ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン氏がバーチャルカンファレンスでカルダノの未来を語る

Decryptは、カルダノ・サミット(Cardano Summit)2021のオープニングキーノートでチャールズ・ホスキンソン氏によって語られたカルダノそしてブロックチェーンの未来について伝えています。

以下はDecrypt.coに掲載された記事「Charles Hoskinson Outlines Future for Cardano at Virtual Conference」を翻訳したものです。

チャールズ・ホスキンソン氏がバーチャルカンファレンスでカルダノの未来を語る

カルダノは、米国の大手通信会社と提携しています。

By Robert Stevens 2021年9月26日

カルダノサミット2021

カルダノ・サミット(Cardano Summit)2021では、世界中のADAファンを表す約100体のボビングアバターが身を寄せ合い、チャールズ・ホスキンソンがカルダノの未来を説明する様子を見ています。私たちは巨大な空飛ぶ亀に乗っています。上空にはエイが飛んでいます。

ホスキンソン氏は、カルダノを開発するソフトウェア会社であるInput OutputはAppleのようなものだと言う。つまり、私たちは次のスティーブ・ジョブズ氏を見ているのだ。しかし違うのは、ホスキンソン氏は間もなく彼の繁栄するエコシステムの中で主役の座を降りることになり、今頃は興奮に胸を躍らせている我々ボブルスが、次のスティーブ・ジョブズ氏になるということだ。

ホスキンソン氏は、「(スティーブ・ジョブズ氏)あなたは私に人を信じる心を取り戻してくれました。私たちに解決できない問題はない、私たちに登れない山はないと信じさせてくれました」。しかし、ホスキンソン氏はそれ以上のものを私たちに与えてくれました。

カルダノアプリのための非中央集権的なアプリケーションストアが登場すると彼は言い、ボブルたちが、たとえかかとで回転している誤った黄色のボブルであっても、それを埋める手助けをすることが暗示されています。AppleのApp Storeとは異なり、アプリをアップロードするのに誰かの許可を得る必要はない。軽快なモバイルウォレットも登場し、Chainlinkはカルダノと統合する予定です。

基調講演でホスキンソンは、DISH(ディッシュ)とInput Outputが戦略的パートナーシップを結んだことを発表します。DISHはアメリカのフォーチュン200社に選ばれている企業で、衛星テレビのインフラを運営しています。「通信業界の反逆者」とホスキンソンは言います。IOHKは彼らと一緒に商品を作っていきます。

カルダノサミット2021

IOHKがどのような製品を作るのかは不明だが、「帯域証明」や「分散型のアイデンティティとロイヤリティプログラム」が議論されている。”ブロックチェーンは接続性がなければ役に立たない “と、DISH Office of Innovationの共同設立者であり会長のクリス・アーゲンは言う。これらの技術が一緒になれば、”指数関数的に大きくなる”。

近くにいたボブルが私の上に飛び乗ってきて、基調講演から気をそらしてしまう。イギリスのノッティンガムシャー出身のボブルは、ひっきりなしに鳴いていて、集中できない。聞くところによると、「焼きの足りない消費者」への「潤滑油」としての参入だそうだ。うんざりして島に引きこもると、心地よい音楽が流れ、滝の下で瞑想している。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。