エポックな日々, ニュース, ...

今まさにカルダノはコミュニティ総出で歴史に挑む時:ニュース動向 & ステーキング状況 in エポック303

今まさにカルダノはコミュニティ総出で歴史に挑む時

カルダノの開発の進捗状況は極めて順調

カルダノの創設者でIOHKのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、カルダノ・アフリカツアーからアメリカのコロラドの自宅に戻り、既に7本もの動画をアップしています。現在チャールズさんをはじめカルダノの開発陣、カルダノを支えるコミュニティの方々は、それぞれの立場と方法で暗号世界の最前線で戦っています。

カルダノの開発の進捗状況は極めて順調で、様々なタスクが同時進行し、11月と2月のバベッジ・エラの期間は、変更や改良、最適化などが大量に行われ、開発陣はシステムの性能向上、スループット、スケーリング、ブロックサイズ、パラメータなどを向上させることに集中しています。

そんな中、ホスキンソン氏は最新動画の『Surprise AMA 11/21/2021』で、”2022年に向けての大きな優先事項は、最適化とパフォーマンス改善です。”と伝えています。

先の記事でも伝えた通り、バベッジ・エラでは、最適化することでメモリフットプリントもおそらく50%以上の削減になるとし、データ構造がシステムの中でどのように機能するか、UTXOのためのメモリとハードディスクのハイブリッドストレージなど多くの変更が行われ、スクリプトの圧縮についても行われると説明しています。

また、Plutus言語のアップグレードに伴うhaskellコードも最適化するとし、パフォーマンスのために最適化すると説明しています。

これに加えMithrilやHydraなどのセカンドレイヤーの開発も同時に進められています。

そして、Plutus Application Backend(PAB)のリリースも着々と進められており、最新動画の『Surprise AMA 11/21/2021』では、まもなく段階的にPABはリリースされ、1月にはメインネットとの接続が行われる見通しです。

Surprise AMA 11/21/2021
100以上のDAppsプロジェクトがカルダノネットワーク上で開発

PABは既にテスト・ネットに統合されており、現在、多くの製品でテストされています。

その間にも100以上のDAppsプロジェクトがカルダノネットワーク上で開発を進められており、早いプロジェクトでは、もう間も無くリリースの発表を行うプロジェクトも出てきています。

またIOHK開発陣とDApps開発者とのコラボレーションも良好で、ホスキンソン氏はMeldSundaeswapなどのプロジェクトと一緒に仕事をして、多くのことを学んでいると言及、まさに前例のない大仕事にカルダノコミュニティが総出で挑んでいる真っ最中といったところでしょう。

事実、現在話題のSundaeSwapのDEXのリリースも最終段階に来ており、Runtime Verification, Inc.による業界最先端のコードおよびプロセスの監査が進められています。完了後できるだけ早くサービスを開始するとし、公式Discordのチャンネルでは、11月の終わりから12月の初旬にかけてのリリースが行われると話しています。

これらの開発は、UTXO、ミスリル、ヒドラ、カタリスト、サイドチェーン、次世代のウロボロスChronosなどなど……膨大な数の機能を提供するために12の開発チームが同時進行しています。

FUDに負けない力

こうした複雑なプロセスをわかりにくいという理由かはわかりませんが、SNSなどで多くの*FUDが流布され、チャールズさんをはじめ開発者をイラつかせていますが、それに耳を傾けず開発に全集中で挑んでいるカルダノ開発チームは、現代のサムライとも言える忍耐力と集中力で、歴史を変える偉大な仕事に立ち向かっています。

今こそがFUDに負けないカルダノコミュニティの力が試される時であり、そうしたことを含めて水面下では非常に力強い前進を続けているカルダノコミュニティの熱量が、日に日に高まっているのを感じざるを得ません。

今まさにカルダノは歴史を変えるために、コミュニティ総出でカルダノエコシステムを広げるための戦いに挑むべき時でもあります。

*FUDは、販売、マーケティング、パブリック・リレーションズ、政治、プロパガンダで使われる修辞および誤謬の戦術の一種

カルダノの目標はビットコインとイーサリアムを超えること

こうした中CoinSharesのデータでは、投資家がカルダノやイーサリアムなどのアルトコインに再び興味を持っていることを論じたレポートを発表しています。それによると、今週はカルダノへの資金流入が顕著に増加し、イーサリアムへの流入とほぼ同額となり、今年の累計額は1億800万ドルに達したとcryptoslate.comが伝えています。

また、ibtimes.comに掲載された記事「Here’s Why Cardano Is The Next Bitcoin」では、カルダノが次のビットコインとなる理由について報じています。

その中でも経験豊富な創業者である、チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、より大きなプレーヤーであるイーサリアム(Ethereum)の共同設立者でもあるることは間違いなく良い兆候であるとし、その分野での信頼性と経験に等しく、ホスキンソン氏がイーサリアムのプロジェクトで学んだことを、カルダノでの作業に活かしていることが想像できると述べています。

またカルダノでは、スマートコントラクト(一定の条件を満たすと自動的に実行される契約)を扱うことができ、カルダノはさまざまな用途の情報を安全に保存できることはとても重要な要素とであると述べています。

例えば、ヘルスケア分野では、医薬品の出所を追跡することができ、偽造薬が薬箱に入りにくくなります。また、農業分野では、製品の原産地や品質を追跡することができます。金融分野では、世界中の人々に銀行業務を提供できるような分散型システムを目指しています。このように、様々な用途に使えることから、数年後にはカルダノが多くの産業で利用されるプラットフォームになる可能性があると伝えています。

また、この他にも、カルダノには興味深い点がいくつかあり、将来的に価値が大幅に上昇する可能性があるとして、まず第一に、トランザクションのスピードは、ビットコインの欠点のひとつである1秒間に処理できるトランザクションの数が30件程度しかないことに比べ、カルダノは1秒間に250件のトランザクションを処理でき、それをさらに向上させようとしているとしています。

さらにもう一つの利点は、カルダノが環境に優しいことで、年間で発電所2基分のエネルギーを使用しており、ビットコインと比べると非常に少ないと指摘。同じ期間に、ビットコインはオランダよりも多くのエネルギーを使用していると説明しています。

最後に、カルダノプラットフォームの背後にある研究と品質は、開発プロセスにおいてピアレビューを採用していること。また、プラットフォームの開発者たちは、カルダノを最高のレベルに引き上げるために、5段階のプログラムを開始し、カルダノが100%自立することでであることをあげ、つまり、カルダノは、ビットコインのすべてになる道を歩んでいるのかもしれないと伝えています。

このようにカルダノの将来性や価値に目を向けて、カルダノへの投資も水面下で進んでいるようです。

まとめ

このようにカルダノは、目先のレースや途中経過を争っているのではなく、最後に真の分散化とそれに伴う経済と社会、そして文明を確立しようとしています。そこに立ちはだかるのはレガシーな権力構造であり、新しい未来を確立しようとする真の分散化のプレイヤー達との綱引きが始まっているということに目を向けるべきです。

その間で揺れ動く群衆の心理には、未来が見えなくなり目先の価格やFUD、混沌に惑わされるという罠が待ち構えています。目先の価格や他のプロジェクトの進捗状況を細かく比較するよりも、少なくとも2022年の今頃、2025年の今頃、どのような世界を見ているかに想像力を発揮し、今を生きることが大事だと思います。

もしこの記事が気に入っていただけましたら、SIPO、SIPO2、SIPO3への委任をどうぞよろしくお願いいたします10ADA以上の少量からでもステーキングが可能です。
ステーキングについて知りたい方は、下記の記事をご参考ください。
ステーキング(委任)とは?
カルダノ分散型台帳システムによるステーキングの魅力とその方法:2021版
Q&A:カルダノ、ステーキングに関する基本的な説明集
ダイダロスマニュアル
ヨロイウォレット Chromeブラウザ機能拡張版マニュアル

ニュース動向 in エポック303

『SIPO』がSundaeSwapのSPO選定投票で2位通過

『SIPO』がカルダノコミュニティの素晴らしい熱い応援、投票してくださったおかげで、SundaeSwapのSPO選定投票で2位通過できました

SundaeSwapに興味がる方は、SundaeSwap公式ディスコード日本語チャット
EUTXO台帳上のDAppsを構築する

カルダノ上でのDAPアーキテクチャの方法を詳しく見てみる

ここでは、アーキテクチャの例を示すとともに、トランザクションのスループットを向上させ、トランザクション処理の遅延を最小限に抑えるために可能な改善点について説明します。

機関投資家がビットコインよりもカルダノとイーサリアムを選んでいることがデータで判明

CoinSharesのデータでは、火曜日に価格が急落したビットコインと比較して、カルダノとイーサリアムへの資金流入が急増していることが明らかになったとcryptoslate.comが伝えています。

SundaeSwap の『ISO』と『Scoopers』のための『SPO選定』投票結果が公式に発表!

日本からは『SIPO』2位、『XSP』3位という成績で、30のプールと一緒に選出

カルダノが次のビットコインとなる理由 by ibtimes

カルダノが次のビットコインとなる理由というカルダノファンにとってはたまらないタイトルを冠したibtimesの記事のご紹介です。

カルダノの取引速度と環境に優しいプロファイルが、将来人気を博す流かもしれないこと。プラットフォームのピアレビューにより、強固で信頼性の高いシステムが構築される可能性があり、さらにカルダノの5つの開発段階は現在進行形であり、カルダノはこの成長物語の始まりに過ぎないことなど、次のビットコインになる理由を挙げています。また、数年後にはカルダノが多くの産業で利用されるプラットフォームになる可能性があると記事は述べています。

カルダノの生みの親、チャールズ・ホスキンソン氏が提案する、クリプトにに対する異なる規制施行方法

Thinking Cryptoの新しいインタビュー動画『Charles Hoskinson Interview – Cardano ADA Adoption – Africa, Dish & Boost Mobile, Metaverse, Dapps』の中で、カルダノ(ADA)の生みの親であるチャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、Cardano ADAの成長と採用、アフリカへのビジョン、DISHとBoost Mobileのパートナーシップ、Dapps、NFT、Cardano上のStablecoins、Stake Poolオペレーターと分散化の維持、米国のCrypto規制などについて話しています。

この中で、米国には暗号を規制するための新しいシステムが必要だと述べており、これについてDailyhodlが伝えています。

カルダノロードマップ:週刊技術レポート2021年11月19日
カルダノ創業者チャールズ・ホスキンソン、暗号通貨にはメタバースが必要と考える

Thinking Cryptoポッドキャスト『Charles Hoskinson Interview – Cardano ADA Adoption – Africa, Dish & Boost Mobile, Metaverse, Dapps』の中で、カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏は、5~10年後にはメタバースが「暗号の巨大な商品カテゴリー」になると考えていると述べましたことをThe Coinrepublicが伝えています。

カルダノエコシステムの図は、Cardanoに搭載されているローンチパッドの比較

SIPOエポック303ステーキング報告

SIPOエポック303終了時点ステーキング動向
SIPO、SIPO3、SIPO3エポック303ステーキング報告
SIPOエポック303ステーキング報告
SIPO2エポック303ステーキング報告
SIPO3エポック303ステーキング報告

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。