ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

EMURGOが「Astarter」を発表し、DeFiがCardano(ADA)に登場

EMURGOが中国を拠点とするテクノロジー企業BlockChain4AとのジョイントベンチャーであるAstarterを正式に発表。Astarterは、年内にリリースされる初期の分散型取引所提供(IDO)のローンチパッドの開発を開始し、続いてカルダノ上の分散型取引所(DEX)の開発も行います。

以下はCryptoslate.comに掲載された記事「DeFi comes to Cardano (ADA) as EMURGO announces ‘Astarter’」を翻訳したものです。

EMURGOが「Astarter」を発表し、DeFiがCardano(ADA)に登場

By shaurya malwa – September 17, 2021 at 1:00 am utc – 2 min read

このジョイントベンチャーは、EMURGOの技術的な専門知識と、設立事業体の1つとしてのカルダノへの深い理解と、Blockchain4AのDeFi技術インフラの開発経験を組み合わせたものです。

カルダノブロックチェーンプロトコルの公式商業部門であるEMURGOは、本日、中国を拠点とするテクノロジー企業BlockChain4AとのジョイントベンチャーであるAstarterを正式に発表しました。

この合弁会社は、エマーゴの技術的専門知識とカルダノの創設者の一人としてのカルダノに対する深い理解と、Blockchain4AのDeFi技術インフラの開発経験を組み合わせたものです。

カルダノのAlonzoハードフォークは、スマートコントラクト機能をカルダノのブロックチェーンに統合することに成功しました。これにより、開発者はカルダノ ADAのユーザーに対して、DeFiやNFTなどを含む様々な分散型アプリケーション(dApps)の展開を開始することができます。

Astarterは、年内にリリースされる初期の分散型取引所提供(IDO)のローンチパッドの開発を開始し、続いてカルダノ上の分散型取引所(DEX)の開発も行います。

カルダノ上のDeFi

また、Astarterは、完成後、カルダノ上での貸し借り(分散型マネーマーケット)の機能を統合する予定です。これらのサービスは、カルダノ ADAのユーザーにさらなる利便性をもたらし、サービスが行き届いていない地域のより多くの人々に金融サービスを開放することを目的としています。

「DeFiは、現在の金融システムでは十分なサービスを受けられなかった多くの人々に、よりアクセスしやすい金融サービスを提供できるため、過去1年間で非常に急速に普及しています。EMURGOのCEOである児玉健は、声明の中で「幅広いサービスは、特に従来の金融サービスが行き届いていない地域において、金融包摂と社会的結束を促進します」と述べています。

また、「分散型金融は、金融取引を処理する際の透明性、安全性、信頼性を向上させることで、暗号コミュニティにアピールしてきました」と述べています。DeFiアプリで管理されている暗号資産の価値は、急激に上昇しています。

世界経済フォーラムとウォートンのBlockchain and Digital Asset Projectの共同レポートによると、2019年から2020年にかけて、DeFiのスマートコントラクトにロックされたデジタル資産の価値は6億7000万ドルから130億ドルに、関連するユーザーウォレットは10万から120万に増加し、ユーザーの関心の大きな波を示しています。

報告書はまた、”DeFiは、ブロックチェーンの風景の中でも、より一般的な金融サービスの風景の中でも、はっきりとした、潜在的に重要な発展を示しています。” と述べています。現在、DeFiアプリケーションには約1,500億米ドルの総ロックされた価値(TVL)があります…そしてカルダノはそのパイの一部を狙っています。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。