ブログ, ラーニング, ...

世界の新しい基軸通貨の構築 – CBDCは本当に許可されたブロックチェーンを必要としているのか?

下記の記事は、カルダノ財団「Building the world’s new reserve currency – do CBDCs really require a permissioned blockchain?」を翻訳一部抜粋要約したものです。

世界の新しい基軸通貨の構築 – CBDCは本当に許可されたブロックチェーンを必要としているのか?

2020年から2021年初頭にかけての金融市場の活発化は、私たちの金融環境の安全性を維持することに新たな焦点を当てることになりました。
劇的な株式市場の変動、パンデミック関連の不確実性、現物の現金からの移行などにより、世界中の多くの政府が伝統的な準備通貨に代わるものを模索するようになりました。

模索されている新しい交換手段の中で、ブロックチェーン技術は、デジタル通貨を立ち上げることができるという理由から、常に検討されています。しかし、他の新興技術と同様に、完全なデジタル通貨への道のりはまだ明確に定義されていません。

既存のデジタル通貨を使うのではなく、多くの銀行が独自のCBDCを立ち上げようとしています。ここでは、CBDCとは何かを探り、ブロックチェーンの世界にとって何を意味するのかを発見したいと思います。また、Cardanoのようなパーミッションレスのブロックチェーンが、分散化を通じてCBDCに重要な利益をもたらす可能性がある理由についても議論します。

CBDCとは?

中央銀行のデジタル通貨は、しばしばCBDCと略されますが、米ドルや日本円などの不換通貨のデジタル・アナログで、州レベルで発行されます。CBDC は、中央銀行や国の銀行が発行する場合と、政府機関が発行する場合があり、様々な用途での利用が検討されています。

従来の不換通貨をデジタル化することで、決済処理業者を必要とせずに、即時かつ安価なクロスボーダー決済が可能となり、銀行間証券決済プロセスも迅速化される可能性がある。現金ベースの通貨と比較して、マネーロンダリング防止と顧客への配慮が向上する可能性があります。リテール・ユーザーにとっては、CBDC は銀行のコストを削減し、その結果、金利と銀行のメリットを高める可能性がある。

世界の複数の法域が、国家的なCBDCの立ち上げに関心を公に表明している。2020年10月1日、中国は、中国人民銀行が主導するデジタル人民元のためのこれまでで最大規模のパイロットプロジェクトを終了しました。CBDC競争の世界的リーダーの一人である中国人民銀行は、5万人の無作為な参加者からなるフォーカスグループにデジタル人民元をロールアウトした。

米連邦準備制度理事会もCBDC3の立ち上げを模索しており、デジタル米ドルを立ち上げるメリットを評価・分析している。欧州では、イングランド銀行、スベリゲス・リクスバンク(スウェーデン)、スイス国立銀行、欧州中央銀行もそれぞれの不換通貨のCBDC2の立ち上げに取り組んでいる。

スイスに本部を置く国際決済銀行(BIS)は、世界の銀行と共同で、CBDC に求められる 3 つの重要な原則を示した。

  • 不換紙幣および「その他の種類の貨幣」との共存である。
  • 金融・金融の安定を支持。
  • イノベーションと効率性の促進


このような機能の必要性から、規制当局や発行銀行は通常、許可制ブロックチェーンを検討するようになりました。

しかし、スケーリング、サイドチェーン、柔軟なトークン発行など、最近のパーミッションレス・ブロックチェーンの開発により、CBDCとパブリック・ブロックチェーンに潮目が変わる可能性があります。

しかしその前に、パーミッション付きブロックチェーンとパーミッションレスブロックチェーンの違いを知っておきましょう。

パーミッション付きとパーミッションレスの違いとは?

私たちはよくCardanoを「パーミッションレス」または「パブリック」ブロックチェーンと表現します。これは、バックグラウンド、所属、場所に関係なく、誰でもオンチェーンの情報を調べたり、ブロックチェーンの歴史を見ることができることを意味しています。パブリックブロックチェーンには分散型のノード運用者がおり、通常、技術的な専門知識と必要なハードウェアを持っていれば誰でもノードを運用することができます。カルダノでは、この役割はステークプールのオペレータによって満たされています。

一方、許可制ブロックチェーンプライベートブロックチェーンは、多くの参加者(通常は企業や機関のユーザー)にのみアクセスを許可しています。許可されたブロックチェーンは通常、ブロックチェーン上にバックエンドインフラを構築したいが、公開された目に見える取引の台帳を必要としない民間企業によって使用されてきました。

分散化されたノード運営者の代わりに、許可制ブロックチェーンは通常、ブロックチェーンの歴史のバージョンに合意した連合ノードのグループを介してコンセンサスに到達します。これらの連合ノードは通常、ブロックチェーンを使用している商業団体や企業によって運営されており、これが「許可済み」という用語の由来となっています。許可されたブロックチェーンでも、オープンソースのコードを利用することができ、企業は基礎となるブロックチェーンのセキュリティを検証することができます。

一般的に使用されているパーミッション付きブロックチェーンには、Linux FoundationのHyperledgerやR3のCordaなどがあります。企業の設定では、パーミッション付きブロックチェーンとパーミッションレス・ブロックチェーンにはそれぞれメリットやユースケースがありますが、これまでのところ、銀行は通常パーミッション付き台帳に焦点を当ててきました。

パーミッションレス・ブロックチェーンはCBDCにメリットがあるのでしょうか?

パーミッション・ブロックチェーンはブロックチェーンへのアクセスを制御する上では有益かもしれませんが、セキュリティの問題が発生します。すべての比較的中央集権的な記録システムと同様に、攻撃を受けやすいのです。

ワシントンに拠点を置く公共政策団体Brookingsによると、1人の許可されたノード運営者の1つの大規模なデータ侵害によって、オンチェーン参加者全員の財務履歴や関連データが明らかになる可能性があるという。

イングランド銀行(BoE)が2020年初頭に発表したディスカッションペーパーの中で、BoEは、CBDCは銀行によるある程度の許可を残す必要があるが、より大きな分散化を追求することにはメリットがある可能性があると提案している。

イングランド銀行は、公的な分散型台帳を使用することの潜在的なメリットを以下のように説明している。

  • レジリエンス:公的な台帳上に構築されたデジタル通貨の高い可用性と保証。
  • プログラム可能性プログラム可能なお金」を可能にするためのスマートコントラクトとトークンの使用。
  • リーチすることブロックチェーンを介してデータを共有し、より多くの個人にアクセスできるようにする。
  • 暗号の使用公開鍵暗号は、取引を送信する側が権限を持っていることを確認するのに役立つ可能性がある。

CBDC を使用するには、リテール・ユーザやその他の参加者は、発行銀行によって許可されたコア台帳と API を通じて通信する、許可された決済インターフェース・プロバイダと取引を行うことができる。

基礎となる台帳とのインターフェイスには仲介者が必要となるため、基礎となるブロックチェーンが許可されているか許可されていないかに関わらず、これらのプロバイダーを介して各ユーザーのプライバシー保護のための措置が取られる可能性があります。

すべての人のための公的デジタル通貨

パブリック・ブロックチェーンが成熟し、プライバシー保護のための新しい機能がリリースされると、CBDC の立ち上げを検討している銀行は、分散化された半許可制のソリューションを使用することを選択するかもしれません。

少なくともCBDCは、データ損失への耐性や分散型ネットワークのメンテナンスによる資産の高可用性など、分散型テクノロジーの複数の要素から恩恵を受けることができます。同様に、パブリック・ブロックチェーンは、グローバルな金融システムの透明性を高め、銀行に対する人々の信頼を高めることになるでしょう。

将来的には、国家レベルのデジタル通貨がパブリック・ブロックチェーン上で立ち上げられ、中央銀行当局が安全に使用できるように監視することができるようになるかもしれません。

CBDCについてどのようにお考えですか?デジタル資産は不換紙幣に取って代わるべきだと思いますか?CBDCはオープンで透明性のある台帳の上に構築されるべきだと思いますか?

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。