エポックな日々, ニュース, ...

一人一人にパワーを!カルダノサミット2021まとめ:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック291

一人一人にパワーを!カルダノサミット2021まとめ

*『カルダノサミット2021まとめ』は情報が入り次第コンテンツを追加していく予定です!
2021.10.12 記事『IOGブログ:カルダノサミット2021の概要:ガバナンスは次の大きな課題である』のリンクを追加
2021.09.30 12:30 コンテンツ『IOGブログ:Acuant社、IOG社およびAtala社との新たな戦略的パートナーシップにより、DeFi空間でのセキュリティ強化を実現ット』を追加
2021.09.29 08:15 コンテンツ『エコシステムの機会を得るための商業ツールキット』を追加
2021.09.29 07:45 記事『US mobile operator calls on Cardano』のリンク追加
2021.09.28 08:05 Chainlink社のブログ記事(翻訳)のリンクを追加
2021.09.28 0:04 動画リンク追加しました。

未来のブロックチェーンの世界を定義するカルダノサミット2021が開催

2021年9月25日、26日の二日間にわたってメタヴァースをイメージして開催されたカルダノサミット2021は、カルダノの創始者であるチャールズ・ホスキンソン氏の最初のオープニング・キーノートで幕を開けました。

イベントでは、カルダノ・エコシステム全体からの発表、基調講演、パネル、プレゼンテーションが行われました。

参加者は印象的な瞑想を誘うような音楽と広大な仮想空間を自由に飛び回り、多くのブロックチェーンの新しい世界を定義する情報の海を気持ちよさそうに漂っていました。

今回は、このカルダノ史上最大のイベントでありカルダノ・サミット2021について概要(自分なりの視点で)をお届けします。(*全部をお届けできませんが、少しづつ情報追加できたらと思います。)

なお、カルダノサミットのアジェンダを日本語訳して、下記のページに掲載していますので、よろしかったらご参考ください。

参考:カルダノサミット2021アジェンダ公開(日本語訳)

あと、Youtubeでlex echanoさんという方が、
1日目『LIVE – CARDANO SUMMIT 2021 – VIRTUAL EVENT』
二日目『LIVE – CARDANO SUMMIT – DAY 2 – VIRTUAL EVENT – MAIN STAGE
を録画してアップされているので、全部を見ることができませんが、主要なプログラムを見ることができます。lex echanoさんありがとうございます!

一日目:9月26日 日曜日 24:00〜

1日目は、チャールズホスキンソン氏のキーノート・スピーチがワイオミングから幕を開け、チャールズさんによれば世界中から100以上の国々から8万人のカルダノコミュニティがサイトに登録して集まり、たくさんのパートナーシップの発表や多くのセッションが執り行われました。

https://youtu.be/fliuEvQBnpM
一人一人にパワーを

チャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノが始まったのは2015年2月に日本の大阪で”イーサリアムジャパン”という何かクールな話から、仲間が集まりゆっくりと時間をかけて新しいアイディアが多くのアルコールとともに大きくなり、現在(世界で時価総額3位のブロックチェーンプロジェクト)に至ったと感慨深げに話を進めました。

ホスキンソン氏はスピーチの中で、カルダノのプラットフォームには世界を変えるスーパーパワーが宿っており、それは一人一人の私たちに宿っており、カルダノの成長はその一人一人の力によるものだと述べていました。

“だからカルダノは当然良いときもあれば悪いときもあります。”それは私たちそのものだからですね。この意味はカルダノは私たち一人一人の力で成し遂げ成長していくものだということです。これこそが興味深く、特別でパワフルな力の源であり、カルダノのコンセプトだと言えます。

ホスキンソ氏は、カタリストの成長のように最初は数百名だっとものが、どんどん増えて現在1万人になり、将来的には100万人なると話、どうやってこの成長を止めることができるでしょうか?と問いかけています。

ポイントは(カルダノの)分散台帳は証明をチェック(Ploof checker)するだけで、その上にある誰にも止められないBootstrapping(ブーストラッピング:自動実行する)するコミュニティは、軍隊であり、国家であり、全世界そのもの。誰もが自分のスペースがあり、誰が何を言おうとそれは正しい。それはとてもシンプルなコンセプトだと述べています。カルダノは一人一人に力を与えるプラットフォームそのものということですね!

これがカルダノプロジェクトのポイント(核心)であり、イノベーションのエンジンであると述べています。もはや悲観主義は必要ありません。これがカルダノであり、それが全てだということです。

カルダノは人々一人一人に本当の力を、本当の自由をもたらしたのではないでしょうか?

”私たちにはもはやトップは必要ありません。あたらしい世界、新しいシステムがやってきたのです。誰も腐敗した世界に住みたくないです!”

故人的にはこれこそがカルダノを信じて良かったなあと思うことで、チャールズさんの力強い言葉により一層の勇気が湧いてきました。

この後、後述しますがワクワクするような発表がたくさんなされました。

カルダノコミュニティの皆が主役になるカルダノDappsストア

ホスキンソン氏は、スピーチの中で、カルダノはDappsストアをオープンさせると発表しました。しかしこれはAppleやGoogleなどのアプリストアとは違い、アプリをストアにアップさせるために、誰かの許可を得る必要はないと話しています。

誰もが自由にアプリ創造し世界に広げることができ、Appleがコントローする世界ではなく、コミュニティによるもの、公平な世界。主役そのものが、カルダノコミュニティの皆であるとチャールズ氏は語っています。

インターネットにアクセスしなくてもカルダノ・ブロックチェーンと対話できるようになる「史上初のブロックチェーンウォレット

チャールズ氏は、インターネットにアクセスしなくてもカルダノ・ブロックチェーンと対話できるようになる「ライトウォレット」とミスリの技術について語っています。

このウォレットは、1つのモバイルアプリケーションで、取引、NFTの保持、購入などをすべて行うことができる、史上初のブロックチェーンウォレットとなる予定とのこと、これはカルダノ・ユーザーにとって、素晴らしい体験がもたらされる大変楽しみで画期的な発表です。

フォーチューン250社に選ばれている『衛星テレビ』のインフラを運営を行うDISHとのパートナーシップ

カルダノは『衛星テレビ』のインフラを運営を行うDISHとのパートナーシップについての発表を行いました。DISHは昨年の2020年には154億9000万ドルの年間収益を報告しており、フォーチューン250社に選ばれているいます。

このパートナーシップにより、DISHのユーザー800万人の顧客にDID(分散型アイデンティティソリューション)を提供できるようになり、世界の通信業界とブロックチェーン技術を結びつけるものと期待されます。実際、このような種類のコラボレーションは、暗号圏全体で見ても初めてのものだそうです。

また、ホスキンソン氏は、今回のパートナーシップは、DISHにカルダノブロックチェーンを導入することを目的としており、このビジネスモデルは非常にチャレンジングで、新しい業界の標準になる可能性があると述べています。

Dishは1,900万人以上の膨大なユーザーを抱えており、ホスキンソン氏によれば、現実と仮想空間、カス空間と別の仮想空間を行き来するためのアイデンティソリューション、つまりカルダノのアタラ・プリズムの導入により、カルダノがメタヴァースのインフラとなることが期待されます。

また、DISHは、2014年にすでにビットコインの受け入れを開始していました。2018年8月には、ビットコインキャッシュのサポートも追加しており、大手衛星テレビプロバイダーの共同創業者であるチャーリー・エルゲン氏は、DISHのビジネスを改善するためにブロックチェーンを活用することを検討していたと述べています。

リアルタイムのマーケットデータ用にチェーンリンクのオラクルを統合

サミットでは、カルダノは開発者がカルダノDeFiアプリケーション用のスマートコントラクトを構築することを支援する、Chainlink Labsとの新しい戦略的コラボレーションが発表されました。

カルダノのブログによれば、Chainlinkは現在、DeFi、保険、ゲームなどの主要産業で数百億ドルを確保しており、グローバル企業や大手データプロバイダーにあらゆるブロックチェーンへのユニバーサルゲートウェイを提供しているとし、この新しいコラボレーションにより、Cardano DeFiアプリケーション用のスマートコントラクトを構築する開発者へのサポートが追加されるとしています。

ブログでは、実世界のデータベースへのアクセスは、Chainlink社の分散型「オラクル」ネットワークを通じて提供されるとし、このネットワークは、改ざん防止された高品質の外部データをブロックチェーンに提供することで、選挙結果、スポーツ統計、暗号通貨レートなどのデータセットを中心に「スマートコントラクト」を実行できるようになると述べています。

Acuantとの新しいパートナーシップを発表

カルダノは業界をリードするAcuantとの新しいパートナーシップを発表しました。これにより分散型アイデンティティ・ソリューションであるAtala PRISMの一部として、が提供するKYCおよびAML機能を提供が可能になります。

アイデンティティ管理はビジネスを行う相手を真に理解し、いつでもどこでも安全な取引を可能にすることを意味します。

AcuantのTrusted Identity Platformは、AIを活用した本人確認、規制コンプライアンス(AML/KYC)、デジタルアイデンティティのソリューションを提供し、比類のない精度と効率を実現します。

https://youtu.be/4rQz1pmpQ6c



Acuantの公式サイト

「Atala PRISM Pioneers」を導入

続いて分散型IDソリューションである『Atala PRISM』をカルダノ DAppsに組み込む開発者および政府機関向けの新しいプログラム「Atala PRISM Pioneers」を導入することを発表しました。これはカルダノエコシステムに、『Atala PRISM』導入を促進し、初期参入者をバックアップすることを目的としています。

ブロックチェーンのセキュリティをサプライチェーンに導入

飲料メーカーのStrait Brands社が、Atala SCANを使用して、グローバルな取引や流通ネットワークが抱える問題(製品の偽造など)を解決する方法を紹介しています。

オーストラリアの高級スピリッツ企業であるStrait Brands社が、IOHKが開発したAtala SCANを使用して作成した改ざん防止のソフトウェアシステムを導入するとのこと。IOHKのツィートによれば、2022年末までに400万本のボトルを供給する予定で、生産プロセスを全体を構築すると伝えています。

また、ブログによれば、SCANはInput Output社のAtalaスイートに含まれており、これまでで最大規模のブロックチェーンパートナーシップで使用されているとしています。例えば、エチオピアの教育業界との先駆的なプロジェクトでは、500万人の生徒に即時検証可能なデジタルIDを提供します。これらは、成績の確認、学校の成績の監視、全国的な教育と雇用の促進に使用される予定です。

エコシステムの機会を得るための商業ツールキット

IOのチーフコマーシャルオフィサーであるジェリー・フラジスカトスは、グローバルレベルで機能する複雑なシステムを作ることでキャリアを築いてきました。現在、彼はカルダノブロックチェーンの商業ネットワークを拡大しています。彼は、10億人のユーザーに向けたIOのパートナーシップとコラボレーションの将来像を垣間見せてくれます。

分散型ガバナンスへの道を歩む『ヴォルテール』

なぜコミュニティの協力がカルダノの未来の鍵なのか? 世界最大の分散型イノベーションファンドであるProjectCatalyst2021の設立を監督したDor Garbash氏が、オンチェーンガバナンスの未来について考察を述べ、分散型ガバナンスについての説明と、投票とカルダノトレジャリーによってコミュニティがカルダノを維持し、システムレベルの改善を行う方法についての説明を行っています。

アフリカの新しいファンドが、大陸で最も革新的なブロックチェーンプロジェクトに資金を提供するために600万ドルを投資

アフリカの新しいファンドが、大陸で最も革新的なブロックチェーンプロジェクトに資金を提供するために600万ドルを投資します。このファンドは、起業家の割合が大陸の中で最も高いアフリカには、イノベーションのためのユニークな機会があるという認識のもとに作られました。

このユニークなファンドは、第3位のブロックチェーンプラットフォームであるカルダノ上での構築を希望するアフリカの最も革新的なスタートアップ企業に資金を提供します。IOHKは、このファンドとのパートナーシップにより、成功したプロジェクトが指導、資金調達、持続的なサポートを受けられるようにします。

そのほかカルダノ「カルダノサミット2021」で複数の戦略的パートナーシップを発表

カルダノ財団は、上記の提携の他にも多様なコラボレーションを発表しています。

カルダノ財団はブログで、100万本の植樹を含む新たなグローバル・インパクト・チャレンジを開始し、NFTキャンペーンを促進するために主要なesportsプラットフォームであるRivalと協力し、ubxとのパートナーシップを通じて分散型金融へのさらなる挑戦を行い、aid:techとのアイデンティティ・ソリューションの開発をサポートすると発表しています。

  • veritreeとの提携:カルダノが世界的な土地回復と植林の検証会社であるveritreeと提携し、その記録をカルダノのブロックチェーン上に確保する
  • esports大手のRivalとの提携:ナショナル・フットボール・リーグ(NFL)のシアトル・シーホークス、ナショナル・バスケットボール・アソシエーション(NBA)のデトロイト・ピストンズ、イングランド・プレミアリーグ(EPL)のアストン・ヴィラとワトフォードなどを顧客とするRivalのプラットフォームにおいて、NFTの作成・配布、NFTの物理的商品への交換、マーケットプレイスベースのロイヤリティの提供を促進する。
  • 規制機関であるUBXは現在、Cardano上でパブリックステークプールを運営:カルダノはUBXとの戦略的なコラボレーションにより、オンチェーンでのDeFi活動の増加に向けて前進しました。UnionBankからスピンアウトしたフィンテックベンチャースタジオ兼ファンドであるUBXは、カルダノを対象とした独自のパブリックステークプールを開始
  • 分散型金融のアイデンティティソリューションをサポート:カルダノは、ブロックチェーンを通じて金融・決済・保険のためのアイデンティティベースのソリューションを提供するAID:tech社への支援を確認しました。このコラボレーションでは、カルダノがAID:Techチームに技術的なガイダンスを提供し、彼らが信頼できるアイデンティティ管理と所有権のための検証可能なクレデンシャルを開発し、顧客や消費者が迅速に支払いや払い出しを処理し、膨大な量の取引を確実に処理できるようにします。
二日目:9月26日 日曜日 24:00〜

二日目のCardanoSummit2021は、『プログラム:LIVEーAIとロボット。チャールズとベンが過去・現在・未来を語る』から始まりました。

チャールズ・ホスキンソン氏、ベン・ガーツェル氏に加え、 スペシャルゲストに『ロストインスペース(邦題:宇宙家族ロビンソン)』の監督さん(恐らく)とロボットのフライデー、そしてAIのグレィスが登壇し、”AIとロボット:過去、現在、未来 ロボット、アンドロイド、AI…しかし、未来は本当にどうなるのか?”、そして、”未来の世界でのブロックチェーン の役割”についてディスカッションがなされました。

Oasis Pro Markets(オアシス・プロ・マーケッツ)と提携

カルダノがパートナーとしてOasis Pro Marketsと提携し、開発途上国の金融市場へのアクセスを向上させるための新しい取引システムを構築します。

デジタル証券の革新的なマーケットプレイスと代替取引システムを提供するオアシスプロマーケッツが、なぜ、カルダノ・ブロックチェーン上でRealFIを実現する最初のプラットフォームとして選ばれたのか?そして、『プログラム:ギャップを埋める – 人と資本をつなぐ』について語っています。

Oasis Pro Markets(オアシス・プロ・マーケッツ)は、米国で初めて認可された代替取引システム(ATS)で、利用者がデジタル(ブロックチェーン)証券を取引し、デジタルキャッシュ(安定したコイン)またはフィアットでそれらのデジタル証券の支払いを行うことができます。

公式サイト

カルダノで発行されたNFTが100万を超え

カルダノで発行されたNFTがついに100万を超えました。カルダノエコシステムの中でNFTは大きく成長しています。

ブロックチェーン革命のガバナンス DCFの紹介

私も最初に読んだ『ブロックチェーン・レボリューション』の著者ドン・タプスコット氏による『ブロックチェーン革命のガバナンス DCF』の紹介がありました。

ドン・タプスコット氏といえば、伝説的なデジタル思想家であり、ベストセラー作家であり、起業家でもある彼が、デジタルアセット分野の現状と、10の業界変革について、主な課題とともに語りました。
ガバナンスは各プラットフォーム/プロトコルと業界全体にとって重要であり、DCF(Decentralized Consortium funding:分散型コンソーシアムによる資金調達)が鍵となると語っています。

ドン・タプスコット氏は、テクノロジーがビジネスや社会に与える影響に関する世界的な権威であり、これまでに16冊の著書が出版されています。今日のビジネス用語の一部となっている多くのコンセプトを生み出し、世界中の企業や政府のリーダーから求められています。

現在は、Blockchain Research Instituteの共同設立者兼エグゼクティブチェアマン、INSEADの非常勤教授、オンタリオ州トレント大学の2期にわたる学長、カナダ勲章の会員でもあります。
ドン氏の最新のTED Talkを見る

https://thedcf.io
すべての人のためにより良い未来を築くIOHK

より民主的、倫理的、包括的な社会のためのOSを構築するには?金融の世界に公正さをもたらすには?より良い社会への道を切り開く可能性のあるガバナンスのルールとインセンティブ

スピーチ:ミハエラ・ウリエール

Hydraーカルダノのスケーラビリティに新風を吹き込む

アーマッド・アルカブラ氏が、Basho時代の中心的なコンポーネントであるHydraについて、なぜスケーラビリティが重要なのか、Hydraはスケーラビリティに何をもたらすのか、そしてこれがカルダノ・エコシステムにどのような利益をもたらすのかを語っています。

Hydraはカルダノをよりよく、速く、安く使えるようにし、支払い、マイクロペイメント、ゲーミング、RealFi、DEXに利用されます。

バベルの手数料:カスタム通貨による取引手数料の支払い

取引手数料をカスタムトークンで支払うことを可能にする、カルダノの新しいスキームと、手数料の安定化や為替レートの変動を相殺するためのアプローチについてご紹介しています。

スピーカー(S):アゲロス・キアイアス マニュエル・チャクラバルティ(Manuel Chakravarty) Nikos Karagiannidis Polina Vinogradova マイケル・ペイトン・ジョーンズ

文化、ガバナンス、そしてカルダノで道を切り開くこと
https://youtu.be/nmS6eDvJElo

IOのチーフ・スタッフであるタマラ・ハーセン氏が、分散型テクノロジーによって世界中の誰もがより公平な条件を得られるような文化を作るというビジョンを語りました。

クリプトバイソン:あなたが探していたバイソン…

このプレゼンテーションでは、IOHKと協力して開発したビデオゲーム愛好家のグループ(@CryptoBisons)を紹介。

NFTsを組み込んだゲーム『クリプトバイソン』を開発しています。

Djed: 正式に検証されたアルゴリズムによる暗号化された安定コインのプロトコル

Djedは、アルゴリズムを用いたステーブルコインプロトコルで、安定性の主張が正確かつ数学的に述べられ、証明される自律的な銀行のように振る舞います。

スピーカー(S):フィリッペ・ディミトリェヴィッチ ブルーノ・ヴォルツェンローゲル・パレオ

ビットポイントー ADAと日本の取引所の未来

ビットポイントのCEOのOda Genki氏が登場し、カルダノADAが日本の市場に上場できた背景には、カルダノADAがエネルギー効率の高いブロックチェーンで、SDGs(持続可能な開発目標)に合致したという点があったことを説明。

そのほかビットポイントが行っている中古車事業、eスポーツなどの取り組みも、gカルダノADA、カルダノ・コミュニティと共に展開していくこができればと強調していました。

Wolframー科学の芸術

ウォルフラム リサーチは,PlutusスマートコントラクトとカスタムNFTオークションサイトの作成により、カルダノと統合してカルダノ・エコシステムにデータを供給するオラクルを構築。

さらに COTIネットワークと提携し、カストディアン・ペイメント・ソリューションを構築しました。

Marlowe:金融の未来

Marloweは、オンチェーンで実行されるピアツーピアの契約を促進することで、金融を民主化します。このセッションでは、特殊用途のスマートコントラクト言語とMarlowe製品群を掘り下げています。

http://marlowe-finance.io

カルダノで素晴らしい製品を作る

ダイナルパテル(@dynalpatel)氏は、グローバルな視点から、IOのAtala PRISMプラットフォームを立ち上げ、開発途上国を中心に支援を行ってきました。

現在、彼はカルダノを革新的な製品のための主要なブロックチェーンとして確立しつつあります。

EMURGOーカルダノの未来への投資

EMURGOのCEO児玉 健氏による『EMURGOーカルダノの未来への投資』

EMURGOの新しいカルダノエコシステム投資ビークル(「EMURGO Africa」と「EMURGO Ventures」)は、すでにカルダノにフォーカスしたプロジェクトにシード投資を行っています。

アンチ・マキシマリズム:業界発展のためのコラボレーション

ブロックチェーン業界では、相互運用性が長い間問題となっており、しばしば進歩と革新を妨げています 「1つのブロックチェーンがすべてを支配する」事が、なぜ繁栄するエコシステムに悪影響を及ぼすのかを探っています。

研究と大学との連携

教育は未来への鍵です。このセッションでは、私たちが現在取り組んでいる以下の大学との共同研究プロジェクトについて詳しくご紹介 アテネ経済商科大学(AUEB)@AUEBと スタンフォード大学といった2つの外部学術パートナー

A singular vision

分散型AIの積極的な活用をリードするのは@singularity_netのCEOであるBen Goertzel氏は、Cardanoの人工知能が、世界で最も困難な問題の多くに解決策を提供できることを説明しています。

MUKNーGlowを使ってスマートコントラクトの道を開く

MUKNの共同設立者@phanaero & Alexander Smart氏と一緒に、DAppsを開発し、複数のブロックチェーン上で動作するコードにコンパイルするためのドメイン固有の言語であるGlowを深く掘り下げます。

ブロックチェーン導入のための教育の重要性

この基調講演では、LarsBrunjes氏によりブロックチェーン技術を発展させ、何十億人もの人々の生活を向上させるために、教育が果たす重要な役割について説明しています。

アウトプットをインプットに:UTXOアライアンスを設立

UTXOアライアンスは、UTXOエコシステム内のイノベーションとコラボレーションを推進し、豊富な研究、専門知識、新しい共有ツールを開発コミュニティに提供することで、さらなるコラボレーションを促進することを目的としています。

ビットコインで試されたUTXO台帳モデルは、セキュリティとスケーラビリティの金字塔です。eUTXOモデルは、ブロックチェーンのスケーラビリティ、プログラマビリティ、相互運用性を向上させるために、これをさらに一歩進めたものです。

この技術の最前線にいる人たちに共通の努力やイニシアチブを促すことで、ブロックチェーン技術の普及に必要な重要なインフラの開発を促進することができます。

UTXOアライアンスは、UTXOモデルの拡張性、安全性、相互運用性を高めるために活動する個人や組織とのコラボレーションを開始するために作られたイニシアチブです。

UTXOアライアンス公式サイト

ライブパネル 2025年の青写真:Blueprint for 2025

最後にカルダノの『2025年の青写真』についてのライブパネルが下記の豪華メンバーで行われました。

ブロックチェーンの未来、規制などカルダノの未来について語られました。

スピーカー(S):チャールズ・ホスキンソン ジェリー・フラジスカトス ロマン・ペラン ロブ・アダムス ジョエル・テルプナー フレデリック・グレガード スペシャルゲスト

歴史を作ったIOHKそして偉大なカルダノコミュニティの皆さん”ありがとう”

最後にチャールズさんは、最後に25分程度余った時間にもう一度登壇し、最後の力を振り絞るように自信に満ちた素晴らしいスピーチを行い、カルダノサミットは幕を閉じました。

ほとんど全ての内容は紹介しきれませんでしたが、今回のサミットは、私たち一人一人にパワーと勇気を与えてくれるカルダノの”ビジョン”と”ミライ”が詰まった勇気と希望をたくさん受け取りました。

しばらくこの興奮は消えることないでししょう。そして来年のサミットに向けてカルダノ・エコシステムは指数関数的に、加速度的に成長し、たくさんの奇跡を起こしながらスパイラルのようにまたすぐにやってくることでしょう。

新しい世界を定義したカルダノ。本当にありがとう。そして偉大なカルダノコミュニティの方々一人一人に”ありがとう”と言いたいと思います。

そして”One More Thing(もう一つ)

そして”One More Thing(もう一つ)”最後に素晴らしい情報が発表されました。

チャールズホスキンソン氏とCOTIのCEOであるShahaf Bar-Geffen氏は、COTIプラットフォームがカルダノの新しいステーブルコインであるDjedを公式発行することを発表しました。

Djedのステーブルコインは、全く新しい顧客層にアピールすることで、暗号空間におけるゲームチェンジャーとなる可能性があります。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック291

カルダノがスマートコントラクト機能を正式にロールアウト:チャールズ・ホスキンソン氏による次の展開について

カルダノに新しい時代アロンゾがやってきました。これによりカルダノ・ネットワークにスマートコントラクトが導入され、Daily Hodlは、”技術者と非技術者の両方のユーザーがネットワーク上で構築できる一連のコンポーネントを提供するPlutusアプリケーションバックエンドのデビューが含まれる”と伝えています。

2021年9月16日の東京都千代田区議会で行われる定例区議会で「未来のデジタル社会の可能性を千代田のブランディングに」の一般質問が行われます
カルダノ(ADA)がアロンゾのアップグレードにより待望のスマートコントラクトを迎える

カルダノは最新のアップグレードであるアロンゾ・ハードフォークにより、カルダノネットワークにスマートコントラクト機能がついに搭載されました。これをCryptoslateが伝えています。

カルダノ・アロンゾの最新情報:100以上のスマートコントラクトがすでにネットワーク上で稼働中

U.TODAYは世界第3位のブロックチェーンであるカルダノは、スマートコントラクトの導入が完了し、この技術の実装により、幅広い金融アプリケーションを構築することができるとし、カルダノは、予測可能な取引コストを使用することで、ブロックチェーンの競合の主な問題を予防的に解決していると伝えています。

また、開発者はブロックチェーンの機能を最大限に活用したアプリを作ることができるようになり、カルダノの金融システムをさらに進化させ、金融コストと環境コストを削減したグローバルな金融システムに近づけるもので、最初の24時間で、カルダノのネットワークは、起動準備の整った最初の分散型アプリケーションに加えて、100以上のスマートコントラクトを迎え入れたと伝えています。

カルダノ(ADA)が最も開発されたプロジェクトのリストのトップになり、2年連続でイーサリアムを上回る

Outlier Venturesがまとめたブロックチェーンの開発動向に関する調査によると、50のオープンソースプロトコルのサンプルの中で、カルダノが最も開発されていることがわかった。強力な開発活動はプロジェクトが成功する可能性を高めるとし、コミットメトリクスを分析することは、特定のブロックチェーンプロジェクトの基本的な強さを評価する1つの方法であるとcryptoslateは伝えています。

カルダノ・アロンゾのアップグレード、最初の24時間で100のスマートコントラクトが処理されました

カルダノ・アロンゾのアップグレード後の最初の24時間で100のスマートコントラクトが処理されました。チャールズ・ホスキンソン氏は、来年の今頃には、有用な、場合によっては人生を変えるような分散型アプリケーションがシステム上で実行されており、今後10年間で数百万人から数十億人の人々の生活を一変させることになると述べたことをCityam.comは伝えています。

カルダノの大型パートナーシップが進行中!ADAの価格を10ドルにするための燃料となるか?

Cinpediaによると、カルダノのエコシステムは、日に日に注目を集め、採用されており、Outlier Venturesの調査によると、50のオープンソースネットワークの中で、カルダノは最も発展したエコシステムであると評価されています。さらに、多くのNFTプラットフォームがイーサリアム(Ethereum)に移行しており、切り替えの主な理由は、イーサリアムの高いガス料金と伝えています。

EMURGOが「Astarter」を発表し、DeFiがCardano(ADA)に登場

EMURGOが中国を拠点とするテクノロジー企業BlockChain4AとのジョイントベンチャーであるAstarterを正式に発表。Astarterは、年内にリリースされる初期の分散型取引所提供(IDO)のローンチパッドの開発を開始し、続いてカルダノ上の分散型取引所(DEX)の開発も行います。

カルダノ、アロンゾ HFCの4日後に4万件以上のスマートコントラクトが展開される、これが価格に与える影響は?

Newsbtcによると、アロンゾ(Alonzo) HFCから4日目にあたる現在、ネットワーク上のスマートコントラクトの数は4万件以上に達しており、これは、開発者がカルダノのエコシステムにもたらすためにすでに取り組んでいるプロジェクトの数を証明しているとのこと。

また、現在、これらのスマートコントラクトはタイムロック契約となっており、開発者が利用する準備が整うまで特定の期間、効果的にロックされており、開発者はプロトコルの開発に必要な時間を確保しつつ、スマートコントラクトの用途を事前に確保することができると伝えています。

Alonzoのアップグレードが完了したカルダノは、大きなパートナーシップを示唆している

CryptoNewsFlashによると、カルダノはスマートコントラクトの導入を終え、すでに60以上のDappsが構築されています。また、カルダノ財団のブランド・広報責任者であるSidney Vollmer氏がツィートした”カルダノサミットで発表するパートナーシップの中には、「人々の心を揺さぶるものがある」”という言葉を引用し、カルダノは大きなパートナーシップを示唆していると伝えています。

SIPOエポック291ステーキング報告

SIPOエポック291終了時点ステーキング動向

SIPO、SIPO2、SIPO3エポック291ステーキング報告

SIPOエポック291ステーキング報告
SIPO2エポック291ステーキング報告
SIPO3エポック291ステーキング報告

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。