ニュース, ブログ, ...

カルダノのアロンゾ(Alonzo)アップグレードは2021年第2四半期に実現する見込み

Investingがカルダノのアロンゾ(Alonzo)アップグレードについてのスケジュールを伝えています。アロンゾ(Alonzo)アップグレードはカルダノのプラットフォームにスマートコントラクト機能をもたらすロードマップの一角ゴウグエン(Goguen)の最後の(三度目の)ハードフォークとなります。

これによりカルダノは事実上”イーサリアム・キラー”としての準備が完成することになります。

下記の記事はInvestingの記事「Cardano’s Alonzo upgrade expected to happen in Q2 2021」を翻訳したものです。

カルダノのアロンゾ(Alonzo)アップグレードは2021年第2四半期に実現する見込み

By BTC Peers 2021年04月08日05時30分:日本時間

カルダノのアロンゾ(Alonzo)アップグレードは2021年第2四半期に起こることが予想されるカルダノのアロンゾ(Alonzo)アップグレードは2021年第2四半期に起こることが予想される。

カルダノの開発チームは、近日中に予定されているアロンゾハードフォークの詳細を発表しました。カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は以前、ハードフォークの暫定的な日程を2021年3月末までに発表すると述べていた。

3月のカルダノ360プログラムでアロンゾの暫定的な日付を発表するはずです

チャールズ・ホスキンソン (@IOHK_Charles) 2021年3月1日

しかし、IOGが発表した木曜日の記事では、アロンゾ(Alonzo)のアップグレードは2021年8月か9月頃になると予想されています。このアップグレードでは、4週間のコードフリーズが行われます。IOGが発表したスケジュールを考えると、開発チームは2021年6月までに当該フリーズ期間中のコードを準備する予定です。

アロンゾ(Alonzo)アップグレードは、シェリー(Shelley)からゴウグエン(Goguen)への移行に伴う、カルダノの3回目のメジャーアップグレードです。これまでの2つのアップグレード、すなわちアレグラ(Allegra)とメアリー(Mary)では、開発者はカルダノ上でネイティブトークンを作成することができましたが、アロンゾ(Alonzo)では、ビジネスアプリケーション、正確にはPlutusで書かれたスマートコントラクトを作成するためのツールが提供されます。

開発者たちはこう説明する。

3月の初めに、我々はメアリー(Mary)を実装しました。これはマルチアセットプロトコルのアップグレードで、ユーザーはカルダノ上で取引のためのユニークなトークンを作成することができます。トランザクションメタデータの導入、12月のアレグラ(Allegra)によるトークンロック、そしてネイティブトークンの作成により、私たちはカルダノをスマートコントラクトのリーディングプラットフォームとして確立するための基礎を築いています。

アロンゾ(Alonzo)は、これらの機能をベースにしています。アロンゾ(Alonzo)は、アレグラ(Allegra)とメアリー(Mary)のハードフォークによって実現された既存の機能に加えて、今から約4ヶ月後にはスマートコントラクトのサポートを可能にする予定だという。

これにより、スマートコントラクトや分散型金融(DeFi)のための分散型アプリケーション(DApps)の作成が可能となり、企業や開発者にチャンスが広がります。

カルダノは、しばしば “イーサリアムキラー “として注目されています。このプロジェクトは、時価総額の点ではまだイーサリアムに遠く及ばないものの、フリッピング(*Flippening:ここではカルダノが伊サーリアムを追い越すことの意味)は手の届かないものではないかもしれない。カルダノは、スマートコントラクトがグローバルな分散型台帳としての進化の次の段階であると強く信じている。彼らによれば。

マルチアセットに対応することで、ユーザーはビジネスニーズを満たす独自の通貨を作ることができますが、アロンゾはスマートコントラクトを構築するための汎用的なプラットフォームを導入します。エスクローベースの分散型暗号通貨取引所(DEX)の展開や、中央集権的な安定したコインをサポートする複雑なアプリケーションの作成など、さまざまな分野が考えられます。

IOGが共有しているロードマップによると、IOグローバルチームは、3月からアロンゾ(Alonzo)ルールとカルダノノードを組み合わせる作業を開始しました。これは4月まで続きます。

4月中旬から5月上旬にかけては、プライベートテストネットを立ち上げるため、Plutusの開発に力を注ぎます。

そして5月には、認定プログラムの研修生と協力して、アプリケーションの作成とデプロイを開始します。

5月から6月にかけて、プロジェクトは品質保証とテストの段階に入ります。

その後、4週間のフリーズ期間を経て、プロジェクトは終了します。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。