IOGブログ, ニュース, ...

COTI社、カルダノ上でDjedステーブルコインを発行へ

以下はIOGブログに掲載された記事「COTI to issue Djed stablecoin on Cardano」を翻訳したものです。

COTI社、カルダノ上でDjedステーブルコインを発行へ

急成長するエコシステムのための革新的なコインをカルダノサミット 2021で発表

By Anthony Quinn 2021年9月26日

日曜日にワイオミング州ララミーで開催されたカルダノサミットのステージで、チャールズホスキンソン(Charles Hoskinson)氏とShahaf Bar-Geffen氏は、COTIプラットフォームがカルダノの新しいステーブルコインであるDjedの公式発行元になることを発表しました。

Djedは、価格の安定性を確保するためにスマートコントラクトを用いたアルゴリズム設計に基づいています。スマートコントラクトのプログラミングは、この日曜日にワイオミング州ララミーで開催されたカルダノサミットのステージで、チャールズホスキンソン(Charles Hoskinson)氏とShahaf Bar-Geffen氏は、COTIプラットフォームがカルダノの新しいステーブルコインであるDjedの公式発行元になることを発表しました。コインが分散型金融(DeFi)取引で効果的に機能することを保証するためにも使用されています。

Djedは、ベースコインのリザーブを維持する一方で、他の様々な安定資産やリザーブコインを鋳造・燃焼させることで運営されています。これは、カルダノネットワーク上の取引手数料の支払いに使用されるように設計されています。その利点の一つは、取引コストをより予測しやすくすることで、ユーザーにとって変動の激しい法外なガス料金を避けることができることです。

COTIの開発チームは、ステーブルコインが、支払いの決済や手数料のカバーのために、多くの暗号化ユーザーに採用される「キラーアプリ」であると考えています。同社は、カルダノ開発のためのcFundから初めて株式投資を受けた企業です。

COTIグループの最高経営責任者であるShahaf Bar-Geffen氏は、次のように述べています。

ステーブルコインのエコシステムは、ここ数年で驚異的に成熟しました。ブロックチェーンの参加者は、送信者と受信者の場所に関わらず、シームレスな方法で金銭的価値を交換することができるため、日常的な取引にステーブルコインを使用しています。

Djedステーブルコインをカルダノのブロックチェーンに加えることで、プラットフォーム上での取引の決済方法が大幅に改善されると信じています。

IO Global社の最高経営責任者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、次のように述べています。

Djedステーブルコインは、すでに業界が天文学的な成長を遂げている時に、全く新しい顧客層にアピールし、暗号空間におけるゲームチェンジャーとなる可能性があります。Djed社は、正式な検証に対する我々のコミットメントを共有し、暗号市場の価格変動に対抗する強固な方法を証明します。

COTI社は、カルダノのエコシステムの長年のパートナーです。彼らがこの新しいベンチャーに参加してくれることは素晴らしいことです。

Djedのウェブサイトをご覧ください。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。