ニュース, ブログ, ...

機関投資家がビットコインよりもカルダノとイーサリアムを選んでいることがデータで判明

CoinSharesのデータでは、火曜日に価格が急落したビットコインと比較して、カルダノとイーサリアムへの資金流入が急増していることが明らかになったとcryptoslate.comが伝えています。

以下はにcryptoslate.com掲載された記事「Data finds institutional investors are choosing Cardano and Ethereum over Bitcoin」を翻訳したものです。

機関投資家がビットコインよりもカルダノとイーサリアムを選んでいることがデータで判明

CoinSharesのデータでは、火曜日に価格が急落したビットコインと比較して、カルダノとイーサリアムへの資金流入が急増していることが明らかになった。

By juhi mirza – november 17, 2021 at 11:00 am utc – 2 min read

CoinSharesのデータでは、投資家がカルダノやイーサリアムなどのアルトコインに再び興味を持っていることを論じた興味深いハイライトが発表されました。それによると、今週はカルダノへの資金流入が顕著に増加し、イーサリアムへの流入とほぼ同額となり、今年の累計額は1億800万ドルに達しました。

先週のイーサリアムへの流入額は1,730万ドルで、次いでカルダノは1,640万ドルで安定しています。前週、カルダノの流入額は約500万ドルで、イーサリアムは3,140万ドルと安定した流入額を記録していた。

アルトコインの支配

CoinShares社はさらに、カルダノとイーサリアムに最近資金が流入したことで、ビットコイン以外のアルトコインに投資する投資家が増えたのではないかと述べています。

「デジタル資産投資商品は、先週、合計1億5,100万ドルの流入があり、13週連続で流入があり、年初来の流入額は90億米ドルを記録しました。また、週内の価格上昇により、総運用資産(AUM)は過去最高の870億米ドル近くに達しましたが、今週は830億米ドルで終了しました。」と報告しています。

同社はまた、ビットコインの価格の変動と投資の流入の遅れが、その市場支配力に影響を与えていると述べています。「ビットコインには9800万ドルの流入があり、(運用資産は)過去最高の560億ドルに達しました。これは、アルトコインに対する優位性(相対的なパフォーマンス)が週を追うごとに低下しているにもかかわらずです。」と述べています。

デジタル資産投資商品市場全体では、今週1億5,100万ドルの資金流入がありましたが、CoinShares社は、この数字は今年初めに観測された数字と比較して「控えめ」であると報告しています。

「2021年上半期の9億6,000万ドルに対し、下半期は1日平均7億5,000万ドルと、低調な取引量となっています」と述べています。

新たに報告された価格は、ソラナが980万円、ポルカドットが520万円、XRPの流入額が310万円と記録されています。同社は、カルダノとイーサリアムの高騰に寄与する触媒を特定していませんが、これらのコインの進出は、”ワールドコンピュータコインに対するポジティブな投資家心理の高まり “が原因だとしています。

過去には多くの金融専門家がアルトコインに対して肯定的な意見を繰り返しており、中にはビットコインよりも優れた投資対象になり得ると述べている人もいます。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。