IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:カルダノを構築するIOGとエジンバラ大学、暗号分散化の業界標準指標を提供する史上初のインデックスを創設へ

IOG主催のイベント『IO ScotFest』で、Proof of stakeブロックチェーンの代表格であるカルダノの構築者の一人であるInput Output Global, Inc.(IOG)は、英国で最も評価の高い学術機関の一つであるエジンバラ大学と提携し、ブロックチェーン業界初の「Edinburgh Decentralization Index (EDI)」を開発を発表しました。

EDIは、英国の主要大学で開発された方法論に基づいて創設される予定で、この種のものとしては初の指標となり、動きの速いブロックチェーン市場を追跡するために継続的に測定されます。

また、EDIは、ブロックチェーン・プロジェクトの不透明な中央集権化からユーザーを保護することができます。

以下はIOGブログに掲載された記事「Cardano builder IOG and University of Edinburgh to create first ever index to provide industry standard metric for crypto decentralization」を翻訳したものです。

カルダノを構築するIOGとエジンバラ大学、暗号分散化の業界標準指標を提供する史上初のインデックスを創設へ

by Fernando Sanchez 2022年11月18日

  • Edinburgh Decentralization Index (EDI)は、英国の主要大学で開発された方法論に基づいて創設される予定です。
  • EDIは、この種のものとしては初の指標となり、動きの速いブロックチェーン市場を追跡するために継続的に測定されます。
  • EDIは、ブロックチェーン・プロジェクトの不透明な中央集権化からユーザーを保護することができます。

2022年11月18日、英国エジンバラ:Proof of stakeブロックチェーンの代表格であるカルダノの構築者の一人であるInput Output Global, Inc.(IOG)は、英国で最も評価の高い学術機関の一つであるエジンバラ大学と提携し、ブロックチェーン業界初の「decentralization index:分散化インデックス」を開発しました。

Edinburgh Decentralization Index(EDI)は、研究に基づく方法論を用いて、パブリック・ブロックチェーン・プロジェクトの「分散化」レベルを一貫して決定するフレームワークを作成し、より透明性を高めることを目的としています。高いレベルの中央集権化から保護することは、ブロックチェーンシステムの基本原則と一致し、資金の中央管理によってエンドユーザーが投資を撤回できなくなるなどの事象から保護することができます。

EDIは、継続的に計算・レビューされる手法に支えられたライブトラッカーとなり、計算はエジンバラ大学のチームによって実施される予定です。このレビュープロセスは、暗号市場のボラティリティを考慮し、ブロックチェーン業界内のイノベーションに対応するように進化するように設計されています。これを通じて、暗号市場に関心を持つ人々は、分散型プロジェクトのあり方やそれに伴うリスク要因について、より深く理解することができます。

トラッカーの最初のステップは、エジンバラ大学の研究者によって作成された、分散化の指標とそれを指標にまとめるための考察された方法論を詳述した研究論文の作成です。その後、ケンブリッジ大学ジャッジビジネススクールのケンブリッジ代替金融センターのケンブリッジ・ビットコイン電力消費インデックスなど、他の業界のインデックスと同じように運用され、ビットコインブロックチェーンがどれだけのエネルギーを消費しているかのライブトラッカーが提供される予定です。

EDIは、透明性、検閲、回復力、完全性など、分散化に依存するブロックチェーン独自の機能の保持を促進することも可能です。また、制御を一箇所に集中させると脆弱性が一点集中するなどの潜在的なリスクについてもユーザーに知らせることができます。分散型システムは、多くのブロックチェーン参加者に制御を分散させることでこのリスクを軽減し、制御と情報の非対称性を緩和します。分散化の重要性にもかかわらず、現在のところ、異なるシステム間で普遍的に受け入れられる分散化の尺度は存在しません。EDIは、この問題を解決するための第一歩となるでしょう。

エディンバラ大学情報学部の学部長であるJane Hillston教授は、次のように述べています。

エジンバラ大学情報学部では、可能な限り産業界と協力し、学術研究を幅広い受益者グループに役立つ成果へと変換するだけでなく、興味深い問題に対するさらなる研究を刺激する真のパートナーシップを形成する機会を探しています。IOGとのコラボレーションはその好例で、「Edinburgh Decentralization Index」を作成するこのプロジェクトを立ち上げることができたことを誇りに思います。これは、ブロックチェーン市場内で大きな利益をもたらす可能性を持つ、挑戦的な技術的問題を表しています。

EDIは、デジタル資産の特徴づけのための土台を築くこともできます。資産をどのように分類すべきかという議論がある中で、分散化は重要な要素となっています。その結果、EDIは法律家や規制当局にとって有用なツールになる可能性があります。

IOGのCEOであるCharles Hoskinson氏は、次のように述べています。

“分散化 “は、ブロックチェーン技術が非常にユニークで、革命的な可能性を秘めていることの核心です。システムを分散化することで、私たちは日常のユーザーや投資家の手に力を取り戻すことができるのです。現在、私たちに欠けているのは、プロジェクトがどの程度まで分散化されているかを定義する、普遍的に受け入れられた業界標準です。EDIは、ユーザーが参加しているものについて、完全な透明性を確保することを可能にします。

このような標準に業界として取り組むことで、私たちの業界を際立たせているエキサイティングなイノベーションを阻害することなく、消費者を確実に保護することができるのです。EDIのようなツールが非常に重要になるのはこのためです。これは、ブロックチェーンの創設理念を守りながら、業界を正しい方向に進展させるために、まさに私たちが行うべき作業の一例なのです。

このプロジェクトは、IOGが科学的研究に根ざしたプロジェクトを行うというコミットメントを基盤としています。世界をリードするカルダノ・ブロックチェーンの構築に貢献する一方で、IOGは160以上の学術論文を集めた研究ライブラリーを作成しました。また、IOGはエジンバラ大学に450万ドルを寄付し、個人情報保護に関する重要な研究を行うゼロ・ナレッジ・ラボを立ち上げました。

EDIに関する詳しい情報は、こちらの専用ページをご覧ください。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。