ニュース, ブログ, ...

カルダノ財団とチューリッヒ大学、学術的なブロックチェーン研究を拡大 by cointelegraph

カルダノ財団は、チューリッヒ大学ブロックチェーンセンター(UZH BCC)と3年間の協力関係を結び、研究イニシアチブの推進とブロックチェーン教育の発展を模索することを発表、同大学は、カルダノの知見を活用し、ブロックチェーン関連の研究をさらに進めていく予定であると、cointelegraphが伝えています。

以下はcointelegraph.comに掲載された記事「Cardano Foundation and the University of Zurich expand academic blockchain research」を翻訳したものです。

カルダノ財団とチューリッヒ大学、学術的なブロックチェーン研究を拡大

by Ezra Reguerra 2022年4月6日

チューリッヒ大学は、カルダノの知見を活用し、ブロックチェーン関連の研究をさらに進めていく予定です。

非営利団体Cardano Foundationは、チューリッヒ大学ブロックチェーンセンター(UZH BCC)と3年間の協力関係を結び、研究イニシアチブの推進とブロックチェーン教育の発展を模索することを発表しました。

この提携により、同財団はチューリッヒ大学のブロックチェーンおよび分散型台帳技術(BDLT)グループと協力し、コンセンサスプロトコルの有効性やウロボロス特有の攻撃ベクトルの分析など、研究テーマを探求していく予定だそうです。

チューリッヒ大学 出典:www.uzh.ch

Cardano Foundation CEOのFrederik Gregaard氏によると、このパートナーシップにより、財団はUZH BCCに情報を提供し、大学のカルダノプラットフォームに関する知識を広げると同時に、カルダノ自体の開発をさらに進めることができるという。また、Gregaard氏は次のように説明しています。

ブロックチェーンが端境期から主流になるにつれ、理解を深め、最終的に採用を実現するためには、かなり多くの学術的研究が必要です。そのため、私たちは今後1年間の財団の中核的な目標として、特に教育について呼びかけています。

UZHの教授であるClaudio Tessone博士は、このパートナーシップはUZHにとって有益であり、カルダノ財団の意見は「研究課題と方法論の共同創造に非常に貴重である」と信じています。

Tessone氏は、自分たちの組織の目標は、ブロックチェーン分野の発展であると説明しました。”我々の目的は、ブロックチェーンベースのシステムのミクロな挙動をグローバルな特性に結びつけることです。”と彼は述べています。

先日開催された国連とドバイ政府主催のイベント「MENA Climate Week」でも、ブロックチェーン教育の重要性が強調されています。このイベントでは、情報提供や教育的なコンテンツは気候変動対策コミュニティが必要としているものであると指摘しました。

一方、ある情報会社のレポートによると、機関投資家がカルダノのプラットフォームに入ってきているとのことです。大口取引量、10万ドル以上のカルダノ(ADA)取引からの集計量は、2022年3月に51倍に増加しています。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。