IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:ブロックチェーンガバナンスの体系化

IOGブログでは、「ブロックチェーンガバナンス」に関するIOGの研究と、このような多様な分野を体系化する方法、この理解をカルダノに適用し、業界のために進むべきいくつかの可能性を垣間見ることができます。

以下はIOGに掲載された記事「Systematizing blockchain governance」を翻訳したものです。

ブロックチェーンガバナンスの体系化

by Philip Lazos 2022年9月29日

ブロックチェーンシステムの当初の目標は、金銭取引に関する分散型コンセンサスを実現することでした。これまでのところ、これは成功しており、さまざまなプラットフォームがさまざまな分散化レベルを提供しており、中にはかなり強固なものもあります。ブロックチェーンはその後、ビットコインが当初意図した以上のことができるように拡張されました。

しかし、「コード・イズ・ロー:code-is-law」の考え方が依然として蔓延しており、コミュニティのニーズと対立することも少なくありません。伝統的に、ハードフォークはこのような不整合の解決策となり、ビットコインもイーサリアムもその運命を免れることはできませんでした。哲学的には、これは合理的であり、おそらく避けられないと主張することができます。おそらくこの立場は、その結果がそれほど劇的でなければ、より簡単に擁護できるだろう。エンジニアの才能と計算資源は分裂し、デジタル資産は重複し、多くの両義的なユーザーが移行先の選択を迫られ、プロジェクトを後退させ、不正行為の機会を作り出しています。

このブログ記事では、Input Output Global, Inc. (IOG) の「ブロックチェーンガバナンス」に関する研究、特に、このような多様な分野を体系化する方法、この理解をカルダノに適用し、業界のために進むべきいくつかの可能性を垣間見ることができます。この分野の最初の出版物の1つである「SoK: Blockchain Governance」は、より深い掘り下げを提供しており、今後、さらに多くの出版物が登場する予定です。

堅牢なガバナンスシステムの確立

現代のブロックチェーンの多くは、オンチェーンまたはオフチェーンガバナンスの何らかの形態を正式に採用することを選択しており、これはより堅牢でエレガントな代替案と言えます。もちろん、伝統的な形態の政府、民主主義、投票の背後には膨大な文献があり、現在のガバナンス設計に影響を与えています。しかし、最終的な目標は似ていても、ブロックチェーン間には多くの違いがあります。

IOGでは、7つの異なる特性を用いて、ガバナンスのアプローチを抽出することを試みています。どんな複雑な設計でもよくあることですが、こうしたアプローチには大きなトレードオフがあり、その適切なバランスが各ガバナンスシステムに特定の特徴を与えるのです。特性はさらに4つのカテゴリーに分類され、次の図に絵的に表現されています。

ブロックチェーンガバナンスの特性:
図1.ブロックチェーンガバナンスの特性 ブロックチェーンガバナンスの特性

深く掘り下げる前に、ガバナンス・システムの「内部構造」はこの体系化の一部ではないことを強調しておく必要があります。基礎となるシステムが財団、DAO、ガバナンストークンなどを使用するかどうかは、これらの特性の良い組み合わせを実現することにのみ関心があるのです。さらに、「審議」と「実行」というキーワードがグレーアウトしていることに注目してください。どのようなガバナンスシステムにとっても重要ではあるが(例えば、投票者が十分に情報を与えられ、計画された決定が実行されることを保証する)、これらは我々の範囲外であり、その焦点はこれら二つの特性の間のプロセスにあり、それらが完全に満たされることを仮定している。最後に、これらの性質をすべて「満たす」ことがガバナンスシステムを完全なものにするわけではないことに留意することが重要である。しかし、これらすべてを検討し、どれを追求するかを慎重に決定することが重要である。

以下では、これらの性質について簡単に説明する。

参政権

まず最初に考えるべきは、どの利用者が有権者あるいは代表者としてガバナンスに参加できるかを決めることであることは明らかである。これは(何千年にもわたる人類の歴史がそうでないことを証明しているにもかかわらず)単純に見えるかもしれませんが、ブロックチェーンシステムでは非常に困難です。暗号通貨との関わり方には、コンセンサスプロトコルに参加する(ハッシュパワーなどの基礎となるリソースを提供する)、あるいは株式を所有するなど、さまざまな方法があります。分散型金融(DeFi)アプリケーションでは、これらの役割はさらに多様化する可能性があります。さらに、偽名でのやりとり、シビル攻撃の可能性、別のブロックチェーンへの切り替えの容易さを考えると、投票者は一般的に平等に扱われず、あるチェーン上のリソースのシェアに応じて重み付けされます。我々は、最も一般的な参政権の種類を特定します。これらは、トークンベースとマイニングベース、実力主義(過去の積極的な貢献があれば権利が保証される)、IDベースであり、これは人称証明と関連しており、匿名性との衝突を考えるとまだ真剣に検討されていない。

パレート効率

誰が投票権を持つべきかを決定したら、次のステップは、彼らの好みを行動に移すことである。予想通り、これは言うは易く行うは難しで、現実的な障壁と数学的な障壁の両方がある。理論的な面では、「最良の」(あるいは最も望ましい)結果を定義することさえ不可能であることが証明されている。典型的な仮定は、すべての投票者がすべての選択肢を含むランキングを持っていて、それが選ばれた場合にその投票者がどれだけ幸せになれるかを表す数値スコアと結びついている可能性もあるということである。これらの選択肢は、候補者であったり、国民投票の結果であったりする。直感的には、「最適な」候補とは、すべてのペアワイズ(またはヘッズアップ)選挙に勝利する候補と定義することができる。この候補はコンドルセ勝者と呼ばれるが、常に存在するとは限らない。実際、3つ以上の選択肢がある場合、理想的な投票メカニズムは存在しない。大雑把に言えば、有権者が戦略的に自分の好みを偽って利益を得るか、(コンドルセ勝者を選ばないことよりも)はるかに基本的な性質が破られるかのどちらかである。このような結果は数多くあり、アローの定理(Arrow’s Theorem)が最も有名である。

その代わりに、投票ルールはより弱い保証を捕らえようとする。パレート効率は間違いなく最も弱いものである。投票ルールは、選択された代替案が他のものよりも厳密には悪くない場合に、これを満足する。厳密に悪いというのは、すべての投票者が無関心であるか、他の選択肢を好むことを意味する。統治システムには多くの投票規則(住民投票や議会選挙など)が含まれているため、明らかに最適でない代替案が選ばれる可能性がどの程度あるのか、またそれがどの程度悪いのかを判断することが我々の焦点となる。

機密性と検証可能性

この2つの特性は、結果を正当化し、利用者がガバナンスシステムに寄せる信頼を支えるためのものである。高いレベルでは、どちらも簡単なことです。機密性は、さらに機密性(敵対者が投票を観察することによって何も知ることができない場合)と強要耐性(投票者が自分の行動を攻撃者から実際に欺くことができる一方で、自分が望む投票をひそかに行う場合)に分解することができます。これらの特性はいずれも技術的に困難であり、一般的には、投票者の仮名が投票者に結びつかないことを前提とした弱い形の秘密性しか満たされない。これらの特性は、検証可能性とは相反するものである。投票が安全であればあるほど、情報を漏らさずに結果を独自に検証することが難しくなります。

説明責任と持続可能性

これまでのところ、上記の特性はガバナンスの単一の「ラウンド」において適用される。説明責任と持続可能性は、長期的かつ効果的な参加を動機付ける補完的な性質である。特に、アカウンタビリティとは、有権者(あるいは一般的な意思決定者)が自分たちのもたらした変化に対して責任を持つことである。そのためには、結果の質を判断する必要はなく、よりマイルドな形をとることが可能である。例えば、ある提案に賛成した有権者は、一定期間、資金を引き出せなくしたり、別の変更に投票できなくしたりすることが可能である。裏を返せば、(投票、管理、開発など)参加することで報酬が得られるのであれば、ガバナンスシステムは持続可能であると言える。これらの側面には時間と物質的な投資が必要であり、コインの価値の上昇だけに頼らず、間違いなく直接的に報われるべきです。多くの場合、この目的のためにオンチェーン・トレジャリー・アプローチが使用される。

活力

パズルの最後のピースは、ガバナンスシステムが緊急性のあるインプットを取り込む能力である「活発性」によってもたらされます。これまでのところ、DAOのハッキングはガバナンスの反応が鈍かったことが一因であり、Beanstalkの悪用は超党派の場合の特定の即時行動条項が引き金となったという両極端の現象が観察されている。これらの例から明らかなように、livenessは必要な特性ですが、一般的にはコストがかかります。予期せぬコーナーケースを回避するために、しばしば緊急停止機能だけが提供されることがあります。これにより、ブロックチェーンシステムの攻撃対象を大幅に増やすことなく、ユーザーが対応するために必要な時間を確保することができます。

評価

以下の表では、ガバナンストークン、議会選挙、財務省など、現在のアプローチを幅広く代表するように選ばれた、いくつかの著名なブロックチェーンのガバナンス面の評価を見ることができます。

ブロックチェーンガバナンス特性評価

最後に、堅牢なガバナンスシステムを確立するためには、上述した特性をそれぞれ検討しつつも、主に特定のシステム設計により適したものを中心に、うまく組み合わせて実現することが重要である。

詳細な概要については、Aggelos Kiayias教授とPhilip Lazosによる「SoK: Blockchain Governance」を参照してください。なお、本稿は2022年9月19日~21日にMITメディアラボで開催された第4回ACM conference on Advances in Financial Technologies (AFT’22) でも発表された。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。