ニュース, ブログ, ...

カルダノの生みの親、チャールズ・ホスキンソン氏が提案する、クリプトにに対する異なる規制施行方法

Thinking Cryptoの新しいインタビュー動画『Charles Hoskinson Interview – Cardano ADA Adoption – Africa, Dish & Boost Mobile, Metaverse, Dapps』の中で、カルダノ(ADA)の生みの親であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、Cardano ADAの成長と採用、アフリカへのビジョン、DISHとBoost Mobileのパートナーシップ、Dapps、NFT、Cardano上のStablecoins、Stake Poolオペレーターと分散化の維持、米国のCrypto規制などについて話しています。

この中で、米国には暗号を規制するための新しいシステムが必要だと述べており、これについてDailyhodlが伝えています。

以下はdailyhodl.comに掲載された記事「Cardano Creator Charles Hoskinson Proposes Different Regulatory Enforcement Approach for Crypto」を翻訳したものです。

カルダノの生みの親、チャールズ・ホスキンソン氏が提案する、クリプトに対する異なる規制施行方法

Daily Hodl Staff November 18, 2021

カルダノ(ADA)の生みの親であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、米国には暗号を規制するための新しいシステムが必要だと述べています。

Thinking Cryptoの新しいインタビューの中で、ブロックチェーンプラットフォームのCardanoを開発した技術会社であるInput Output Hong Kong(IOHK)のCEOは、現在の規制アプローチは暗号資産とうまく機能しないと述べています。

米国は、定義的なシステムではなく、機能的な規制システムに移行する必要があります。私たちは、何かが商品であり、何かが通貨であり、何かが証券であるという世界から脱却しました。

何かが商品であり、何かが通貨であり、何かが証券であるという世界から脱却したのです。というのも、米国では通常、資産の種類に応じて規制機関を設立するからです。CFTCはコモディティやデリバティブを扱い、証券取引委員会は証券を扱います。

私たちは、物事の定義をより明確にした規制システムに移行する必要があります。米国では、仮想資産サービスプロバイダーの定義が十分になされていません。また、ユーティリティー・トークンとセキュリティ・トークンの定義も明確ではありません。我々は、より良い機能モデルと、より良い資産の定義モデルを必要としており、それらを一緒に適用する必要があるのです。

ホスキンソン氏は、新しい執行方法も必要だとし、民間の金融監視は暗号には通用しないと述べています。同氏は、銀行などの伝統的な金融機関が現在、違法な金銭取引の可能性があるケースを発見した場合に提出するSuspicious Activity Report(SAR)のデメリットを説明しています。

つまり、99%の場合、IRSが独自に発見したわけでも、SECが発見したわけでもないということです。つまり、99%はIRSが独自に発見したものでも、SECが発見したものでもなく、金融機関の仲介者から報告されたものなのです。

このような金融仲介業者をすべて排除してしまうと、突然、規制当局がすべて見えなくなってしまうという問題が発生します。実際に何が起こっているのかわからない。物事が見えていないのです。

そこでホスキンソン氏は、暗号化に適したアプローチを提案します。

その解決策は、オープンスタンダードにあると思います。基本的には、取引や取引の決済自体に、規制を遵守することを組み込むことができるのです。それは必ずしも強制的なものではありません。任意であっても構いませんが、できることはあります。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。