IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:AIとブロックチェーンのシナジーが人類の未来に果たす重要な役割

現在活発に進められているSingularityNETの分散型AIプラットフォームのイーサリアムからカルダノへの移植は、AIとブロックチェーンの融合における一つの劇的なマイルストーンを示しており、AGIX ERC20コンバーターブリッジは、4月18日にメインネットでライブになる予定となっています。

下記の記事は、AIとブロックチェーンのパイオニア、SingularityNETのベン・ガーツェル博士による記事です。

以下はIOGブログに掲載された記事「The critical role of AI / blockchain synergy in humanity’s future」を翻訳したものです。

AIとブロックチェーンのシナジーが人類の未来に果たす重要な役割

AIとブロックチェーンのパイオニア、SingularityNETのベン・ガーツェル博士によるゲストブログ記事です。

by Dr. Ben Goertzel 2022年3月30日

世界経済はますます複雑化し、高度なAIアルゴリズムによって、私たちの曽祖父母が生涯で接したよりも多くの富を1日で集められるようになりました。新興の惑星型AIネットワークの制御が少数の手に集中するのを防ぐことが極めて重要です。透明性と主権は、そのインフラに適切に設計されなければなりません。これらはブロックチェーンアーキテクチャーの背後にある原則です。これは、AIブロックチェーンの収束が起こり、透明性と主権が焼き付けられたグローバルな技術経済が生まれる、歴史上エキサイティングな瞬間です。AIとブロックチェーン技術は、人類の努力のすべての部門にわたって、そして最終的には人類と人類が創造するかもしれない他の感覚的なシステムの未来のために、深遠な意味をもって協働することができます。

現在活発に進められているSingularityNETの分散型AIプラットフォームのイーサリアムからカルダノへの移植は、AIとブロックチェーンの融合における一つの劇的なマイルストーンを示しています。SingularityNETは2017年にイーサリアムで始まりましたが、構想や野望においては常にマルチチェーンでした。2021年半ばのハードフォークにより、複数のブロックチェーンにまたがるバージョンのSingularityNET AGIXトークンと関連機能の実装が可能になりました。そして今、この可能性は現実のものとなりつつあります。

AGIX/ADAトークンコンバータブリッジは、テストネットでの期間を経て現在完成に近づいており、ETHとADAバージョンのAGIXトークン間の変換を可能にするものです。これは、SingularityNETプラットフォームのカルダノ版で、オリジナルのイーサリアム版では不可能だった、より深く多様なAI機能を実現するための、いくつかのステップの最初のステップとなります。メインネットでのConverterブリッジのリリース後、SingularityNETマーケットプレイス、ステーキングポータル、その他のツールのカルダノへの移植に開発努力が注がれる予定です。これにより、イーサリアムで実現した以上のスピード、低コスト、ユーザビリティを持つプラットフォームが実現する。

野心的なロードマップ

この最初の移植に続き、カルダノのインフラならではのパワーと洗練された機能を活用した様々な機能がリリースされる予定です。

2020年後半からSingularityNETとIOGが積極的に共同開発を進めているAI-DSL(AI Domain Specific Language)は、SingularityNET/Cardanoプラットフォーム上のAIサービスが、標準化された形式言語を使って互いの特性や要件を記述できるようにするものです。AI-DSLは、AIサービスを顧客のニーズを満たすメタサービスに自動的に組み立てることをサポートします。

カルダノが使用するHaskellとPlutusは、AI-DSLのフレームワークで活用されるより高度な型理論的メカニズムとエレガントに連携しています。この種の言語は、SingularityNETの野望を実現するために必要で、個別のAIサービスの分散型マーケットプレイス以上の存在になります。AI-DSLによって、SingularityNETプラットフォームは、異なる作者によって作られた異なるAIコンポーネントが、文脈に応じて適切な方法で集まり、出現するAI機能を形成する「AIの原初のスープ」となることができます。

例えば、DeFiドメインでは、アルトコインの価格分析を行うAIエージェント、NLPを用いたニュース分析を行うAIエージェント、抽象的な記号推論を行うAIエージェントが集まり、アルトコインのポートフォリオ最適化のための新しいマルチエージェントアプローチを形成することができます。このAIプロセスの集合体は、SingularityDAOのDynaSetバンドルの1つであるCardano Native Assetsで使用され、SingularityDAOスマートコントラクトにロックされたユーザートークンの取引を、関係する個々のAIエージェントの作者が想定していないアルゴリズムで可能にすることができるだろう。

高度なSingularityNETのAI機能を促進するためのカルダノのHydra一連のプロトコルの可能性は、2022年と2023年を通じて明らかになる。Hydra Headプロトコルは、SingularityNETのマルチパーティーエスクロー契約で使用されているような状態チャネルを実装するためのエレガントで強力な方法を提供します。Hydraプロトコルのより高度な側面は、より野心的に使用することができます。カスタムカルダノサイドチェーンのHyperCycleは、SingularityNET上で動作するマルチエージェントおよび集団ベースのAIシステムに対して、前例のないスケーラブルなインフラを提供することになります。

ブロックチェーンにはAIが必要

ブロックチェーンエコシステムが世界経済の分散化と民主化という使命を成功裏に果たすためには、複数の異なる方法でAIを深く統合する必要があります。SingularityNETとカルダノのコラボレーションは、この統合をリードするのにユニークなほど適しています。

最近SingularityNETから独立したNuNet分散処理フレームワークを使用して、分散型カルダノステークプールを作成する現在の作業は、カルダノネットワークを世界規模に拡大するために将来的に重要になることを予見している。カルダノのステークプールは、SingularityNET-on-Cardanoにホストされ、NuNet上で動作するニューラルシンボリックAIによって最適化された方法で、NuNetを介して多様なプロセッサに分散されます。

Hydraは、カルダノネットワークにさまざまな形のシャーディングを導入することを可能にするが、このような大規模なシャーディングを俊敏に自動管理するには、高度なAIシステムも必要となります。カスタムSingularityNET指向のカルダノサイドチェーンは、こうしたAI主導のシャーディングソリューションの恩恵を受け、またこうしたソリューションの基盤となるAIをサポートするために必要なスケーラブルなインフラを提供することができるでしょう。

AGIが人間レベルを超えるまで、地球上のすべての分散型ネットワークは、ネットワークに関わる人間(およびそのソフトウェアとハードウェアのプロキシ)が、ネットワーク内のコード、取引、デバイスにどの程度の信頼を置くかについて適切な判断を下せるように、そのコアに何らかの評価システムを必要とします。ある規模や複雑さを超えるレピュテーション管理には、高度なAIも必要です。私は、SingularityNETに基づく「評判の証明」の技術が、カルダノのプラットフォームの上に実装されるさまざまなネットワークに、そしておそらく最終的にはカルダノのコアソフトウェア自体に入り込むと予想しています。

分散型ソーシャルネットワークは、文化的、政治的、その他多くの面で人類の次の進化に不可欠なものですが、明らかにAI主導の評価システムに決定的に依存するネットワークのひとつです。人間のアナリスト、単純な統計学習システム、企業や政府の規制当局は、現代のオンライン・ソーシャルネットワークにおける人間の集団的相互作用を知的かつ倫理的に指導・調整することが恐ろしくてできないことが証明されています。AIがその答えであることは明らかです。その答えは、「みんなのAI」であるべきです。

ブロックチェーンは、これを可能にする明確な可能性を持っています。しかし、そのためには、分散型評価システムによって規制された分散型ネットワーク上で動作する分散型AIが必要です。私たちは今、SingularityNET/Cardanoのエコシステムにこれらの要素をすべて備えていますが、大衆が使える方法でこれらを大規模に機能させることは、今後数年間の興味深い挑戦となるでしょう。

AIにはブロックチェーンが必要

AIは世界経済を支配するためにブロックチェーンを必要としません。現時点では、中央集権的な大企業と政府によって主に推進される形で、すべての垂直産業にわたって支配的な役割を果たす方向に急速に進んでいます。しかし、このほぼ必然的なAIの経済支配が、主に社会の一部の分野に役立つのではなく、広く人間の利益につながることを望むなら、新興のグローバルAIシステムのアーキテクチャが分散型で民主的であることが極めて重要になるであろう。現時点では、これを実現する唯一の具体的な道筋はブロックチェーン技術です。

AIエコシステムのあらゆる側面が根本的かつ徹底的にブロックチェーン化される必要があり、関係するすべてのブロックチェーンネットワークが大規模に拡張可能で、簡単に使用でき、豊かで円滑な相互運用性を持つようにする必要があります。良いニュースは、私たちはすでにこのために必要なほとんどすべての主要な側面の初期のワーキングバージョンを持っているということです。Oceanや(医療データ用の)Rejuveなどの分散型データストア、NuNetやGolem、CPUCoinなどの分散型処理能力、SingularityNETやFetch、Matrixなどの分散型マルチエージェントAI処理、Epikで始まる分散型知識グラフ、ElastosやDFinityなどの分散型Webインフラ、その他多数があります。様々なAIアルゴリズムのための同形式暗号化とマルチパーティコンピューティングは、安全でデータ主権を尊重したAIを世界規模で実現するために、多くの研究論文に記載されていますが、商業グレードの実装は非常に限られています。

しかし、率直に言って、これらの分散型ツールやフレームワークは、私自身のプロジェクトも含めて、大手テック企業が立ち上げた中央集権型の製品ほどスケーラブルかつスムーズに動作するものはまだないのです。これはブロックチェーン技術を非難するものではありません。中央集権型の競合には、スマートコントラクトが登場するはるか以前から歴史を持つ、数兆円規模の企業も含まれているからです。しかし、現在進行中のAI革命を真にブロックチェーン化するためには、私たち非中央集権的な領域は、短期間にかなりの距離を移動する必要があることを理解することが重要です。だからこそ、私はSingularityNETとCardano/IOHKのパートナーシップにとても興奮しているのです。

人類はAIとブロックチェーンの相乗効果を必要としている

2022年の今日、私たちの世界は、すでに一種のグローバル・ブレイン・ネットワークと呼ぶにふさわしく、人間とコンピュータの通信ネットワークを組み合わせた創発的な知能は、個々の人間の頭で理解できるものをはるかに超えています。このグローバル・ブレインの知性、複雑性、相乗効果は、複数のテクノロジーの協調的な進歩によって、技術的特異点(シンギュラリティ)に向かって年々増していくでしょう。倫理的な目的に沿って進歩を誘導する最善の方法を考える間、進歩を遅らせることは現実的な選択肢ではないように思われます。人類の一般的な福祉に関心を持つ私たちにとって唯一の現実的な選択肢は、先端技術の分散型、民主的、有益な開発が、中央集権的、部族主義的、抑圧的、あるいは逆進的な考えを持つ代替策よりも速く進むようにすることです。ブロックチェーンとAIの緊密な統合はその重要な部分であり、SingularityNETとカルダノのコラボレーションは現在、この統合の最前線にあります。間近に迫ったAGIXトークン・コンバーター・ブリッジの発売は、この途方もなく重要な全体像の、小さいながらも重要な一部なのです

AGIX ERC20コンバーターブリッジは、4月18日にメインネットでライブになる予定です。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。