ニュース, ブログ, ...

Vasilへのアップグレードにおける開発の主なポイント『Artano』のケース

https://artano.io/home/

カルダノのEssentialcardano.ioに、Vasilへのアップグレードに伴う開発の主なポイントとして、コミュニティ主導のノンファンジブル型トークン(NFT)市場である『Artano』のケースが紹介されています。

この記事では、メインネット上のVasilへのスムーズな移行のために準備している間に『Artano』が学んだ主要な開発の要点を共有しており、特にArtanoの場合、Vasilがもたらす機能として、取引サイズと市場運営費(NFT買い付けと入札など)の削減で大きなメリットをもたらしたと述べています。

これについてカルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、次のようにコメントしています。

これは、今月登場するVasilのパワーの一例です。新機能は多くの異なるDAppsを劇的に改善し、Djedのような新しいDAppsをCardano上に展開することを可能にします。これはほんの始まりに過ぎません。EUTXOとPlutusは、与え続ける贈り物です

以下はEssentialcardano.ioに掲載された記事「Upgrading to Vasil – key development takeaways」を翻訳したものです。

Vasilへのアップグレード:開発の主なポイント by Essentialcardano.io

by S. Pan 2022年8月25

Artanoは、デジタルアート経済に革命を起こすことに焦点を当てた、コミュニティ主導のノンファンジブル型トークン(NFT)市場です。アーティストや機関投資家の活気あるグローバルコミュニティを、世界中のコレクターとつなげることを目指しています。カルダノ・ブロックチェーン上に構築されたArtanoは、NFTの作成と取引を可能にし、カルダノ上の数少ないプラットフォームのみが提供できるオークションへの対応も可能にしています。

カルダノは、Vasil機能へのメジャーアップグレードを控えています。他の多くのプロジェクトと同様に、アルタノもプラットフォームとスマートコントラクト機能の両方をアップグレードし、堅牢性、コスト効率、スケーラビリティの向上の恩恵を受けている最中です。

過去数ヶ月間、私たちはPlutus V2スクリプトとVasilのアップグレードで導入される新しいCardano Improvement Proposals (CIP)をテストしてきました。この投稿では、プラットフォームをアップグレードし、メインネット上のVasilへのスムーズな移行のために準備している間に私たちが学んだ主要な開発の要点を共有します。

現在の状態

現在、カルダノはAlonzo mainnet – 2021年9月に導入されたスマートコントラクト機能で稼働しています。カルダノにパフォーマンスと機能の大幅な強化をもたらすVasilは、Babbageと呼ばれる新しい機能を導入します。

分散型アプリケーション(DApps)をBabbageの機能に対応させるためのアップグレードは、一見するとそれほど簡単ではないかもしれません。アップグレードによって新しい台帳機能が導入されるため、プラットフォーム、プロジェクト、アプリケーションもそのような変化に対応し、準備する必要があることを意味します。

ArtanoはCardanoノードをコアに動作しています。Vasilへのアップグレードの過程で、ノードv.1.34.1からメインネットハードフォークの推奨バージョンであるv.1.35.3へのアップグレードが必要となりました。また、このプラットフォームはバックエンドの処理をCardano CLIではなくCardano APIに依存しており、これには多くの変更が必要です。

フェーズ1:コンポーネントのアップグレードと互換性の維持

ハードフォークに備え、カルダノ・ノードとCLIの両方を推奨バージョン(v.1.35.3)にアップグレードする必要がある。これには、Plutusコントラクトのサポートに必要な多くの変更が伴います。DAppsにとって重要なことは、Plutus V1スクリプトからPlutus V2スクリプトに移行する際、ソースコードを再コンパイルすると、V1スクリプトをコンパイルしたものと同じスクリプトハッシュとアドレスにならないことである。全く同じスクリプトを異なる言語バージョンで使用すると、異なるハッシュが生成されます。詳しくは、「Plutusスクリプトのアドレス」の概要を参照してください。

私たちのようなマーケットプレイスでは、ノードのアップグレード前に販売されたNFTが、アップグレード後も購入できるようにすることが重要です。これは、NFTの購入と引き出しに正しい契約アドレスと償還者が使用されることを意味します。

フェーズ2:Plutus V1コントラクトとの互換性の確立

ハードフォーク後、時代はバベッジに変わり、アロンゾ時代をまだ参照しているスクリプトはもう動作しません。したがって、適切な時代のパラメータとデータ構造を使用するようにスクリプトを更新することが重要であり、これによりハードフォーク前に売りに出されたNFTの取引と引き出しも可能になります。

このAlonzoからBabbageへの移行ガイドに記載されている必要な変更のいくつかを見ることができます。

フェーズ3:ハードフォーク後

元帳がVasilの機能にハードフォークされ、移行が完了したら、インラインデータム、参照スクリプト、参照入力などのバシルの機能をサポートするためにコントラクトを最終的にアップグレードすることができます。これらの新機能の利点は、ユースケースによって異なるだろう。Artanoの場合、バシル機能は取引サイズと市場運営費(NFT買い付けと入札など)の削減で大きなメリットをもたらします。

下表は改善点をまとめたものです。

*結果はノードv.1.34.1を使用して現在展開されているメインネットから得られています。
**結果は、ノードv.1.35.3を使用してプレビューテストネット上でVasilの機能をテストしたものです。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。