社の目標は、分散型システムを作成し、時間内に自立できるようにセットアップすることです。” ”2015年に、IOHKはカルダノの設計に白紙の状態でアプローチし、システムを最も基本的なコンポーネントに分解することから始めました。

このプロセスは、単純でありながら非常に過小評価されている質問から始まりました。ブロックチェーンとは何ですか。同社は、複雑な数学と形式手法を使用して、これと他の何百ものテクノロジーの基本的な定義を定義する少数の科学者を雇いました。

これらの方法から派生したソリューションの実装に数年を費やした後、IOHKはCardanoの最初のフェーズであるByronを立ち上げました。ステーキングをもたらしたカルダノの時代であるシェリーは、今年の夏の初めに立ち上げられました。

そして、同社は現在、ブロックチェーンのガバナンス時代であるヴォルテールに取り組んんでいます。” ”つまり、他のシステムが柔軟性を維持しながら基盤として使用できる、自立した将来性のある分散型システムを作成します。”

「ライトニングは美しいアイデアです」とホスキンソンは言いました。「しかし、ビットコインはそれに対応していません。」 ”一方、Cardanoには、この問題を効果的に解決するプロトコルが組み込まれています。OuroborosHydraです。”

”オフチェーンスケーラビリティアーキテクチャは、高トランザクション出力、低遅延、ノードあたりの最小ストレージという3つの主要なスケーラビリティの課題に対処します。ネットワークが1秒あたり最大1000のトランザクションを処理できるようにするだけでなく、

他のネットワークとの通信にも使用できます。これは、Ouroboros Hydraを利用することで、Cardanoがレイヤー2ソリューションを介してビットコインと簡単に通信できることを意味します。”

”実用的なレベルでは、IOHKはすでに暗号業界のすべての端からの開発者と話し始めています。Hoskinsonは、多くの開発者が「シングルチェーン」の考え方から離れ始め、マルチチェーンの考え方を採用していると述べました。”

”CardanoのERC-20コンバーターは、今後数週間で最初のデモンストレーションが行われる予定であるとHoskinson氏は明らかにしました。”

一部抜粋による要約ここまで

詳しくはこちらの記事をご覧ください(英語)
原文:How IOHK built Cardano from the ground up

以上記事からの一部抜粋による要約でした。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。