エポックな日々, ニュース, ...

CIP-1694がもたらすカルダノ新オンチェーンガバナンス:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック387

CIP-1694がもたらすカルダノ新オンチェーンガバナンス

2023年最後のロードマップのフェーズとなるVoltaire時代の到来

2023年はVoltaire時代が本格始動する年です。これまでカルダノの開発ロードマップは、基本的に次の5つのフェーズで進められてきました。

  • Byron:カルダノの基礎
  • Shelley:ブロックチェーンの非中央集権化
  • Goguen:ネイティブトークンとスマートコントラクトの導入
  • Basho:カルダノのスケーリング
  • Voltaire:自己持続性とガバナンス

IOGの記事『What IOG has delivered for Cardano』によれば、カルダノはすべてのブロックチェーンネットワークが直面する3つの戦略的課題であるスケーラビリティ、持続可能性、相互運用性に取り組むというビジョンを持って、2015年に始まり、2017年9月にカルダノの最初のバージョンであるカルダノByronが出荷されました。

その後カルダノは幾つかの重要なハードフォークを実行しながら、Shelley、Goguenのフェーズを経験しました。そして昨年2022年以降Bashoフェーズに突入し、ネットワークの最適化、スケーラビリティ、相互運用性に焦点を当てたアップグレードを進めています。そして今年2023年はBashoと並行して、最後のVoltaireフェーズを本格的にスタートさせました。

Voltaireフェーズは、カルダノの自己持続性のための分散型ガバナンスと意思決定のメカニズムを構築し、カルダノ・ネットワークを民主化するための完全な分散型エコシステムを推進します。最終的にはカルダノはもはや創設者の下にはなく、カルダノの未来はコミュニティの手に委ねられた真の分散型プラットフォームとなることを意味します。

具体的には、今後のカルダノのネットワーク開発のアップデート、技術的な改善、プロジェクトの資金調達を決定する能力であるシステムをカルダノコミュニティに提供します。既にこの作業は進行中で、これまで行われてきたProject Catalystの社会実験を行い、これに対応したエンジニアリングツールの設計を開始しています。

そしてカルダノ・コミュニティのための正式な設計文書であるCIPs(Cardano improvement proposals)は、Voltaire内でソーシャルコミュニケーションシステムとして展開され、カルダノ・コミュニティのガイドラインとなる正式な技術指向の標準、コード、プロセスを記述したリソースを透明かつオープンソースで提供するライブラリとして機能しています。

今回はこのVoltaireフェーズの要とされ、現在提案中の『CIP-1694』がもたらす新オンチェーン・ガバナンスについて、実際の提案文書『An On-Chain Decentralized Governance Mechanism for Voltaire』を元にお届けします。

私も実際に読んで100%理解できたわけではないのですが、翻訳してみてカルダノの分散型ガバナンスがどんなものかということだけでも大雑把に理解できました。今後のカルダノの将来性にもとても自信を持てそうな内容だったと感じています。

非常に長いですが、分散型ガバナンスは暗号の究極のコアバリューの一つであり、近々カルダノの分散型ガバナンスの重要な未来への一歩(新しい歴史)を踏み出すことになりますので、その準備段階として是非ご一読いただければと思います。

参考記事:これまでのカルダノ・ロードマップによる歩みを記した記事

CIPsとは?

CIPsはCardano Improvement Proposalsの略であり、Improvementは「改善」、Proposalsは「提案」で、日本語で「カルダノ改良提案」を意味します。

これらは各プラットフォームの新しい機能やプロセスに関する提案を規定する標準規格で、技術仕様の変更案が含まれており、コミュニティの 「信頼できる情報源」として機能します。またCIPsは、カルダノを使いやすくするために、誰もが提案することができ、発展に貢献することができます。

ちなみに、ビットコインはBIPs(Bitcoin Improvement Proposals)「ビットコイン改善提案」があり、イーサリアムには EIPs(Ethereum Improvement Proposals)「イーサリアム改善提案」があります。

例えば今や業界の標準ともいうべきNFT( Non-fungible token)の規格である「ERC721」は、2018年1月に提案されERC(技術文書)がコミュニティ内で(重要と判断された提案として)承認されると、正式な「EIP-721」として議論され採択後にイーサリアムに実装されました。 この「ERC721」規格を利用して発行されたトークンが「NFT」と呼ばれるようになり、イーサリアムだけでなく、他のブロックチェーンにも採用され広がっています。

最近、カルダノ創設者で開発会社IOGのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏が、1月3日(日本時間1月4日)のビットコイン14歳となる誕生日に、自身の動画『PFP, Art, and Sharing』を公開し、Web3.0におけるNFTの標準化をCNFTコミュニティがCIPsで実現する提案を行なっています。詳しくは下記の記事をご覧ください。

参考記事

カルダノのCIPs(Cardano Improvement Proposals)は、カルダノ財団(Cardano Foundation)によってこGitHubのページで管理されています。また、GitHubユーザー以外の方でも閲覧や情報共有がしやすいように、自動生成されたサイトがcips.cardano.orgに用意されています。

カルダノ財団はこのサイトで、CIPs(カルダノ改善提案)は、標準やプロセスを説明したり、一般的なガイドラインや情報をカルダノコミュニティに提供するものであると説明しています。そしてこれは、オフチェーンに存在する正式な技術的コミュニケーションプロセスだとしています。

さらにCIPsは、既存のプロジェクトに対するいかなる形のコミットメントも表わさないとし、むしろ、カルダノのエコシステム内の共通の問題に対する賢明で健全な解決策の集まりだと説明しています。CIPsは、1人または複数の作者によって推進される、さまざまなステータスの周りで発展していきます。

CIPsはそれぞれ次のようなステータスを持ちます。

StatusDescription:説明
Draft:草案リポジトリで正式に受理され、作者によって作業が行われている。
Proposed:提案作業用の実装が存在し、このCIPが “Active “に移行するために何が必要かを強調した明確なプランがある。
Active:有効この提案は、”Active “とみなされるための適切な基準をすべて満たしているとみなされる。
On Hold:保留CIPの作者は、現在この取り組みに参加していません。
Obsolete:廃止このCIPは、引退したか、新しいCIPによって時代遅れになったかのどちらかです。
Rejected:却下CIPに何らかの問題があり、現時点では受け入れられない。

提案と実装が同時に作業されることはよくあることで、(関連する)実装が動作していることが、Activeステータスに達するための必須条件であるとしています。

実際にこれまでに多くのCIPsが提案されこちらのGitHubページにリスト化されています。

最初の「CIP-0001」は2020年3月11日に追加され、CIPとは何か、CIPプロセスがどのように機能するか、CIPエディタの役割、およびユーザーがCIPの提案、議論、構造化をどのように進めるべきかを説明しています。

CIP-0001」によれば、カルダノ改善提案(CIP)は、カルダノコミュニティのための正式なデザイン文書であり、そのような文書が作成され、リストされるプロセスの名前です。CIPは、カルダノのエコシステム、プロセス、または環境の変化を簡潔かつ十分な技術的詳細に情報または記述します。

CIPsが新機能を提案し、問題に対するコミュニティの意見を収集し、カルダノに入った設計上の決定を文書化するための主要なメカニズムになることを意図しています。さらに、CIPはバージョン管理されたリポジトリ(情報が納められたデータベース)内のテキストファイルであるため、その改訂履歴はカルダノに影響を与える重要な変更の歴史的な記録となります。

CIPsは開発者フォーラムカルダノ公式開発者テレグラムグループ、カルダノアンバサダーSlackの#developersで「アイデア」を拡張または議論することができます。

また、CIPエディターは、Discordで開催される隔週ミーティングで議論や進捗を確認し、BikweeklyMeetingsフォルダに転記し、要約する役割を持ちます。さらに、CIP編集部のミーティングは公開され、録画され、Youtubeで公開されます。

CIP-1694がもたらす新オンチェーン・ガバナンス

昨年2022年11月に、カルダノがVoltaireのフェーズを本格始動することを意味するCIP-1694が、チャールズ・ホスキンソン氏のツィッターアカウントで公開されました。

CIP-1694は「An On-Chain Decentralized Governance Mechanism for Voltaire:Voltaireのためのオンチェーン分散型ガバナンスメカニズム」とタイトリングされ、カテゴリーでは『Ledger:台帳』に分類され、現在のステータスは明確なプランが存在する『提案』中となっています。

この文書に対するJaredCorduan 氏のコメントによれば、CIP-1694は、「カルダノのVoltaire期を支えるオンチェーンガバナンスの仕組みを説明するもの」で、オンチェーンガバナンスのためのメカニズムによってカルダノの分散型ガバナンスをサポートするための、分散型意思決定の下地となるものです。

また、この文書は、固定数のガバナンスキーをベースとしたオリジナルのカルダノ・ガバナンススキームをベースとし、拡張したものであるとしています。またこの文書は、提案されているVoltaireガバナンスシステムの一部として、短期間で価値と技術的に達成可能な最初のステップを提供することを目的としています。

さらに、適切な閾値設定やその他のオンチェーン設定など、コミュニティの意見を継続的に反映させるための出発点として機能させることも目的としており、今後の提案では、新たなガバナンスのニーズに合わせて、この提案を適応・拡張することが可能であると述べています。

カルダノのオンチェーンガバナンスシステムにおける三つのグループ

これは、Voltaireの新しい要件をサポートするために、カルダノのオンチェーンガバナンスシステムの改訂を提案するもので、既存のプロトコルパラメータ更新とMIR(Move Instantaneous Rewards)証明書に対する特化したガバナンスサポートは非推奨となり、通常のトランザクションボディに2つの新しいフィールドが追加するとしています。

  • ガバナンスアクション
  • 投票

これにより、カルダノユーザーは誰でもガバナンスアクションを提出することができます。下記の3つの異なるグループが、投票によってこれらのガバナンスアクションを承認する責任を負うことになります。

  • 憲法委員会
  • デリゲーション代表者グループ(以下、DReps)
  • ステークプール運営者(以下、SPO)

承認されたアクションは、明確に定義されたルールに従って、オンチェーンで実行されることができるようにするもので、将来的にはスマート・コントラクトによって実装されることになるとしています。

そして何よりも重要なことは、SPO(ステーク・プール・オペレータ)と同様、ADA保有者は誰でもDRepsとして登録することができ、希望すれば自分自身を代表にすることも、代わりに登録された他の代表者に投票権を委譲することもできるようになるということです。この議決権はADAの保有量に基づきます。

現在のカルダノのガバナンスの仕組みについて知る

既存のオンチェーンカルダノ・ガバナンスの仕組みはShelley(シエリー)時代に導入されたもので、以下のことが可能です。

  • プロトコルパラメータの値の変更(「ハードフォーク」の開始を含む)。
  • 準備金と国庫からADAを移動させること(また、準備金と国庫の間でADAを移動させること)。


現在のスキームでは、ガバナンスのアクションはガバナンスキー(カルダノ・メインネットでは7つのうち5つ)からQuorum-Many認証を必要とする特別なトランザクションによって開始されます。トランザクション本体のフィールドには、実行されるアクションの詳細が記載されています。各トランザクションは正確に1種類のアクションを引き起こすことができるが、1つのアクションで複数の変更を行うことができます。

  • プロトコルパラメータの更新は、トランザクションボディのトランザクションフィールドを使用する。
  • トレジャリー(国庫)と準備金の移動には、MIR(Move Instantaneous Rewards)証明書が使用される。

ガバナンスの成功はエポックバウンダリー(エポックが次のエポックに移行するタイミング)で適用され(制定され)ます。

プロトコルパラメータの1つは、特別な注意を払うに値するほど重要なもので、カルダノ・プロトコルおよびトランザクションに大きな影響を及ぼします。したがって、このタイプのアップデートは、可能なプロトコル・パラメータのアップデートの中で特別な地位を占めています。

これまでのShelleyガバナンスデザインの欠点

現在のShelleyガバナンスのデザインは、ガバナンスにシンプルで過渡的なアプローチを提供することを意図しており、このCIP-1694は、その設計の多くの欠点に対処することを目的としています。

  1. 一番大きな問題は、ADA所有者がチェーン上で積極的に参加する余地を与えていないという事実です。規約の変更は通常、選ばれたコミュニティの関係者との話し合いの結果ですが、そのプロセスは主に設立主体によって動かされています。この既存の仕組みはすべての人が自分の懸念を表明できるようにするのは面倒であり、時には恣意的と受け取られかねません。
  2. また、トレジャリー(国庫)からの支出は追跡が困難であり、重要かつ微妙なトピックです。このような動きに対して、より透明性を高め、より多くのレイヤーで管理することが重要です。
  3. ハードフォークについても、SPOによって特別に扱われる必要がある一方で、他のプロトコルパラメータ変更と区別されていないというのが現状です。
  4. 最後に、現在、カルダノの創設団体と多くのコミュニティメンバーが共有する、ある程度共通のビジョンがある一方で、これらの指針が記録され明確に定義された文書はありません。カルダノ・ブロックチェーンを活用して、正式なカルダノ憲法として、プロジェクト自体の倫理を不変の方法で記録することは理にかなっています。
CIP-1694の改善案の内容

以下は、CIP-1694の改善案の内容について実際の提案文書『An On-Chain Decentralized Governance Mechanism for Voltaire』を翻訳したものです。

CIP1694はShelley時代に導入されたガバナンスを次のように改善します。

カルダノ憲法の制定

憲法は、カルダノが共有する価値観と指針を定義するテキスト文書です。現段階では、カルダノのコアバリューを明確にとらえた情報文書であることを意図しています。後の段階では、憲法(the Constitution)は、スマートコントラクトをベースとした、ガバナンスのフレームワーク全体を動かすルールに発展することが想像されます。しかし、今のところ、憲法はオフチェーン文書であり、そのハッシュダイジェスト値はオンチェーンで記録される予定です。

新しく憲法委員会を定義

CIP-1694は、以下のセクションで定義されるガバナンス活動を監督し、憲法が尊重されることを保証する責任を負う個人または団体(Ed25519クレデンシャルのペアに関連付けられます)を表す憲法委員会を定義しています。

会則委員会は、常に以下の2つの状態のいずれかにあると考えられます。

  • 通常の状態(すなわち、信任されている状態)
  • 不信任状態

不信任の状態では、現在の委員会はもはやガバナンス・アクション(統治措置)に参加することができず、ガバナンス・アクションを制定する前に交代させなければなりません(下記参照)。委員会が不信任状態になると、未処理のガバナンス・アクションは直ちに無効となります。

憲法委員会は、ホットキーとコールドキーの設定を使用します。ホットキーは、Shelley時代の開始以来実施されてきた既存の「創世記委任状」メカニズムを再利用します。

初期憲法委員会

初期組織委員会は、カルダノの開発に専念する会員制組織の中心メンバーを構成します。最終的なメンバーリストはまだ決まっていません。しかし、おそらくInput Output GlobalやCardano Foundationなどの設立団体と、カルダノのガバンス(統治)プロセスへの参加に関心を持つ主要なコミュニティアクターで構成されるでしょう。

憲法委員会の交代

会則委員会は、次の2つの方法で交代させることができます。

通常の状態(すなわち信任状態)にある場合、現在の憲法委員会(Constitutional Committee)とDRepsの両方の承認を必要とする特定のガバナンスアクション(2:以下の表を参照)を通じて、委員会を交代させることが可能です。

不信任状態にある場合、特定のガバナンス・アクション(5:以下の表を参照)によっても委員会を交代させることができるが、これには代わりにSPOおよびDRepsの承認が必要となります。

憲法委員会の規模

Shelleyのガバナンスデザインとは異なり、会則委員会の規模は固定されていません。新しい委員会が設置されれば、いつでも変更することができます。同様に、定足数(ガバナンスのアクションを実行するために必要な投票数)も固定されておらず、新しい委員会が設置されるたびに変更することが可能です。このため、非常に柔軟性があります。

ガバナンス・アクション

6種類のガバナンスアクションを定義しています。ガバナンス・アクションとは、取引によって引き起こされるオンチェーンイベントで、期限を過ぎると実行できなくなるものです。

アクションは、(以下に詳述するルールとパラメータによって)賛成票を十分に集めると、批准されると言われます。期限までに十分な賛成票を集められなかったアクションは、期限切れになったと言われます。批准されたアクションは、ネットワーク上で起動されると実行されると言われます。ただし、批准の有無にかかわらず、例えば不信任案が可決された場合、行動は制定されることなく破棄されることがあります。

ガバナンス・アクション説明
1. 不信任決議現憲法委員会の不信任状態を作り出すための動議
2. 新定款委員会および/または定足数サイズ会則委員会のメンバーおよび/または署名の基準値の変更
3. 憲法の更新オフチェーン憲法を修正し、テキスト文書のオンチェーンハッシュとして記録したもの
4. ハードフォークの開始ネットワークの下位互換性のないアップグレードをトリガーする、事前のソフトウェアアップグレードが必要
5. プロトコルパラメータの変更プロトコルのメジャーバージョンへの変更(「ハードフォーク」)を除く、1つ以上の更新可能なプロトコルパラメータへのあらゆる変更
6. 財務省の出金国庫からの移動は、小口、中口、大口の引き出しに小分類される(引き出されるラブレスの量に基づく)。国庫出金の閾値については後述。

ADAの保有者であれば誰でも、チェーンにガバナンス・アクションを提出することができます。彼らはGov-Deposit Lovelaceの預託金を提供しなければならず、それはアクションが確定したときに返却されます(批准されたか、取り下げられたか、失効したかにかかわらず)。

なお、不信任案は、ADAホルダーが現在の憲法委員会に付与されている権限を取り消すことができる極端な措置です。この動議が成立すれば、委員会が批准したものも含め、未解決の統治措置はすべて取り消されます。他の統治措置については、投票が行われ、その後、批准または失効となります。

ガバナンスアクションの批准

ガバナンスアクションは、オンチェーン投票アクションによって批准されます。ガバナンスアクションの種類によって、批准の要件は異なります。ガバナンス・アクションの種類によって、以下の特定の組み合わせが発生した場合、アクションは批准されます。

  • 定款委員会がそのアクションを批准する(定足数-多くのメンバーが「賛成」を投票)。
  • DRepsはそのアクションを批准する(’yes’を投票したDRepsが支配するステークが、登録された投票権の総数のうち一定の閾値を満たす場合)。
  • SPOはその行動を批准する(’yes’票を投じたSPOが支配するステークが、登録されたステーク総数のうち一定の閾値を超える場合)。

警告:以下に説明するように、DRepsとSPOでは、異なるステーク配分が適用されます。

必要条件

以下の表は、各ガバナンス・アクション・シナリオの承認要件を詳述したものです。列は以下を表しています。

ガバナンス・アクションの種類
ガバナンスアクションの種類。3つのトレジャリーアクションは、Lovelace(1Lovelaceは0.000001ADAであり、1ADAは1,000,000Lovelace)の金額(T0, T1, T2, and T3)を含むことに注意。

憲法委員会
✔️の値は、定足数-多数の会則委員会「賛成」投票が必要であることを示す。
値❎は、憲法委員会の投票が適用されないことを意味する。

DReps
DRepsは、アクティブな投票権に対するパーセンテージで、0から100までの範囲で満たす必要のある投票閾値。

AVST
有効投票数しきい値(Active Voting Stake Threshold)。十分な有効投票権を持っているかどうかを判断するために使われる割合です。

AVSTフォールバック
AVSTの閾値を満たさない場合のフォールバック条件

  • なし: 予備条件はなく、AVSTのしきい値を満たさない限りアクションは批准されない。
  • SPO投票: 十分なSPO投票の賛同があればアクションは批准されることができる。

SPO投票
すべてのステークプールが保有するステークに占める割合として満たさなければならないSPO投票の閾値。SPO投票は、AVSTの閾値が❌またはAVSTが閾値を下回る場合にのみ考慮されます。

ガバナンス・アクションのタイプ憲法委員会DRepsAVSTAVST FallbackSPOs
1. 不信任決議P1Q1NoneR1
2(a). 新委員会/定数(通常状態)✔️P2aQ2aSPO VoteR2a
2(b). 新委員会/定数(不信任状態)P2bQ2bNoneR2b
3. 憲法の更新✔️P3Q3SPO VoteR3
4. ハードフォークの開始✔️P40R4
5. プロトコルパラメータの変更✔️P5Q5SPO VoteR5
6(a). トレジャリー出金, [T0,T1)✔️P6aQ6aSPO VoteR6a
6(b). トレジャリー出金, [T1,T2)✔️P6bQ6bSPO VoteR6b
6(c). トレジャリー出金, [T2,T3)✔️P6cQ6cSPO VoteR6c

この表で示されたいくつかのパラメータ(P1…R6c,T1…T3) は更新可能なプロトコルパラメータであってもよいですが、その他はハードコードされるべきものです。この提案では、この選択と実際のパラメータ値の選択の両方を、意図的に議論のためにオープンにしています。

ガバナンス・アクションのライフサイクル

ガバナンス・アクションは、エポック境界でのみ批准が確認されます。この遅延により、全員が各案件に投票し、アクティブであることを証明することができます。

各タイプのガバナンス・アクション(すなわち、上記の6つのカテゴリーからそれぞれ1つずつ)は、任意のエポックにおいて制定するためにステージングすることができます。例えば、国庫支出金は1つのエポックに1つしか設定できません(ただし、多数の支出金を設定することはできる)。

批准されると、アクションはステージングされ、実行されるようになります。ステージングされたアクションは、取り下げられない限り、次のエポック境界で制定されます。したがって、提出されたすべてのガバナンスアクションは、次のいずれかになります。

注記 すべてのトレジャリー出金について、出金基準額はアクションによって出金されるラブレスの合計額であり、アクションが複数の出金を指定した場合は1回の出金額ではありません。

  1. 批准される。
  2. より優先順位の高いアクションの結果、削除される。
  3. は、エポック数の後に期限切れとなります。

預金は、以下のいずれかに該当する場合、直ちに返却されます。

  • 批准されたアクションが制定される。
  • アクションが期限切れになる。
  • 批准済みのアクションが取り下げられた場合。

批准については、後ほど詳しく説明します。

注:このデザインは、あるエポックにおいて、最初に批准されるタイプのガバナンスアクションが制定されるよう演出されることを意味します。

制定

承認されたアクションは、エポック境界で実行されることがあります。実行中、現在のエポックのステージンググループ内のアクションは、以下のように優先されます。

  • 不信任決議案
  • 憲法委員会の新設または定足数の変更
  • 憲法の更新
  • ハードフォークの開始
  • プロトコルパラメータの変更
  • トラジャリーの出金

前述したように、各タイプのアクションは、任意のエポックに最大1つまでしか実行されません。したがって、批准された「不信任案」があれば、それが最初に制定され、以下同様です。

不信任案、新しい憲法委員会の選出、または憲法改正が成功すると、他のすべての未制定の統治行動(それが批准されているかどうかにかかわらず)が無効になり、それらは一度も制定されることなく直ちに取り下げられることになります。中止されたアクションに対するデポジットは直ちに返却されます。

ガバナンスアクションの内容

すべてのガバナンス・アクションには、以下の内容が含まれます。

  • 入金額(金額は更新可能なプロトコルパラメータであるため記録される)
  • 払い戻された預金を受け取るための報酬アドレス
  • アクションを正当化するために必要なメタデータへのURL
  • このメタデータURLの内容のハッシュ

// TODO: この新しいオンチェーンエンティティのために、CBOR 仕様を附属書で提供する。

さらに、アクションの内容は以下の通りです。

  1. プロトコルパラメータ変更の場合:変更されたパラメータ。
  2. ハードフォーク開始の場合:新しいメジャーなプロトコルのバージョンで、現在のバージョンより1つ大きくなければならない。
  3. 国庫からの引き出し:ステーク・クレデンシャルから正の数のLovelaceへのマップ。
  4. 憲法の更新:憲法文書の32バイトのblake2b-256ハッシュダイジェストを使用します。
  5. 新しい会則委員会と定足数の変更: 一連のキーハッシュと、委員会の規模を超えない正の数。
  6. 不信任案について:それ以外には何もありません。

デポジット額は、ステークキーデポジットと同様に、デポジットポットに加算されます。

ガバナンス・アクションID

承認された各ガバナンス・アクションには、それを作成したトランザクションIDと、それを指すトランザクション本体内のインデックスからなる一意の識別子(別名、ガバナンス・アクションID)が割り当てられます。

投票

各票取引は以下のように構成されています。

  • ガバナンスのアクションID
  • 役割 – 憲法委員会、DReps、またはSPO
  • キーハッシュ(上記の役割を持つことが検証されます)
  • 投票に関連するすべてのメタデータのURL
  • このURLの内容のハッシュ
  • 賛成/反対/棄権の投票

「棄権」票は「有効投票数」に含まれないことに注意してください。また、棄権票は投票を棄権することとは異なることに注意してください (前者はチェーン上で見ることができますが、後者はできません)。混乱を避けるため、これ以降「棄権」という言葉は、棄権する投票を意味するものとしてのみ使用する。

鍵のハッシュは、既存のUTxOW台帳ルールに従って、取引本体に対する適切な署名チェックを引き起こします。

投票は、1つのキーハッシュによって、各ガバナンス・アクションに対して複数回行うことができる。正しく提出された票は、同じキーハッシュと役割に対する古い票を上書きする。ガバナンスアクションが承認されると同時に、投票は終了する。それ以降の投票は、(賛成、反対、棄権にかかわらず)考慮されず、記録されません。

ガバナンスの状態

ガバナンスアクションがチェーンに正常に送信されると、その進捗は元帳の状態によって追跡されます。具体的には、以下のようなものが追跡される。

  • ガバナンスアクションID
  • アクションが期限切れとなるエポック
  • 入金額
  • 預託金が返却されたときに受け取る報酬のアドレス
  • このアクションに対する憲法委員会の賛成/反対/棄権の票の合計
  • このアクションに対するDRepsの賛成/反対/棄権の投票数の合計
  • この行動に対するSPOの賛成/反対/棄権の票の合計

無効な投票

DRepsとSPOからの票は、エポック境界を越えると未登録になる可能性があり、意味がなくなることがあります。したがって、新しい投票を検討する前に、未登録の投票をすべて取り消します。

ステーク・スナップショットの変更

ステークスナップショットはエポック境界ごとに変更されるため、新しい投票がカウントされる前に、各ガバナンスアクションについて、すでに投じられた投票に基づいて新しい現在の投票集計を計算する必要があります。これにより、同じステークが2回以上使用されることを避けることができます。この新しい集計結果によって、ガバナンスアクションが即座に批准されることもあります。

DReps(代表者)

注意 DRepsのデザインはまだ変更される可能性があり、Project Catalyst DRepsと混同しないように注意してください。

既存のステークキーには、新たな責任が与えられます。DRepsに自分のステークを委任することができるようになります。DRep登録は、既存のステーク委任の仕組み(証明書による)を模倣したものです。

以下の新しいタイプの投票証明書が追加されます。

・DRep登録証

・DRep ID:検証キーのハッシュ値
・DRepに関連するあらゆるメタデータのURL
・このURLの内容のハッシュ

DRepの退職証明書

・DRep ID
・DRepがリタイアした後のエポック番号

投票委任状

・ステーククレデンシャル
・DRep ID

// TODO: これらの新しい証明書のために、CBOR仕様を附属書として提供する。

認証スキーム(どの署名が必要なのか)は、既存のステークデリゲーション証明書の認証スキームを模倣しています。

DRepsのための新しいステーク分布

既存のステーク・クレデンシャルごとの配分とステーク・プールごとの配分に加えて、DREPごとの新しいステーク配分があります。

SPOによるブロック生成に使用される正確なステーク・スナップショットは、DRepの投票にも使用されます。

投票権にまつわる定義

投票権にまつわるいくつかの概念を定義します。

  • トランザクション出力に含まれるLovelaceは、以下の場合に投票のためにアクティブであるとみなされる。
  • 登録されたステーク・クレデンシャルが含まれている。
  • そのステーク・クレデンシャルが、その投票権を登録されたDRepに委任している。
  • ある割合Pに対して、流通しているステーク総数に対するアクティブなステーク総数の割合が少なくともPである場合、十分なアクティブなステークがあると言う。
  • ある割合Pに対して、ガバナンスのアクションに「はい」と投票したDReps(SPO)が支配する相対的なステークスの合計から、「いいえ」と投票したDReps(SPO)が支配する相対的なステークスの合計を引いたものが少なくともPであれば、DRep(SPO)の投票閾値を満たしたという。

注)「流通する株式の総額」については、いくつかの別の定義があります。

1.UTxOとリワードアカウントの合計。
2.UTxO、報酬アカウント、手数料ポット、および預金ポットの合計。
3.ADAの総供給量(つまり450億ADA)から積立金を差し引いたもの3. この選択肢は議論の余地を残している。

新しいプロトコルパラメータ

以下のように新しいプロトコルパラメータが必要になります。

  • ガバナンスアクションの入金額
  • ガバナンスアクションの有効期限(現在のエポックからのエポック数として)
  • 国庫引き出しの閾値
  • 各批准のしきい値

上記のように、これらのうちいくつかは更新可能で、その他はハードコードされるでしょう。

// TODO: パラメータの初期値および更新可能かどうかを決定する。

// TODO: 投票閾値の一貫性条件について決める。例えば、不信任案の閾値は、間違いなく、軽微な国庫支出金の閾値よりも高くすべきです。

さらに、初期憲法委員会と初期憲法をブートストラップ・プロセスの一部として定義する必要がある。

既存の台帳規則の変更

  • PPUP移行ルールは書き換えられ、UTxOルールからLEDGERルールに移動し、新たなTALLYルールとなる予定です。
  • このルールは、ガバナンスアクションと投票を処理し、それらを承認し、必要に応じて現在または次のエポックで制定されるガバナンスアクションをステージアップさせます。
  • NEWEPOCH移行ルールが修正されます。
  • MIRサブルールが削除されます。
  • エポック規則の直後に、新しいENACTMENT規則が呼び出されます。このルールは、以前に批准されたガバナンスのアクションを制定するものです。
  • エポックルールはもはやNEWPPサブルールを呼び出したり、PPUPステートで定足数を満たしているかどうかを計算したりしません。

DRepのインセンティブについて

DRepsは間違いなく、その仕事に対して補償される必要がある。

そのためのインセンティブメカニズムを規定する必要があり、その資金はおそらくエポックごとの国庫配分から捻出される。また、数百万人のDREPがガバナンスの各行動に投票することが予想されるため、パフォーマンスの制約も考慮する必要がある。管理可能な数のDRepを確保するためのインセンティブオプションには、次のようなものがあります。

  • DRep登録時に多額の保証金を要求すること。
  • 個人の報酬を制限するために、ステークプールの報酬スキームに似たインセンティブスキームが使用される。(多くの投票者は、支払いに関係なく自分のDRepになりたがるので、これだけでは十分ではないかもしれない)。
  • DRepのエポックごとの無作為化小委員会のようなもので、賭け金の重みを考慮したもの。
CIP-1694の理由説明

以下は、CIP-1694で定義されているものの根拠・理由を説明したセクターを翻訳しています。

憲法委員会の役割

一見、憲法委員会はDRepsより特別な権限を与えられた特別委員会のように聞こえるかもしれません。 しかし、DRepsはいつでも委員会を交代させることができ、DRepsの投票もすべてのガバナンス活動を承認するために必要なので、会則委員会はDReps以上の権限を持たない(むしろ持たないかもしれない)のです。このように考えると、委員会はどのような役割を果たし、なぜ不要な存在ではないのでしょうか。その答えは、委員会がこの新しいガバナンスの枠組みの起動問題を解決してくれるからです。実際、私たちが引き金を引いてこのような枠組みをオンチェーンでアクティブにできるようにするとすぐに、憲法委員会なしで、システムがSPOの投票だけに頼らないように、十分なDRepsが急速に必要になるでしょう。コミュニティがどれだけ積極的にDRepsとして登録するか、また他のAda所有者がどれだけ投票権の委譲に反応するかは、まだ予測できません。

したがって、憲法委員会は、システムが現在の状態から、いずれ完全に分権化されたガバナンスに移行できるようにするために登場します。さらに、長期的には、委員会は、ガバナンスの決定において、その判断と指導のためにスポットライトを浴びる選ばれた代表者の集合体であることによって、ガバナンスの決定において指導と助言の役割を果たすことができます。とりわけ、委員会は常に憲法を遵守し、憲法の規定に従って議案を批准することが求められています。

// TODO 初期委員会の再選挙を強制すべきか?すべての委員会に任期を設けるべきか。

身元確認の意図的な省略

このCIPでは、憲法委員会やDRepsのメンバーの身元確認や検証について一切触れていないことに注意してください。

これは意図的なものです。

私たちは、コミュニティが、自分を知らせるためにDIDのようなものを提供する人にのみ投票し、委任することを強く検討することを望みます。しかし、身元確認を強制することは、何らかの中央集権的な信託がなければ非常に困難であり、これは間違った方向への一歩であると私たちは考えています。

ステークプールのステイク分配を利用したピギーバック(おんぶ:自分の背中に人を背負うこと)

カルダノのプロトコルはプルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake)というコンセンサスメカニズムに基づいているため、ステークベースのガバナンス・アプローチを用いることは賢明です。しかし、参加者間のステーク配分を記録する方法を定義する方法はたくさんあります。1つはアドレスで資金のロックを解除できる人を識別するためのもの(別名、支払いクレデンシャル)、もう1つはステークプールに委任できるもの(別名、委任クレデンシャル)です。

第3のクレデンシャルセットを定義するのではなく、既存の委任クレデンシャルを再利用し、新しいオンチェーン証明書を使用してガバナンスステークの配分を決定することを提案します。これは、DRepsがSPOと異なることができる(そしておそらくそうなる)ことを意味し、バランスをとることができます。例えば、ウォレット・ソフトウェアのプロバイダは複数委任スキームをサポートしなければならず、ADA保有者が複数のDRepに委任することを望んだ場合、サブアカウントへの分割を容易にしなければなりません。

しかし、この選択は、ウォレットプロバイダの実装作業を制限し、エンドユーザがガバナンスプロトコルに参加するために必要な労力を最小限に抑えることにもなります。後者は、この決定を正当化するのに十分な重要な懸念事項です。既存の構造を利用することで、ユーザーにとって馴染みのあるシステムを維持し、ガバナンスフレームワークの成功の可能性と参加率を最大化するために、合理的にセットアップを容易にします。

ハードフォーク開始と標準的なプロトコルパラメータ変更の分離

他のプロトコルパラメータの更新とは対照的に、ハードフォーク(または現在ではプロトコルのメジャーバージョンへの変更)はより多くの注意を必要とします。実際、他のプロトコルパラメータの変更が大幅なソフトウェアの変更なしに実行できるのに対し、ハードフォークはネットワークの超多数がアップグレードによって導入される新機能のセットをサポートするためにノードをアップグレードしていることを前提としています。つまり、ハードフォークが行われるタイミングは、カルダノの全ユーザーに前もって知らされなければならず、ステークプール運営者、ウォレットプロバイダー、DApp開発者、そしてノードリリースチームの間で調整が必要なのです。

したがって、この提案では、シェリースキームのようにプロトコルパラメータの更新とは別に、独立したガバナンスアクションとしてハードフォークを開始することを推奨しています。

財務省の出金とProject Catalystの比較

ProjectCatalystは現在、カルダノの金庫からの引き出しの主な原動力の一つとなっています。Catalystの各ラウンドには、通常、選択したプロジェクトに資金を提供するために、数千とは言わないまでも数百のMIR要求が続きます。しかし、この新しいガバナンスの枠組みでは、1エポックにつき1回のみトレジャリーの引き出しを許可することにしています。

国庫からの出金要求はすべて1つのトランザクションに収めなければならないため、1つのエポックに資金を供給できるプロジェクトの数が制限されます。必要であれば、複数のエポックに資金を分配する、一時的な保有ポットに資金を移す、各ラウンドで資金提供されるプロジェクトの数を制限する、などの方法で回避することが可能です。

DRepsの目的

本提案では、SPOがDRepsになることを制限するものは何もありません。なぜDRepsがあるのですか?SPOは純粋にブロック制作のために選ばれます。投票者は、DRepsが優れたブロック生産者でもあるかどうかを考慮する必要なく、DRepsに投票を委任することを選択できます。

AVST (Action Voting Stake Threshold:アクション投票のステーク閾値)

AVSTは、DRepsの投票が有意義であることを保証するために存在します。例えば、10個のLovelaceしかDRepsに適切に委任されていないのに、9個のLovelaceがガバナンスアクションに「賛成票」を投じた場合、数十億のADAが流通しているため、その結果の正当性を疑われます。AVSTが十分に高ければ、その代表は正当化されます。

批准要件表

批准要件表における要件は、ここで説明されています。ほとんどのガバナンスのアクションは同じような要件を備えています。憲法委員会は定足数に達し、DRepsは十分な数の「賛成」票に達しなければなりませんが、AVSTが低すぎるという状況を除けば、DRepsに代わってSPOが投票することができます。これには、これらの行為が含まれます。

  • 新しい委員会/定足数(通常の状態)
  • 憲法の更新
  • プロトコルのパラメータ変更
  • トレジャリーの出金

不信任決議

不信任案は、カルダノコミュニティが現在の憲法委員会(Constitutional Committee)を信頼していないことを表しており、したがって憲法委員会はこの統治措置についていかなる発言権も持たないはずです。この場合、SPOとDRepはコミュニティの意思を代表することになります。DRepsの過少代表を防ぐために、AVST(積極的投票権閾値)が批准の要件となります。

// TODO AVSTを使用した場合と使用しない場合のDRepsの投票のトレードオフを十分に理解する必要がある。

新しい憲法委員会/定足数(不信任状態)

不信任案と同様に、憲法委員会の選出は、コミュニティの意思を代表するSPOとDRepsの両方に依存します。DRepsの過少代表を防ぐため、AVST(積極的投票権閾値)が批准の要件になります。

// TODO AVSTの有無によるDRepsの投票数のトレードオフを十分に理解する必要があります。

ハードフォークの開始

どのようなガバナンスメカニズムにせよ、ハードフォークにはSPOの参加が必要です。なぜなら、ソフトウェアをアップグレードしなければならないのは彼らだからです。このため、ハードフォーク開始のガバナンス活動において、常に彼らの投票を要求することで、彼らの協力を明示します。憲法委員会もまた、ハードフォークの合憲性を示すために投票します。DRepsもまた、すべてのステークホルダーの意思を代表するために投票しますが、AVSTは必要ではありません。この状況でAVSTを要求すると、重要なアップグレードをブロックする可能性がありますが、将来的には再検討する必要があるかもしれません。

// TODO AVSTを使用した場合と使用しない場合のDReps投票のトレードオフを完全に理解する必要があります。

新しいメタデータ構造

ガバナンスアクションと投票の両方で、URLと整合性ハッシュ(ステークプール登録のメタデータ構造をミラーリング)の形で、新しいメタデータフィールドが使用されます。メタデータはコンテキストを提供するために使用されます。例えば、憲法委員会による投票では、なぜそれが憲法に沿ったものであるのかの説明が必要です。ガバナンスのアクションには、なぜそのアクションが必要なのか、どのような専門家に相談したのか、などの説明が必要です。トランザクションサイズの制約によってこの説明データが制限されることは避けたいので、URLを使用しています。

しかし、これには新しい問題があります。URLが解決しない場合、その行動に対する投票に何を期待すべきか?全員が’棄権’に投票することを期待すべきでしょうか。これはガバナンスシステムに対する攻撃のベクトルなのでしょうか?そのようなシナリオでは、ハッシュプリイメージは他の方法で伝えることができますが、私たちはその状況に備えるべきです。チェーン上に正当性の要約があるべきでしょうか?

代替案:トランザクションメタデータの使用

トランザクションのフォーマットに特定の専用フィールドを設ける代わりに、既存のトランザクショ ンメタデータフィールドを利用することが出来ます。

ガバナンス関連のメタデータは、CIP-10 メタデータラベルを登録することで明確に識別することが出来ます。その中で、投票や提案のIDと対応するメタデータのURLやハッシュを対応付けるインデックスを使い、メタデータの構造をこのCIP(正確な形式は未定)で決定することが出来ます。

これにより、提出者が無視しやすくなる危険を冒してまで、トランザクション本体にフィールドを追加する必要を回避することが出来ます。しかし、要求されるメタデータは空でもよい(あるいは解決しないURLを指す)ので、提出者がメタデータを提供しないことはすでに容易であり、このことが状況を悪化させるかどうかは不明です。

取引のメタデータは元帳の状態には保存されないので、この代替案ではメタデータとアクションや投票の組み合わせはクライアント次第であり、元帳の状態のクエリとして利用できないことに注意してください。

3段階のトレジャリー支出金

3つの異なる国庫引き出しガバナンスアクションが導入され、より高い引き出しはより高い批准しきい値を持つことができるようになりました。より大きな金額の出金を批准することがより困難になるはずです。

あるいは、すべての国庫支出金に対して単一のアクションを導入し、ADAから閾値への増加関数を指定することも可能でしょう。

さらに、各エポックにおける国庫の割り当ては報酬ポットに対するパーセンテージで与えられるので、国庫の割り当ても考慮する必要があります (プロトコルパラメータτを考慮する必要があります。)例えば、あるエポックにおける国庫の引き出しは、そのエポックにリザーブポットから国庫に移動したLovelaceの量とほぼ等しく制限することができます。

// TODO 国庫の割り当てと国庫の引き出し額を受け取り、AVST、DRep投票閾値、SPO投票閾値を返す関数を指定する。

適用範囲外

以下の項目は、本提案の対象外であると考えます。

会則の内容

最初の憲法の内容は非常に重要であり、それを修正するプロセスも重要です。しかし、これはこのCIPで提案されているオンチェーンプロトコルとは十分に別のものであり、別個に集中して議論する価値があリります。

法的問題

カルダノプロトコルまたはカルダノ憲章のいずれかを法的に執行する可能性は、このCIPの範囲外です。

ガバナンスアクションを作成するためのオフチェーンスタンダード

カルダノコミュニティは、このCIPで指定されたガバナンスアクションの作成を処理するための標準とプロセスについて深く考える必要があります。しかし、これらの標準は、このCIPの範囲外です。特に、国庫引き出しアクションの作成におけるProject Catalystの役割は、その区別を明確にすることが役立つ場合を除き、このCIPの範囲外です。

民間企業

民間企業や個人がどのようにステークプールやDRepにADAを委任するかは、このCIPの範囲外です(そしておそらくCIPプロセス一般にも)。

CIP-1694のアクティブへの道

承認基準

  • 上記の仕様を実装したカルダノメインネットで、新しい元帳時代が実現します。これは、上記のように2段階に分かれる予定です。

その他の潜在的な受け入れ基準

  • パブリックテストネットで、十分な参加を得て、すべてのガバナンスアクションを行使すること。
  • 憲法テキストが何らかのプロセスで承認されること。
  • 初期憲法委員会が何らかのプロセスで承認されること。


実施計画

このCIPの機能はハードフォークを必要とします。

この文書では、Cardanoのガバナンスに対する野心的な変更について説明しています。2段階の実装プロセスにより、より迅速に展開することができ、より複雑な側面(DRepsと憲法上の変更)は第2段階で展開される予定です。特に、この変更は2回のハードフォークで実施される予定です。これにより、ヴォルテールでのガバナンスの基礎を確立しつつ、インセンティブやその他の重要な問題についての十分な評価/協議の時間も確保することができます。以下は、(非常に大雑把ですが)半分の実施計画のハイレベルな要約です。

1.(重要な)ガバナンスアクションのサブセットをトランザクション本体に追加する(一方で、プロトコルパラメータの更新とMIR証明書を非推奨とする)。当初は以下のガバナンスアクションがサポートされる予定です。

  • プロトコルパラメータ
  • ハードフォーク
  • 国庫からの引き出し
  • 定款委員会の変更

2.トランザクションボディへの投票を追加し、DRepの投票を認めません。

3.新しいRATIFYルールの最初のバージョンでは、憲法委員会の投票と、ハードフォークのためのSPOの投票のみを数えます(以前定義され、現在は廃止されているCIP-47と同様)。

この提案の残りの部分は第二段階で実施される予定です。

CIP-1694の著作権について

このCIPはCC-BY-4.0の下でライセンスされています。

ガバナンスアクションに関する現在のルールの正式な記述は、Shelley台帳の仕様に記載されています。

プロトコルパラメータの変更(ハードフォークを含む)については、PPUP遷移規則(図13)にプロトコルパラメータの更新の処理方法が、NEWPP遷移規則(図43)にプロトコルパラメータの変更の実行方法が記述されています。

資金移動については、DELEG移行規則(図24)はMIR証明書がどのように処理されるかを記述し、MIR移行規則(図55)は国庫と準備金の移動がどのように実行されるかを記述しています。

注 MIR移行ルールの機能はAlonzo台帳の仕様で拡張されました。

ブロックチェーン業界では、「ハードフォーク」という用語の定義が様々です。ハードフォークは通常、ネットワークの非後方互換性のある更新を指します。カルダノでは、より多くのブロックが検証されるようになるアップグレードを「ハードフォーク」と呼び、ノードに新しいプロトコルバージョンへの準拠を強制し、アップグレードに対応できないノードを効果的に廃止することで、定義を少し明確にしています。

これは、Shelley台帳仕様のセクション17.1「合計ステーク計算」を参照し、ステークプールへのステーク委任のための「アクティブ・ステーク」で使用されている定義です。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック387

いよいよ間近に迫るDjedの登場とカルダノDeFiの今後の展開

カルダノのステーブルコインへの期待が高まっています。特に、2023年今月中にメインネットでローンチされる予定の『Djed』に始まり、『USDA』が2023年の第一四半期頃までに登場、『iUSD』は既にローンチ(2022年11月)されており、これらの三つのネイティブ・ステーブルコインが、カルダノ・メインネットに登場することでカルダノDeFiがいよいよ2023年本格始動することを意味するからです。

今回は、いよいよ『Djed』のメインネットローンチが間近に迫ったステーブルコインと今後のカルダノDeFiの展開と可能性について、最新情報を交えてお伝えします。

カルダノの主要エコシステム指標は2023年に30%増加

カルダノの重要なDeFiエコシステム指標であるTVLは、2023年の年初10日間で30%アップしました。

MuesliSwapの集中流動性プールのスマートコントラクトが監査に合格

近々集中流動性プールが始動し、カルダノDeFiに多くの新機能をもたらす

カルダノ(ADA)は安全でスキャンダルとは無縁!強力なコミュニティ、持続力、技術的な優位性などが評価される!
強力なコミュニティ、持続力、技術的な優位性を持っていることを実証しているカルダノ

Financemagnatesは、カルダノについての記事で、強力なコミュニティ、持続力、技術的な優位性を持っていることを実証しており、安全でスキャンダルのない、技術に特化した企業として、風評被害から利益を得ることができると伝えています。

カルダノ、史上初のPython版スマートコントラクトのデモを開発者が公開

カルダノ(ADA)エンジニアであるImperatorLang氏は、「シンプルなpythonicプログラミング言語 」であるEopsinで書かれた最初のカルダノ用のスマートコントラクトのサンプルをカルダノのPreProd TestNetで公開しました。

Paima Studiosは、Paima Engineと呼ばれる新しいweb3 engine (L2ソリューション)をリリース!

Paima Studiosは、Paima Engineと呼ばれる新しいweb3 engine (L2ソリューション)をリリースしました。

同時に Paima Engineで構築された初のゲーム「Jungle Wars: NFT Rumble」をローンチし、1月10日にMilkomeda C1メインネットで開始しています。

スマートコントラクト、Mithril、優れた技術によりカルダノの価格が20%爆発的に上昇

カルダノ(ADA)は、過去1週間で20%以上上昇し、トップゲイナーの一角を占めており、このプロトコルの成長は、スマートコントラクトやMithril、その他の新しく導入された技術に対する熱意によってもたらされています。

カルダノが分散型取引所とDeFiソリューションに魅力的な理由

DEXを提供するGenius YieldがGenius Academyブログで、カルダノが技術的なレベルで、大衆向けのDeFiソリューションと分散型取引所(DEX)を促進するように設計されており、トランザクション操作や第三者による攻撃の可能性を排除していることなどその優位性について伝えています。

例えば、スループットに関しては、カルダノは毎秒1,500件のトランザクションを処理することができ、これは最適な状態で稼働しているイーサリアムの15倍のスピードに相当すると述べています。

ナイジェリアが現金引き出しを禁止へ、今こそビットコインとカルダノが輝く時

「何百万人ものナイジェリア人が絶望的な貧困に喘ぐなか、ビットコインとカルダノは銀行業界から締め出された人々に希望を与えている。」

リンク:https://fanblogs.jp/mizcardano/archive/50/0

IOG、カルダノ上のカスタム・サイドチェーンを開発するためのツールキットを発表

カルダノの開発元であるIOGは、カルダノ上のカスタムサイドチェーンを開発するためのサイドチェーンツールキットを発表しました。これは、スケーリングフェーズであるBasho内のカルダノ・ロードマップの最新デリバリーであり、より高いプログラマビリティ、相互運用性、スケーラビリティを導入しています。

カルダノ(Cardano/ADA)価格上昇の裏で「クジラ・サメ」が増加|蓄積段階突入か

2022年12月30日から始まった価格上昇以降で「100万以上のADAを保有する新しいウォレットアドレス」が28個も誕生

スマートコントラクト・プラットフォームの時価総額ランキングス3位のカルダノ20%を超えて上昇

スマートコントラクト・プラットフォームのマーケットキャップの過去7日間の変化で、すべてのスマートコントラクトプラットフォームが資金の還流顕著に

カルダノ(ADA):2023年に入り12日間で33%成長

昨年の弱気相場の中で成長しトップ10にとどまることができたカルダノADAが、2023年に入ってから12日間で33%も成長しました。

また、Santimentによると、昨年11月から12月にかけてADAを放棄した投資家が、暗号通貨の買いだめに戻ってきた可能性があると報告しています。

カルダノ週間開発レポート:2023年1月13日

ハイライト

UTXO-HDプロトタイプの改良とベンチマーク
cardano-walletとノードv.1.34.5のリリース前テスト
スクリプト容量の拡大、Plutus Debugger MVP、Marconiの各作業が進行中

Djed開発アップデート:ステーキング、内部監視の強化、その他

COTIのDjedの最新開発アップデートによれば、1月に予定されているローンチに向けて、現在も順調に進んでいると報告しています。

まず、ローンチ時のDjed 1.1.1のリリースで、$SHENホルダーにさらなるインセンティブを与える、ステーキングの有効化に取り組んでおり、アップデートが進めば具体的にどのように機能するかを説明する詳細な記事を共有する予定とのこと。

カスタムメイドのサイドチェーンで広がるカルダノのエコシステム

カルダノのエコシステムを支えるIOGチームは今月末、開発者がエコシステムの改善を目的としたカスタムビルドのサイドチェーンをカルダノ上に展開できるようにするソフトウェアツールキットをリリースする予定であるとブログで伝えています。

カルダノのカスタムサイドチェーンとツールキットの発表に沸き立つコミュニティ

ステーキング状況 in エポック387

エポック388開始時点ステーキング動向
SIPO、SIPO2、SIPO3エポック387ステーキング報告
SIPOエポック387ステーキング報告
SIPO2エポック387ステーキング報告
SIPO3エポック387ステーキング報告
[SIPO3]4000個目のブロック生成に成功

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。

最新投稿