ニュース, ブログ, ...

カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏、暗号規制への画期的なアプローチを提案

カルダノの創設者でイーサリアムの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、暗号通貨と暗号関連活動の規制について、暗号技術で自己規制を行えると米国議会に提案しました。提案されたアプローチは、ソフトウェアベースの戒律を含むもので、暗号規制への画期的なアプローチであるとZycryptoが伝えています。

また、記事ではSECとCFTCの戦いがホスキンソン氏の提案を理想的なものにしていると述べています。

以下はZycrypto.comに掲載された記事「Cardano’s Charles Hoskinson Proposes Groundbreaking Approach To Crypto Regulation」を翻訳したものです。

カルダノのチャールズ・ホスキンソン氏、暗号規制への画期的なアプローチを提案 by Zycrypto

by Olivia Brooke 2022年6月24日

カルダノの創設者でイーサリアムの共同創設者であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、暗号通貨と暗号関連活動の規制について、異なるアプローチを米国議会に提案しました。提案されたアプローチは、ソフトウェアベースの戒律を含むものです。

ホスキンソン氏は暗号技術で自己規制を行えると考えている

木曜日に行われた議会の公聴会で、暗号通貨とブロックチェーン技術について語ったホスキンソン氏は、コンプライアンスの行使と対策は、関係するそれぞれの暗号プロジェクトに所属するソフトウェア開発者に任せることを提案しました。

彼は、暗号通貨に関わる規制とコンプライアンス運動は、銀行セクターで典型的な自己規制パターンの流儀を模倣することを提案しました。彼によると、取引所は銀行のようにKYC-AMLを設計し、維持することを許可されるべきです。

「SECやCFTCがKYC-AMLを実施するのではなく、銀行が実施するのです。最前線にいるのは銀行だ」とホスキンソン氏は言う。さらに、「これは官民のパートナーシップだ。そして、私たちイノベーターにできることは、それを実現するためのソフトウェアを開発することです。」

この提案は、特に米国議会が現在、暗号業界の理想的な規制パターンを模索していることを考えると、好都合な時期に行われたもので、一般の人々の採用が急速に拡大しているようです。

ホスキンソン氏によると、暗号技術はユーザーデータを保存・送信できるため、規制機能は銀行セクターのモデルに従って、この分野の開発者によって自動化される可能性があります。

SECとCFTCの戦いがホスキンソン氏の提案を理想的なものにしている

34歳のアメリカ人起業家は、このパターンは暗号の規制とコンプライアンス慣行に関する透明性と有効性を確保するのに役立ち、業界を規制しようと奮闘する異なる団体から生じる不健全な競争を排除するのに役立つと指摘しています。

ホスキンソン氏は、商品先物取引委員会(CFTC)と証券取引委員会(SEC)の間の暗号規制に関する覇権争いに言及したようです。

昨年8月、アメリカの金融管理者、現在はCFTCの元委員であるブライアン・クインテンツ氏は、ツイートで、SECは金、小麦、暗号通貨などの純粋な商品には権限がないと主張した。さらに、同じく元CFTCコミッショナーのChristopher Giancarlo氏は、CFTCだけが暗号を規制した経験を持っていると指摘しました。

米国の規制当局による非論理的な規制を訴える一部の暗号企業とともに、SECが暗号プロジェクトに対して起こした一連の訴訟を考慮すると、ホスキンソン氏の提案は暗号規制のための理想的なゴーサインであるように見えます。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。