IOGブログ, ニュース, ...

IOGブログ:カルダノを開発したInput Output Global、エジンバラ大学で450万ドルの研究ハブを設置し、ブロックチェーンの未来に投資

カルダノ・ブロックチェーンの主要開発元であるInput Output Global, Inc.(IOG)は、ブロックチェーン技術の発展を加速させることを目的とした新しい研究プロジェクトに資金提供するため、エジンバラ大学に450万ドルの研究ハブ「Input Output Global Research Hub」を設置すると発表しました。

Input Output Global Research Hubは、エジンバラ大学とIOGの共同作業により、ブロックチェーンおよび分散型台帳業界における科学的知識の深化と研究の新基準の確立を目指すものです。

また、この寄付は、IOGの広範な学術プログラムの一環をなすもので、ブロックチェーン技術へのより深い研究と学習を、新興技術の業界標準とベストプラクティスを設定するための継続的な研究を促進することを目的としています。

IOGがスタンフォード、エジンバラ、カーネギーメロンにまたがるハブへの投資と資金調達を行ったことを受けての立ち上げとなります。

以下はIOGブログに掲載された記事「Cardano builder Input Output Global invests in the future of blockchain with $4.5m research hub at University of Edinburgh」を翻訳したものです。

カルダノを開発したInput Output Global、エジンバラ大学で450万ドルの研究ハブを設置し、ブロックチェーンの未来に投資

by Fernando Sanchez 2022年11月18日

  • 研究ハブは、ブロックチェーン技術へのより深い研究と学習を促進する。
  • IOGがスタンフォード、エジンバラ、カーネギーメロンにまたがるハブへの投資と資金調達を行ったことを受けての立ち上げ。

2022年11月17日、英国エジンバラ:カルダノ・ブロックチェーンの主要開発元であるInput Output Global, Inc.(IOG)は本日、ブロックチェーン技術の発展を加速させることを目的とした新しい研究プロジェクトに資金提供するため、エジンバラ大学に450万ドルの研究ハブを設置すると発表しました。この寄付は、IOGの広範な学術プログラムの一環をなすもので、新興技術の業界標準とベストプラクティスを設定するための継続的な研究を促進することを目的としています。

Input Output Global Research Hubは、エジンバラ大学とIOGの共同作業により、ブロックチェーンおよび分散型台帳業界における科学的知識の深化と研究の新基準の確立を目指すものです。このハブでは、大学の学生や研究者がこの技術に関する新しいプロジェクトを提案し、業界全体で基礎研究にさらに注力するとともに、この技術以外の分野の研究者がその能力をより容易に探求できるようにします。このハブは、IOGと大学の代表者からなる運営委員会によって運営され、プロジェクト提案の審査と資金配分が行われる予定です。

今回の設立は、IOGとエジンバラ大学との既存の関係に基づいており、これまでにも情報学部内にブロックチェーン・テクノロジー・ラボを設立しています。また、今年8月にスタンフォード大学でブロックチェーン研究ハブを立ち上げ、資金調達に成功したことに続き、IOGのチャールズ・ホスキンソンCEOがペンシルバニア州のカーネギーメロン大学に形式数学のホスキンソンセンターを設立するために2000万ドルを寄付したことも、このハブの設立につながりました。

同センターに提出される提案には、IOGの製品およびシステムに関連するものが含まれ、IOGのすべての製品に適用されている学術的厳密性と形式手法への強い注力を継続することができます。IOGの研究者は160以上の学術論文を発表しており、その多くが査読を受け、主要な学会で発表されています。IOGの研究チームには、エジンバラ大学情報学部のサイバーセキュリティ・プライバシー学科長であるチーフサイエンティストのAggelos Kiayias教授をはじめ、多くの一流の学識経験者が参加しています。

Input Output Globalのチーフサイエンティストであり、サイバーセキュリティとプライバシーのチェア、エジンバラ大学のブロックチェーン技術研究所のディレクターであるAggelos Kiayias FRSE教授は、次のように述べています。

Input Outputは、ブロックチェーン分野におけるパイオニアであり、基礎研究および応用研究の生産と支援の両面から取り組んでいます。IOGとエジンバラ大学情報学部の長期的なコラボレーションにより、プルーフ・オブ・ステークに基づく証明可能で安全なブロックチェーン・プロトコル群であるOuroborosから、プルーフ・オブ・ワークに基づくブロックチェーンのエネルギー効率問題を解決する道を開く、証明可能で安全なプルーフ・オブ・ユースフルワーク・プロトコルのObelimosまで、この5年間で多くの技術革新を実現してきました。

この新しい研究ハブの設立は特に歓迎すべきことであり、学際的研究に重点を置いて大学全体でこの研究を継続し、規模を拡大するための重要なマイルストーンとなります。

IOGのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、次のように述べています。

IOGは、以前からエジンバラ大学と連携しており、この新しい研究拠点によって、私たちの産業をさらに発展させることができると思うと、わくわくします。エジンバラのような一流の機関と協力してこのようなブロックチェーン研究ハブを設置することは、学術的厳密さを業界標準にするという我々のビジョンに不可欠です。このハブによる私たちの最終目標は、今後出てくる新しい学習に基づいて、ブロックチェーンの開発がより迅速に成長するようにすることです。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。