エポックな日々, ニュース, ...

NFT市場の状況やビジネスについての考察:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック273

NFT市場の状況やビジネスについての考察

「Cardano360 – June 2021」では、アロンゾの進捗状況をはじめ多くの情報が公開され、アロンゾ・ブルーからアロンゾ・ホワイトへの移行はもうすぐであることがアナウンスされました。非常に高度で難しい作業を継続中のカルダノですが、準備は着々と順調に進められているようですね。

今回の動画では、NFTについての市場の状況やビジネスについての考察も語られており、今年8月後半にカルダノ・プラットフォームに搭載されるスマートコントラクト技術によって、カルダノ・エコシステムにおいて大きなビジネス要素であるNFTについても、重要な進展がもたらされる可能性が大きいため、「Colin Edwards氏とJonah Koenigseker氏によるNFTについての考察」から、どのようにしてカルダノの技術が今後のNFT市場の成長を後押しするのかについて、現在のNFTの市場動向と今後の展開と共にお伝えします。

まずはNFTとは何か?

まずNFTとは何かについて簡単におさらいです。NFTとはNon Fungible Token:非代替性トークンの略で、ブロックチェーンを活用することで、複製が可能なデジタルデータに対し、唯一無二な資産的価値とその所有権を付与し、新たな売買市場を生み出す技術です。NFTが付与されても、デジタルデータは何らかの方法(普通にコピー)でも複製は可能ですが、その唯一無二性(一点物)とその所有権を主張できることに意味があります。

またそこに様々なメタデータを付与することで、考えうる多くの新しいビジネスモデル、市場をもたらすと考えられます。

クオンティタム・ストラテジスト(Quantitative Strategist)担当のColin Edwards氏は動画の中でNFTは、”データを情報に変え、情報を知性に変える”ことであると表現しています。(うん、なんてエクセレントな表現!)

NFT市場の状況

IOGのマネージャーでビジネス・インテリジェンス担当のJonah Koenigseker氏によると、クリプトキティーから始まった3年前のNFT市場全体の規模は4200万ドルでしたが、2022年末には705%増の3億3800万ドルの価値に成長しています。そして、今年2021年は、1月と2月だけで、3億1000万ドル相当の150,000個以上のNFTトークンが販売され、世界のコレクターズアイテム市場の規模は推定で3億700万ドルと言われています。

ロイター通信によると第1四半期に急拡大のNFT市場は、4月は減速していますが、カルダノの先進的でよりユーザーエクスペリエンスを拡張したプラットフォームとスマートコントラクトの登場により、より本格的なNFT市場が登場すると考えられます。

実際のNFT市場にはどんなものがあるの?

それでは、NFT市場にはどんなものがあるのでしょうか?大雑把にいうとデジタルと現実世界の融合を助けるものとして、NFTが使われるということです。そういう意味でNFT市場は考えうる限り無限であるとも言えます。

現在のNFT市場は、間違いなく確実に成長しており、NFT市場は多くの可能性を秘めていますが、実際にNFT市場にはどのようなユースケースあるのでしょうか?

Jonah Koenigseker氏は、「コミックのような典型的なものからおもちゃ、クラッシックカー、本、軍事コレクションまで様々なものがあります。」と述べています。

特に今回Jonah Koenigseker氏は、主にスポーツ関連のユースケースについて下記のように話をしていますが、スポーツの分野だけでも、多くのマネタイズやユースケースが可能で、Koenigseker氏の話をスポーツ以外の分野と置き換えても、多くのアイディアがたくさん生まれてくるだろうとことは容易に推測できます。

Jonah Koenigseker氏は次のように説明しています。

スポーツ関連は興味深いものがたくさんあります。例えば、世界中のフットボールファンのための物理的なカードなど従来の伝統的コレクターズ・アイテムから、インタラクティブに選手と繋がり、ビデオ・ファンタジーゲームで自分のチームを作り、ラインナップを作成し、キャプテンを選び、実際にポイントを獲得できるというようなものまであります。

例えば、ビデオゲームとFIFAを融合させることで、体験をインタラクティヴ(相互)にすることができます。またゲームだけでなく、AIやVRを使ってNFTが役割を果たすビジネスモデルを新しく創造することが可能なようです。

さらに、Koenigseker氏は、NFTだけではなくソーシャルプラットフォーム上で、ファンジブル・トークンを絡めて展開し、ユーザーがこれを獲得し、チームの決定に影響を与えるだけでなく、報酬も獲得できると説明しています。

このようにサンドボックスと呼ばれる仮想空間の中でNFTが使われ、ユーザーが自分の経験を収益化する仕組みが出てきているようですが、これからeスポーツ、仮想空間、ゲーム市場と、リアルのスポーツやエンターティメントが、NFTによって融合する新しいマーケットが誕生し発展する未来がすぐそこにきているようです。実際に2018年のワールドカップに関するこのようなDappsは10種類ほどあるとのことです。

そして、ワールドカップの管理団体であるUEFAは、パンデミックの影響で実際の使用量は少なかったものの、ユーザーがアトミックスワップによりチケットを交換したり、譲渡することができるなど、スポーツの分野に限らず音楽市場でも、様々なNFT技術を用いたチケット販売の実証実験が行われているとのことでした。

フィジカルな買い物はどうする?そのような場合にもNFTを使用することができます

そして、話はNFTを用いたフィジカルな買い物市場についても話が及んできます。

Koenigseker氏は、「物理的アイテム・商品が実際に本物であるかどうかについて追跡する方法にもNFTは用いられ、将来はリアルタイム監査も可能になる」と述べています。

またこれらはデジタルと実物(フィジカルな物)の双子のようなものに対して、希少性と価値を計算するためのデータを提供します。このようにしてNFT技術を用いて、高級ハンドバッグ ジュエリー 高級ワイン、スニーカーなど、そういった物理的アイテム類の販売にも使うことができると述べています。これは転売する際に、正当な所有権を証明することができ、このような市場は未開拓の市場として大変有望であり、NFTはその助けになると述べています。

このようなNFTを使用したデジタルと物理的アイテム類をツィンにしたビジネスユースケースは、まだまだ少ないですが、将来は物理的な世界とデジタルな世界を融合させるハイブリッド型NFTマーケットプレイスが出てくると考えられると述べています。

さらに、いくつかのプロジェクトでは、物理的なアイテムにコールド・ストレージ・ウォレットを埋め込むことができるとし、これには多くの利点があるとKoenigseker氏は考えているようです。

これは将来の可能性を秘めていると思います。過去の世界との融合、物理的な世界と未来の世界の融合です。

また高価なものを分割して所有することが可能です。例えば、クラシック・カーのような大変効果な物理的な買い物にもNFTは使えるようです。

23万ドルもする車を購入したくても、300、400ドルしか持っていません。このような場合は、分割して所有することが可能です。

このようにして普通のモノの購入についても、NFTを活用することで、これまでにはない様々な方法で所有し活用することが可能になります。

伝統的ビジネスプレイヤーも、新しい市場を開拓できる

また伝統的ビジネスプレイヤーも、彼らの新しいビジネスモデルにNFTを使えば、これまでなかった市場に参入できるようになるようです。

伝統的なビジネスの報道機関のようなCNNやAFP通信は、デジタル・アーカイヴをたくさん持っており、例えばオリンピックのデジタル動画や写真などのアーカイブを、別の新しい販売チャンネルを見つけ出し、マネタイズが可能になります。

このようにNFTを用いることで、様々なビジネスに応用し新しいマネタイズが可能になります。

カルダノの技術がNFT市場を更に成長させる

現在は、スマートコントラクトの拡張性、手数料の高騰、予測できない手数料の問題で、全てが簡単にできるわけではないようです。しかしこれらの問題をカルダノのプラットフォームは、解決することが可能だと述べています。

具体的にはカルダノの先進的で安定したスマートコントラクト技術によるものと、カルダノのバベルフィーにより手数料が安く抑えられ、手数料が予測可能になるなどの技術的なメリットにより、これらの新しい市場を大きく後押しする可能性が高いと考えられます。

NFT技術は、私たちのデジタルライフだけでなく、物理的なアイテムの購入体験や世界とのつながりをも変えてくれ、Edwards氏が述べたように、”データを情報に変え、情報を知恵に変える”ことが可能な未来がすぐそこに来ています。そういう意味でも本当にますますカルダノのアロンゾ・ハードフォークが楽しみですね!

そして、最後にもう一つ大事なことがあるようです。Edwards氏が次のように述べて動画を締め括っています。

それはNFTを活用する技術も必要ですが、何よりも長期的なビジネスとして意味のあるビジネスプランを作成する能力が必要になるということではないでしょうか?

NFTがもたらす世界は結構奥深そうですね!

最後にお願いです。ADAを持っている人は全員、カルダノネットワークのステークを持っています!そしてそのことで誰もがステーキングに参加するだけで、報酬を受け取ることができます。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。
ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック273

カルダノの価格には大ブレイクが待っている、2ドルはもう達成可能か?

coinpedia.orgは現在調整状態にある暗号市場において、カルダノの価格は、より高いレベルに向かって再挑戦する可能性のある大きなブレイクアウトの可能性を示しており、2ドル達成の可能があることを記事で伝えています。

チャールズ・ホスキンソン氏、カルダノは2022年のワイオミング州の共和党・民主党の予備選にそのブロックチェーンを使用させることを計画

5時間にわたるLex Fridman氏によるチャールズ・ホスキンソン氏とのインタビュー「Charles Hoskinson: Cardano | Lex Fridman Podcast #192」で、チームが2022年の共和党・民主党の予備選にカルダノのブロックチェーンを使用させることを計画していることを明らかにしたことをheraldsheets.comが伝えています。

ポルカドットがカルダノについてのこの会話に役立つ理由

5時間に及んだLex Fridman氏のチャールズ・ホスキンソン氏とのインタビューを収めたポッドキャストショーで、カルダノの開発を担当したIOHKのチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、カルダノの最も近いライバルであるポルカドット(Polkadot)について意見を述べました。彼は、ポルカドットの急成長とその開発、特にその商業的な側面に感銘を受けたようだとAmbcrypto.comが伝えており、

さらにlIOGにはビジネスインテリジェンスや比較分析を行うチームがあり、ポルカドットのコードをフォークして、プライベートバージョンを走らせ分析することで、よりよりコード実装や新しいインスピレーションを得るための計画を持っているとAmbcrypto.comが伝えています。

こうしたライバルの技術にも注目して、より良いものにする姿勢は、よりカルダノを強くすることにつながるでしょう。

カルダノ($ADA)の創設者、Dogecoinの修正とイーロン・マスクのDOGEへの関心について語る

6月17日に公開された「Lex Fridman Podcast」のエピソード#192で、MITのAI研究者であるLex Fridmanとの会話の中で、チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏がテスラのCEOであるイーロン・マスク氏のお気に入りの暗号通貨であると思われるDogecoin($DOGE)について語った内容をcryptoglobe.comが伝えています。

カルダノ、ポルカドット:なぜこれらの「イーサリアム・キラーズ」がETHよりも上位にランクインしているのか?

金融格付け会社のWeiss Ratings(ワイス レーティングス)が運営するweisscrypto.comで、暗号通貨プロジェクトを技術面で評価するリストが発表され、カルダノが堂々の一位を獲得しました。これをambcrypto.comが伝えています。

カルダノのクリエーター、チャールズ・ホスキンソンがビットコインは自分自身の最悪の敵だと言う理由はここにあります。

5時間に及んだLex Fridman氏のポッドキャストに出演したチャールズ・ホスキンソン氏のインタビューで、「ビットコインは自分自身の最悪の敵だ」と言う理由について語ったことをzycrypto.comが伝えています。

カルダノ(ADA)はいつ、どのようにスマートコントラクトを導入するのか?90日以内に

レックス・フリッドマン(Lex Fridman)氏によるインタビューで、カルダノ (ADA)がいつどのようにスマートコントラクトを手に入れるのかという質問に対して、チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、「こまで来るのに長い時間がかかりましたが、あと90日で到着します」と答えたことをelevenews.comは伝えています。

チャールズ・ホスキンソン氏、カルダノと「素敵な」競合他社ポルカドットとの主な違いを強調

5時間にも及ぶ人工知能研究者のLex Fridman氏のポッドキャストで、チャールズ・ホスキンソン氏が、カルダノが競合のポルカドット(Polkadot)とどのように違うのかについて語った見解をDaily Hodlが伝えています。

「Charles Hoskinson: Cardano | Lex Fridman Podcast 192」関連記事リスト

ホスキンソン氏:カルダノとDogecoinが一緒に仕事をしたら、とても楽しいでしょうね。

Lex Fridman氏のポッドキャストに出演したチャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノとDogecoinが一緒に仕事をしたら、とても楽しい出ようと語った内容をheraldsheets.comが伝えています。

「Charles Hoskinson: Cardano | Lex Fridman Podcast 192」関連記事リスト

アフリカでもカルダノ(ADA)の大型案件が進行中

IOGのアフリカ・オペレーション・ディレクターであるジョン・オコナー氏によると、決済とオープンファイナンスに関するもので、もう一つの重要な契約が進行中とcryptoslate.comは伝えています。

また今回のニュースは、グローバルなブロックチェーン・ネットワークとしてのカルダノを拡大するための、もう一つの重要なステップであることは間違いないと伝えています。

創始者チャールズ・ホスキンソン氏によれば、カルダノがどのように失敗するかは以下の通り

チャールズ・ホスキンソン氏が、Lex Fridman氏のポッドキャストでインタビューを受け、約5時間のディスカッションの中で、もしカルダノが失敗するとしたらどのようなことかを語った内容についてnewsbtc.comが伝えています。

今年年末頃に出版予定のカルダノのバイブルともいうべき「マスタリング・カルダノ」の打ち合わせ会議が行われる
チャールズ・ホスキンソン氏は、シンギュラリティ前の後期の偉大なビジネス/テクノロジー精神の一人として語り継がれる
スマートコントラクト「アロンゾ」を全面的に活用する、カルダノアフリカの大規模パートナーシップが始動

もう一つの大きなカルダノアフリカのパートナーシップが構築されつつあり、アロンゾ(Alonzo)・スマートコントラクトを完全に活用する予定であるとheraldsheetsは伝えています。

画期的なカルダノのスマートコントラクトが動き出した!ADAに何が起こるかを見てみよう

zycrypto.comは、カルダノの人気は、新機能を順次導入(アップグレード)することで、最終的にはさまざまなスマートコントラクトの立ち上げをサポートするという、複数の立ち上げを成功させていることにあるとし、このスマートコントラクト実装プロジェクトにより、ADAの価値は2021年5月16日に達成した史上最高値の2.46ドルよりもさらに上昇することが期待されていると伝えています。

カルダノ創業者、イーサリアムがビットコインを追い越すと予測

チャールズ・ホスキンソン氏は、暗号について、なぜイーサリアムが近い将来にBTCを追い越す準備ができていると考えているのかを語った内容についてdcforecasts.comが伝えています。

カルダノ・エポック273終了時点ステーキング状況

SIPOエポック273ステーキング報告

[SIPO]2900個目のブロック生成に成功
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック273ステーキング報告
SIPOエポック273ステーキング報告
SIPO2エポック273ステーキング報告
SIPO3エポック273ステーキング報告

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。