ニュース, ブログ, ...

メリーハードフォークは、Goguenのスマートコントラクトに一歩近づいたカルダノ(ADA)をもたらすだろう

この記事は、CRYPTOSALATE「The Mary hard fork will bring Cardano (ADA) one step closer to smart contracts on Goguen」から一部抜粋要約したものです。

CardanoをShelleyからGoguenに移行するために設定された2つのハードフォークのうちの1つであるMaryは、2月3日20:00 UTCに行われました。待望のハードフォークは、ついにCardanoにネイティブアセットのサポートをもたらすことになり、ネットワーク上の分散型金融を開放する動きとなる。

ネイティブアセットのサポートが本日後半にCardanoのテストネットにやってくる

メリーハードフォークは、カルダノコミュニティとブロックチェーンを利用している企業や機関の両方にとって、全く新しい世界の機会を開くメジャーアップグレードです。これにより、カルダノテストネットは真のマルチアセットネットワークへと変化し、ユーザーはカルダノブロックチェーン上で独自のトークンを発行し、配布することができるようになります。

2月末には、同じアップグレードがCardanoメインネットにも展開され、ブロックチェーンのスマートコントラクト機能がアンロックされます。

Cardanoのネイティブトークンは何が違うのでしょうか?

スマートコントラクトでトークンの発行を扱う他のブロックチェーンネットワークとは異なり、Cardanoではトークン化をネイティブに処理しています。つまり、Cardano上でトークンを発行するロジックはCardano台帳自体をベースにしているため、ブロックチェーンの上に追加のレイヤーを構築する必要がありません。

ERC-20やERC-721規格で作成されたEthereum上のユーザー定義トークンは、ETHとは根本的に異なります。一方、カルダノはユーザー定義トークンをネイティブにサポートしているため、ブロックチェーンの上にカスタムコードを追加する必要がありません。

それに加えて、それらの資産をブロックチェーンのネイティブ通貨であるADAとほぼ同じように振る舞うことができます。Cardano上で発行されたトークンとADAの違いは、トークンを破棄できることと、ADAだけが手数料、リワード、入金のサービスに使用できることだけです。

Cardano上のネイティブアセットが台帳に組み込まれているという事実は、分散型金融に革命を起こすように設定されています。Cardano上では、ネイティブ・トークンとアセット間の取引には約定手数料が発生しないため、DeFiアプリケーションをはるかに手頃な価格で利用できるようになります。

IOHKは、カスタムコード化されたスマートコントラクトの固有の脆弱性なしにトークンを提供することで、ブロックチェーン技術を探求しようとしている機関や企業にとって非常に興味深いものになると考えています。

メリーのハードフォークは、カルダノ(ADA)をGoguenのスマートコントラクトに一歩近づけるだろう

現在時価総額で6位のカルダノは、過去24時間で4.13%上昇しています。ADAの時価総額は13.91Bドル、24時間の出来高は3.63Bドル。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。