ニュース, ブログ, ...

カルダノオラクルとの相互運用性に向けた最初のステップ:記事翻訳

ERGOとカルダノの相互運用性、オラクルの仕組みがわかりやすく説明されている記事がありましたので、翻訳してみました。オラクルに関してはこちら

この記事は、First steps towards interoperability with Cardano oracles を翻訳したものです。

Cardano用のオラクルソリューションは、エルゴのオラクルプールからデータを投稿し、前処理されたデータを自身のレコードの信頼できるソースとしてブロックチェーンに処理します。

2020年8月末には、Ergo拡張-UTXOモデルを搭載したオラクルへの新しいアプローチであるOracle Poolsを発表しました。これらのオラクルが既存のモデルを上回るメリットは相当なもので、新しいタイプのdAppの作成を可能にします。

現在、Cardanoのオラクルの1つは、Ergoのオラクルプールから提供されたデータを使用しています。CardanoのStake Poolを運営するMarek氏は、Cardanoのためにシンプルなソリューションを作成しました。エルゴのオラクルからの情報は、トランザクションメタデータを介してCardanoブロックチェーンに投稿されます。

nut.linkで見つけられるNUTSオラクルは、現在6つのデータストリームを提供しています。ERG/USDのための2つのデータソース、CoingeckoとErgoのオラクルプールを持っています。これら2つのソースはADA/USD価格にも使用されています。さらに、NUTS は ADA/EUR と TSLA 株の価格を記録する。

さらに、NUTSは、外部データを自由に利用できる公共財として扱うエルゴのオラクルプールへのアプローチに触発された資金調達スキームを使用しています。NUTSのTwitterは@stakenutsでフォローできます。

チェーンをつなぐ

”チェーンをつなぐ”。これは、少なくとも2つの理由から、素晴らしい開発です。第一に、エルゴのオラクルプールで既に行われている作業を再利用することで、カルダノがより効率的に信頼性の高い価格フィードを投稿できるようになります。このようにデータを共有することで、信頼できるオラクルが確立されれば、他のどのプラットフォームでも比較的少ない余分なオーバーヘッドでそのデータを使用することができるため、将来的には両方のチェーンに利益がもたらされます。

第二に、これは2つのプラットフォーム間の相互運用性を構築するための第一歩となります。CardanoとErgoの両方が、同じ暗号に関するデータの同じソースを共有するようになりました。これにより、より大きなコラボレーションとクロスチェーンの相互作用の道が開かれ、2つのチェーン間の接続がより強固なものになります。

最終的には、この機能がエルゴとカルダノのアトミック・スワップのような複雑な DeFi ソリューションを実現し、クロスチェーンの流動性プールと価格は相互に合意されたオラクル・データによって決定されることになるかもしれません。それはまだ先の話ですが、いつか可能になることを示しています。

それまでの間、オラクル・プールに関する新しいアップデートと、カルダノとエルゴ間の相互運用性を開発するEmurgoのさらなる研究にご期待ください。

この記事は、First steps towards interoperability with Cardano oracles を翻訳したものです。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。