IOGブログ, ニュース, ...

米国の携帯電話会社がカルダノに注目

以下はIOGブログに掲載された記事「US mobile operator calls on Cardano」を翻訳したものです。

米国の携帯電話会社がカルダノに注目

By Anthony Quinn September 28, 202

Dish Network、2000万人のTVとBoostの携帯電話加入者向けサービスの構築を目指す

米国の携帯電話事業者がカルダノを採用

ディッシュ・ネットワークとインプット・アウトプット・グローバル(IOG)は、ナスダックに上場している米国の衛星テレビ・携帯電話ネットワークグループ全体でのカルダノ・ブロックチェーンの利用を検討するための戦略的協力関係を構築しました。

両社は、Boostモバイルネットワーク、ディッシュの衛星テレビ、ストリーミングテレビサービス「Sling」の顧客向けに新しいサービスを構築することを目指しています。ディッシュは、テレビの加入者数が1,140万人、ワイヤレスの加入者数が940万人となっています。

ディッシュは今月、来年夏までに米国の人口3億8,300万人のうち少なくとも5分の1をカバーすることを目指している5G携帯電話ネットワークに、IBMの技術を導入することを発表しました。

IOGの最高経営責任者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、通信業界における分散型台帳技術の利用に大きな可能性を見出しています。

今日、通信業界を見ると、アイデンティティの利用とデータの移動が交錯しています。ディッシュが次世代ネットワークを解放することで、これらのイノベーションを共に進める大きなチャンスが生まれると考えています。

ディッシュは、2020年にBoost社を買収して全国規模の無線通信事業者となり、現在、O-RAN(オープン・ラジオ・アクセス・ネットワーク)技術をベースにした米国初の仮想化ブロードバンドネットワークを構築しています。

ディッシュ・ワイヤレスのイノベーションオフィスの責任者であるクリス・アーゲン氏は、次のように述べています。

ディッシュは、常に事業や業界内のイノベーションをリードしてきました。今回の試みで、私たちはブロックチェーンと通信という、急速に変化し、根本的に変革する2つの業界の交差点に身を置くことになりました。ブロックチェーンと通信という、急速に変化している2つの業界の交差点に身を置くことになります。

この2つの分野は本当にエキサイティングな時期であり、チャールズ氏やIOGチーム、カルダノコミュニティと協力して、多くの人が役に立つ素晴らしいシステムを開発できることに興奮しています。

ディッシュ・ネットワークは1980年に設立され、1995年にナスダック市場に上場しました。現在では、ビジネス誌『Fortune』が集計する米国の売上高ランキング200位以内に入っています。ホスキンソン氏は、次のように述べています。

ディッシュは、会社の初期にさかのぼって、通信業界の反逆者と見ています。彼らは何度も反復と革新を繰り返してきましたが、そのすべての段階で常に業界全体をリードし、変革していました。

IOHKは、すでにワールド・モバイル社と共同で、アフリカでの新しいモバイルサービスの構築に取り組んでいます。

カルダノサミット2021のウェブサイトIOHKのツイッターから、すべての発表をキャッチしてください。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。