エポックな日々, ニュース, ...

エポックな日々:カルダノはウォーミングアップはできたようだ。これからが本番!、カルダノステーキングライフ&ニュース動向inエポック245

カルダノはウォーミングアップはできたようだ。これからが本番!

メアリーハードフォークが2月3日にテストネットで「マルチアセットスマートコントラクトプラットフォーム」としての扉を開き、2月末にはメインネットに接続される。

2月7日までにカルダノADAは¥74.03まで高騰し、時価総額2兆円を超え、コインマーケットキャップでリップルを抜き堂々の4位に浮上しました。

3位はステーブルコインのUSDT(デジタルアセット)なので、そもそもブロックチェーンではない。そうなると、カルダノはビットコインとイーサリアムの次に時価総額の多い三番目のブロックチェーンになったことになる。

カルダノが目指している第三世代ブロックチェーンとしての地位は、早くもメアリーハードフォークのテストネットの段階で大きく前進させたことになる。

ビットコインは時価総額で74兆円、イーサリアムは18.4兆円、カルダノは2兆円なので、まだまだ大きな差があるが、昨年3月は3円台を彷徨っていた頃から一年足らずで74円までの急激な超飛躍は、間違いなく比類なき研究開発が実を結んだ結果である。

しかもまだこの快進撃はまだ始まったばかりである。むしろこれからが本番であり、真の第三世代ブロックチェーンがもたらす世界へのインパクトは、ほんの始まりに過ぎないと言える。

暗号資産市場の拡大も手伝い、今後より多くの資金が流入してくること、マルチアセットトークンエコノミー、DeFi市場の成長、スマートコントラクト市場、更なるAI、ビックデータの市場など、これから始まるデジタル経済のインフラとしての成長を考えれば、なおさらである。

これからの可能性を考えればこれは小さなステップだが、成果物をリリースし、コミュニティを拡大させ結果を残したことは、十分な評価に値する。

さて、カルダノはウォーミングアップはできたようだ。これからが本番!

カルダノステーキングライフ&ニュース動向inエポック245

ネイティブトークンがカルダノに新たな有用性をもたらす

Goguenの展開は、Cardanoが分散型のマルチアセットスマートコントラクトプラットフォームへと進化する上で、もう一つの重要な構成要素として継続されている

作家メアリー・シェリーにちなんで名付けられたGoguenの「メアリー」アップデートでは、ユーザー定義のトークンを作成する機能が導入。

これらのカスタムトークンは「ネイティブ」になるため、ADAと同様にブロックチェーン上で直接取引できるようになる。

ADAはCardanoの主要通貨のままだが、Cardanoはマルチアセット(MA)ブロックチェーンに変わり、さまざまな可能性を開く。

ユーザーはまもなく、カルダノでの取引のための独自のオンチェーントークンを作成できるようになる。

詳細は下記の記事🔽

MISSION ACCOMPLISHED: Cardano Testnet は正式にマルチアセット時代に突入

20:20:16 UTCで、Goguen ‘Mary’ ネイティブトークンのアップグレードのフォーク&適用に成功。
次は今月末までにメインネットに接続。

世界の新しい基軸通貨の構築 – CBDCは本当に許可されたブロックチェーンを必要としているのか?

カルダノ財団が、CDBCについて言及し、カルダノを使用したCDBCについての可能性についての興味深い考察記事

CBDCとは何かを探り、ブロックチェーンの世界にとって何を意味するのかを発見し、また、Cardanoのようなパーミッションレスのブロックチェーンが、分散化を通じてCBDCに重要な利益をもたらす可能性がある理由についても議論

すべての人のための公的デジタル通貨

パブリック・ブロックチェーンが成熟し、プライバシー保護のための新しい機能がリリースされると、CBDC の立ち上げを検討している銀行は、分散化された半許可制のソリューションを使用することを選択するかもしれない

少なくともCBDCは、データ損失への耐性や分散型ネットワークのメンテナンスによる資産の高可用性など、分散型テクノロジーの複数の要素から恩恵を受けることができる。

同様に、パブリック・ブロックチェーンは、グローバルな金融システムの透明性を高め、銀行に対する人々の信頼を高めることになる。

詳細記事はこちら🔽

OHKブログ:Plutus Tx:HaskellをPlutus Coreにコンパイリング

Cardano用スマートコントラクトアプリケーション作成の核心に迫る

リニューアルされたPlutus Playground 1がリリースされました。これは、Plutusプラットフォームのショーケースであり、その中核となるのは1つの高次言語、Haskellでスマートコントラクトアプリケーションが作成できる機能です。

Plutus Txの目標は、自由にHaskellを書き、オンチェーンコードとオフチェーンコードの両方をシームレスに使用できるようにすることです。

詳しくはこちら

メリーハードフォークは、Goguenのスマートコントラクトに一歩近づいたカルダノADAをもたらすだろう

メリーハードフォークは、カルダノコミュニティとブロックチェーンを利用している企業や機関の両方にとって、全く新しい世界の機会を開くメジャーアップグレードです。

これにより、カルダノテストネットは真のマルチアセットネットワークへと変化し、ユーザーはカルダノブロックチェーン上で独自のトークンを発行し、配布することができるようになります。

2月末には、同じアップグレードがCardanoメインネットにも展開され、ブロックチェーンのスマートコントラクト機能がアンロックされます。

Cardanoではトークン化をネイティブに処理しています。つまり、Cardano上でトークンを発行するロジックはCardano台帳自体をベースにしているため、ブロックチェーンの上に追加のレイヤーを構築する必要がありません。

カルダノはユーザー定義トークンをネイティブにサポートしているため、ブロックチェーンの上にカスタムコードを追加する必要がありません。

それに加えて、それらの資産をブロックチェーンのネイティブ通貨であるADAとほぼ同じように振る舞うことができます。

Cardano上のネイティブアセットが台帳に組み込まれているという事実は、分散型金融に革命を起こすように設定されています。

Cardano上では、ネイティブ・トークンとアセット間の取引には約定手数料が発生しないため、DeFiアプリケーションをはるかに手頃な価格で利用できるようになります。

[SIPO2]はエポック245で500個目のブロック生成に成功しました!

昨年2021年11月13日に登録、エポック231からスタートした[SIPO2]が500ブロックを生成しました。その間カルダノノードは多くのアップデートを繰り返し、怒涛のバージョンアップとk=500の意向と、とても多忙で遠い昔のように思えます。

それだけ、多くのことがカルダノに起こっていて、とても信じられない素晴らしい出来事が年末から今年にかけて起こっています。

そして何よりもこうしてステークスールオペレータとして、カルダノコミュニティで活動できることがとても幸せに感じます。

まだまだ未熟ではございますが、今後ともたくさん勉強して、少しでもカルダノコミュニティの一員として貢献できるよう気を引き締めて、楽しみながら頑張りたいと思います。

カルダノコミュニティのみなさま、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

SIPOステーキングサマリー:エポック245

SIPO、SIPO2、SIPO3
SIPO
SIPO2
SIPO3

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。