ニュース, ブログ, ...

カルダノ創始者、暗号規制に関する議会公聴会で注目を浴びる

6月23日に行われた米国議会委員会の公聴会で、カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、暗号通貨業界に対するより公平な規制の扱いについて、説得力のある話し方をし、リラックスした様子で訴えました。

公聴会でのホスキンソン氏のパフォーマンスに対するソーシャルメディアからのフィードバックは、圧倒的に好意的なものだったとCryptoslateが伝えています。

以下はCryptoslate.comに掲載された記事「Cardano founder steals the show at Congressional hearing on crypto regulation」を翻訳したものです。

カルダノ創始者、暗号規制に関する議会公聴会で注目を浴びる by Cryptoslate

米国議会の公聴会で、Hoskinsonは、暗号通貨業界に対するより公平な規制の扱いについて、説得力のある話し方をし、リラックスした様子で訴えました。

by Samuel Wan 2022年6月24日

カルダノ創設者、暗号規制に関する議会公聴会で見せ場を作る

6月23日に行われた米国議会委員会の公聴会で、カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、暗号規制の将来について見解を述べました。

公聴会の目的は、将来の枠組みの導入を視野に入れ、現在の規制の有効性を議論することでした。

規制が明確でないことは、業界にとって切実な問題です。最近では、米国の規制当局による強引な取締りの例も多く見られます。

しかし、ホスキンソン氏は業界を代表して開発者の立場を表明し、官民連携がいかに関係者の利益になるかを説明しました。

暗号通貨は証券なのか商品なのか?

米国下院農業委員会商品取引所・エネルギー・信用小委員会の公聴会では、デジタル資産市場の規制監督における格差是正に焦点が当てられました。

ホスキンソン氏は専門家証人として、規制に関して「イノベーションが具体性を難しくしている」という指摘をしました。

そのため、規制は個々の事象に対して特定のルールを策定するのではなく、原則に焦点を当てるべきである。カルダノの創業者は、原則の例として、どのようなリスクから守るべきか、ユーザーが持つべき権利は何か、「最大善」のためにツールをどう使うか、などの判断を挙げました。

暗号通貨を商品として規制するか、証券として規制するかという問題について、ホスキンソン氏は、この問題は二元論で解決するよりも複雑であると述べました。

「暗号通貨を一般的に見るとき、私は常に金融の幹細胞だと考えています。通貨や商品といった特定のカテゴリーよりも、より根本的なものなのです。

そのために、二元論に勝るものは、制裁遵守、消費者保護、市場の安定など、規制当局が達成したいことに基づいて公共政策を考慮する全体的なアプローチです。

だから、証券なのか商品なのか、などと言うのは賢明ではないだろう。また、誰がより寛容な規制当局なのか、あるいは規制の裁定はどうなっているのか、といった誘惑に陥ることもないでしょう。むしろ、一歩下がって、どんなものから守りたいのか、と言うべきでしょう。

カルダノ創始者、ショーの主役に

公聴会でのホスキンソン氏のパフォーマンスに対するソーシャルメディアからのフィードバックは、圧倒的に好意的なものだった。

あるTwitterのコメントでは、カルダノの創始者は委員会を純粋な気品で啓発したと述べています。また、暗号産業全体を “本当によく “代表する素晴らしい仕事をしたと祝福する声もありました。

ケースは述べられた。暗号規制をより公平で全体的なアプローチにするために、委員会がこれを推進することが今求められているのです。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。