IOGブログ, ブログ, ...

IOHKブログ:ネイティブトークンがカルダノに新たな有用性をもたらす

この記事はIOHKブログ「Native tokens to bring new utility to life on Cardano」を翻訳したものです。

2021年2月4日 ティム・ハリソン

ユーザーはまもなく、カルダノでの取引のための独自のオンチェーントークンを作成できるようになります。

メアリー・シェリーの肖像 リチャード・ロートウェル作 (1800-1868)

Goguenの展開は、Cardanoが分散型のマルチアセット(MA)スマートコントラクトプラットフォームへと進化する上で、もう一つの重要な構成要素として継続されています。作家メアリー・シェリーにちなんで名付けられたGoguenの「メアリー」アップデートでは、ユーザー定義のトークンを作成する機能が導入されました。

これらのカスタムトークンは「ネイティブ」になるため、ADAと同様にブロックチェーン上で直接取引できるようになります。ADAはCardanoの主要通貨のままですが、Cardanoはマルチアセット(MA)ブロックチェーンに変わり、さまざまな可能性を開きます。このMA機能は、世界中の開発者にとって新たな開発の支点となり、Cardanoのリーチと可能性をさらに広げます。

もう一つのハードフォーク?

昨日、事実上のハードフォークを使って、メインネットへの展開に先立って最終テストを行うために、MaryアップデートをCardanoのパブリックテストネットに展開することに成功しました。テストネットはメインネットに限りなく近い環境であるため、このフォークイベントはプロセスの中で重要なステップとなります。テストネット上のすべての要素をデプロイし、開発者に飛び込んでもらい、結果をモニターすれば、メインネットがどのように動作するかを正確に把握することができます。

ハードフォークは、フォーク前のブロックチェーンの履歴が使えなくなるため、破壊的なイベントになりがちです。慎重な計画、テスト、実行を行わなければ、意図しない結果を招く可能性があります。例えば、プロトコルルールが変更されると、以前のブロックが失われることがあります。

しかし、Cardanoではハードフォークイベントの扱いが異なります。サービスの中断やネットワークの再起動を誘発することなくプロトコルを結合するために、ハードフォークコンビナートを使用します。

Cardanoはいくつかの開発段階を経ており、その探求はまだ終わっていません。Goguenは今、起きています。現在はプロジェクト・カタリストでヴォルテールに向けた初期段階を確認しており、芭蕉もそれに続くだろう。それぞれの段階が、カルダノの旅を最終目的地に近づけています。真の分散化とスケーラビリティ、ユーティリティ、そして持続可能なガバナンスです。そして、各段階では、試行錯誤された技術であるコンビネーターを使って、移行を後押しします。

私たちは最初にバイロンからシェリーへのアップグレードに使用し、シームレスな移行を達成するためのコンビネーターの有効性を証明しました。12月にトークンロックを導入したAllegraも、Cardanoの次の開発段階で使用しています。

メアリーに至った経緯

Allegraによるトークンロックの出現は、ウロボロスプロトコルへの比較的小さな技術的な変更ではありましたが、Cardanoのマルチアセット戦略、そしてネットワーク全体の将来のための閾値を確立しました。この変更は、スマートコントラクトとADA以外のネイティブアセットのサポートのためのプラットフォームを準備しました。

Allegraは、エンジニアがテストを開始できるように本番環境に対応したコードを導入し、Maryの基礎を築きました。この作業では、通貨スクリプトの定義、鋳造、トークンの換金と燃焼、トランザクションでのトークンの送信などの機能が含まれていました。

休みの直前に、ウォレットのバックエンドにプログラミングインターフェース(コマンドラインインターフェース -CLI)が追加されました。それ以来、マルチカレンシーブロックのエクスプローラサポートに加えて、ウォレットバックエンドとインターフェイスのアップデートが進められてきました。

現在、完成したウォレットバックエンドとメタデータレジストリの統合の最終段階に入っており、Rosetta API(取引所がCardanoブロックチェーンと対話するための共通インターフェース)はマルチアセットをサポートするように更新される予定です。

メタデータ・レジストリ

ここでは、メタデータの概念について説明する価値があります。カルダノでは、メタデータとは、人が読めるネイティブアセットの記述である。これらの資産は、人間が読めない識別子を使ってオンチェーンに保存される。この情報の読み取り可能なバージョンは、ブロックチェーンの外にあるパブリック・トークン・レジストリに保存されている。これらのレジストリは、当初はIOGによって管理されていましたが、最終的にはコミュニティが所有し、設定することができるようになり、カルダノの目指す分散化のもう一つの層を可能にします。コミュニティがこれらのレジストリを所有し、設定できるようにすることで、コミュニティがデータセットを完全に信頼できることを保証します。

メアリーはもうすぐそこまで来ている

Mary のコードベースは、2 月末までに mainnet にデプロイされる予定です。Maryの到着は、コミュニティがこれらの新しい機能の恩恵を受けることができるようにするための一連の進化の段階の最初のものです。

  • 昨日、Goguenの「Mary」コードをCardanoテストネットにデプロイすることに成功しました。
  • Cardanoエクスプローラー(Cardanoネットワークからブロックチェーンやトランザクション情報を取得して提示するツール)も更新され、昨日品質保証テストのためにリリースされました。
  • また、ウォレットのバックエンドをテストするために、Daedalusウォレットの基本バージョンをデプロイしました。
  • 2月中には、Daedalusウォレットは、新しいバックエンドインターフェースとの統合を含め、複数のトークンの送受信や閲覧をサポートするように更新される予定です。
  • メタデータ登録(ユーザーが提出したメタデータを保存するGithubリポジトリ)は、今月後半にオンライン化される予定です。
  • テストネットの段階から、当社のテクニカルサポートデスク(TSD)によるサポート、トークンを閲覧・取引するための特定のテストネットウォレット、トークンにメタデータを追加するためのレジストリの使用があります。また、コミュニティチームが運営する専用の開発者サポートプログラムもあり、参加を希望する開発者をサポートしています。


Goguen ‘Mary’の配備は、Cardanoの旅の重要な段階を示しています。メアリーがネットワーク内で彼女の暗号キーを回転させると、ユーザーが無数のアプリケーションのために独自のトークンを作成するためのメカニズムのロックを解除します。

分散型金融(DeFi)、その他数え切れないほどのビジネスユースケース

来週には、コアとなるネイティブトークンの機能とユーザーが期待できることについて、もう少し深く掘り下げたブログ記事を公開する予定です。Goguenの展開に合わせて、Twitterをフォローしたり、YouTubeチャンネルを購読したりして、最新の情報を入手してください。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。