ニュース, ブログ, ...

カルダノ(ADA)がアロンゾのアップグレードにより待望のスマートコントラクトを迎える

カルダノは最新のアップグレードであるアロンゾ・ハードフォークにより、カルダノネットワークにスマートコントラクト機能がついに搭載されました。これをCryptoslateが伝えています。

以下はCryptoslate.comに掲載された記事「Cardano (ADA) welcomes much-awaited smart contracts with launch of Alonzo」を翻訳したものです。

カルダノ(ADA)がアロンゾのアップグレードにより待望のスマートコントラクトを迎える

By andjela radmilac – September 14, 2021 at 2:00 am utc

最新のアップグレードにより、野心的なネットワークにスマートコントラクト機能がついに登場しました。

カルダノを運営するInput Output Hong Kong(IOHK)は、アロンゾ(Alonzo)のアップグレードをついに展開したことを発表しました。HFCイベントはエポック209の前のロールオーバーで21時47分(UTC)に行われ、カルダノの新しい時代の幕開けとなりました。

アロンゾ(Alonzo)アップグレードにより、Plutusスクリプトをブロックチェーン上に統合することが可能となり、カルダノ上でのスマートコントラクトの実装が可能となりました。

カルダノの最大の動きは、まだ始まったばかりです

IOHKのマーケティング・コミュニケーション・ディレクターであるティム・ハリソン氏は、アロンゾ(Alonzo)のローンチは祝福すべき瞬間だったが、カルダノにとってはまだ始まったばかりだと述べている。ハリソン氏は最近のブログ記事で、スマートコントラクトをカルダノに導入するためにIOHKが歩んできた長く疲れる道のりを振り返り、新時代に向けた最大の動きは2020年3月のバイロン(Byron)再起動であったと指摘。同年7月のシェリーアップグレードでは、カルダノが真の分散型ネットワークになることに近づいた。今年のメアリーアップグレードでは、マルチアセットネットワークを構築し、ネイティブトークンを導入して、採用率と利用率を過去最高に押し上げました。

アロンゾ(Alonzo)のアップグレードは、この成功の上に構築されており、堅牢で活況を呈するDeFiエコシステムのバックボーンとして機能している、とハリソンは述べています。

しかし、アロンゾ(Alonzo)はまだ進行中であることを指摘しました。

はっきりさせておこう。道には段差があるでしょう。初期のユーザー体験は完璧ではないかもしれません。初期のDAppsには問題があるかもしれません。優れた開発チームもあれば、劣悪な開発チームもあるでしょう。これはパーミッションレスで分散化されたブロックチェーンなので、避けられないことです。そして、いくつかのDAppsは安全でないことが判明するかもしれません。

IOHKは今回のアップグレードに大きな期待を寄せています。9月から10月にかけて何十ものプロジェクトが展開され、第4四半期には展開ペースが加速すると予想されています。ダイナミックなdAppの展開に続いて、ネットワークのメンテナンスも同様にダイナミックに行われます。

ハリソン氏は次のように述べています。

今後も、2週間に1度の新コードのリリース、定期的なメンテナンスアップグレード、そして四半期ごとの大きなHFCイベントを継続していきます。ハリソンは次のように述べています。「我々は、利用パターンを追跡・監視しながら、プラットフォームの調整と最適化、パフォーマンスの調整、価格設定の改善を続けていきます。この柔軟でスケーラブルなプラットフォームを、今後数ヶ月の間にどのように調整すべきかは、実際の使用状況が明らかにしてくれるでしょう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。