IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:カルダノを開発したIOGとエジンバラ大学、ブロックチェーンのスケーラビリティとセキュリティを向上させるZK-Labを開設

カルダノを開発したIOGとエジンバラ大学は、ブロックチェーンのスケーラビリティとセキュリティを向上させるZK-Lab(ゼロ・ナレッジ・ラボ)の立ち上げを発表しました。

ZK-Labは、エジンバラ大学情報学部を拠点に活動する予定で、ブロックチェーンの機密性の未来として多くの人が注目しているゼロ・ナレッジ・プロトコル技術の研究に焦点を当てます。研究所の目的は、ゼロ・ナレッジ証明とその他のゼロ・ナレッジ・プロトコルを原理的に調査することです。

また、ゼロ・ナレッジ証明は、ポスト量子暗号などの分野でプライバシーを強化する技術への応用も可能になるとのこと。

2017年に開設した「The Blockchain Lab」に続くもので、IOGとエジンバラ大学が提携して開設する2つ目のラボとなります。

以下はIOGブログに掲載された記事「Cardano builder IOG and University of Edinburgh launch Zero-Knowledge Lab to drive greater blockchain scalability and security」を翻訳したものです。

カルダノを開発したIOGとエジンバラ大学、ブロックチェーンのスケーラビリティとセキュリティを向上させるZK-Labを開設

by Fernando Sanchez 2022年11月18日

  • VNew ZK-Labは、ブロックチェーンの機密性の未来として多くの人が見ているゼロ・ナレッジ・プロトコル技術の研究に焦点を当てます。
  • IOGとエジンバラ大学が提携して開設する2つ目のラボとなります

2022年11月18日、英国エジンバラ:英国有数の大学であるエジンバラ大学に、ゼロ・ナレッジ・プロトコル技術の開発に焦点を当てた新しい研究室が本日開設されました。この研究室は、世界をリードする持続可能なブロックチェーンプラットフォームであるカルダノの生みの親の一人であるInput Output Global, Inc.(IOG)からの資金提供を受けて開設されます。研究所の目的は、ゼロ知識証明とその他のゼロ知識プロトコルを原理的に調査することです。

ゼロ・ナレッジ証明、より一般的にはゼロ・ナレッジ・プロトコルは、ブロックチェーンの拡張性、安全性、機密性を高める暗号技術であり、情報を受信者以外に明かすことなく検証することを可能にする技術です。例えば、学歴や住所、出生地などの詳細な情報を共有することなく、潜在的な雇用主に対して就労資格を証明することができるようになります。その開発は、さらに安全なブロックチェーン・ネットワークを構築するための鍵となり、他のWeb3プロジェクトにおける重要な構成要素となる可能性があります。

ゼロ・ナレッジ・プロトコルは、ユーザーのデータのコントロールをユーザー自身の手に戻すだけで、個人識別の保護にとどまりません。ケンブリッジ・アナリティカ事件後の時代には、個人データの悪用に関する懸念、特にこのパーフェクト・ストームを作り出したハイテク企業による懸念は、最前線かつ中心となっています。このため、サプライチェーン、ヘルスケア、金融など、個人情報のセキュリティが不可欠な業界の変革には、ゼロ・ナレッジ・プロトコルが不可欠なのです。

IOGからの資金提供により、学者、学生、IOGのような産業界のパートナーは、ゼロナレッジの基礎と応用に関する研究を行うためのリソースを確保することができます。このラボでは、セキュリティとパフォーマンスの両面から、より大規模なシステムへの技術のスケーリングに特に重点を置く予定です。ゼロ知識ラボ(ZK-Lab)は、エジンバラ大学情報学部を拠点に活動する予定です。

ZK-Labは、ゼロ・ナレッジ証明の研究とともに、より安全でプライベートな分散型ブロックチェーンを構築するという目標達成のために、さまざまな暗号技術や信頼できるハードウェア技術、プロトコルを研究します。そのうちの1つがMulti Party Computationsで、当事者が非公開のまま入力に対して関数を共同計算する方法の確立を目指します。

今回の資金提供は、ゼロ・ナレッジ・プロトコルの開発を推進するというIOGの目標の一環として行われ、定評ある研究者と160以上の論文ライブラリーを基盤にしたものです。IOGは、ZK-Labへの資金提供だけでなく、ゼロ・ナレッジ・プロトコルの専門家であるVanishree Rao博士を応用暗号の責任者に任命したことも発表し、この技術の発展へのコミットメントを表明しています。

IOGがエジンバラ大学と提携して開設した研究室は、今回で2つ目となります。2017年に開設した「The Blockchain Lab」に続くもので、産業界から着想を得た問題に焦点を当て、学者と学生を集めてブロックチェーンの研究開発を共同で行っています

IOGの応用暗号学部長であるVanishree Rao博士は、次のように述べています。

学術的で査読のある研究開発は、IOGで行うすべてのことの中心であり、安全でセキュアで効果的なブロックチェーンエコシステムを作るために不可欠であると信じています。このため、私たちはエジンバラ大学からスタンフォード大学まで、学術機関に投資を続け、最高の頭脳に新しいイノベーションを推進するためのツールとリソースを提供できるよう支援しています。

“ゼロ・ナレッジ証明 “の技術は大きな可能性を秘めており、ZK-Labはその開発を継続するためのハブとなり、学者や学生にスペース、時間、資金を提供し、その成長を支援することができるのです。また、すべての人にとってより良いブロックチェーンを作るために協力できることを誇りに思うエジンバラ大学との関係を継続的に発展させることができます。

ZK-LabのディレクターであるMarkulf Kohlweiss博士は、次のように述べています。

ゼロ・ナレッジ証明技術とその可能性は、私たちのデータをオンラインで保護すると同時に、安全で信頼できる取引や交流を実現するもので、オーストリアの小さな大学を卒業する前から私を魅了し続けています。ゼロ・ナレッジの理論的な可能性が実際に実現されているのを見るのは、本当に素晴らしいことです。

ZK-Labへの投資により、私のチームはゼロ・ナレッジ証明の基礎をさらに研究するだけでなく、ポスト量子暗号などの分野でプライバシーを強化する技術への応用も可能になります。この仕事を通じて、よりプライベートで安全な、すべての人に利益をもたらすブロックチェーン技術の開発を支援します。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。