ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

カルダノ:IOG、アフリカで世界最大のブロックチェーン展開を明らかに

この記事は、CRYPTO NEWS FLASHの「Cardano: IOG reveals world’s largest blockchain deployment in Africa」を翻訳したものです。

カルダノ:IOG、アフリカで世界最大のブロックチェーン展開を明らかに

By JAKE SIMMONS 2021年2月7日

IOGはエチオピアで数百万人のユーザーをCardanoブロックチェーンに乗せるための政府契約の最終段階に入っている。

Cardanoの背後にある会社は、アフリカの5つの「フォーカス国」と協力しており、今後1~2年のうちに1億人のユーザーをオンボードする予定だ。

Cardanoの発明者であるチャールズ・ホスキンソン氏は過去に、アフリカ大陸がブロックチェーン技術を適応させるための巨大な可能性を声高に語ってきた。彼は、彼の会社であるIOG(旧IOHK)がアフリカ向けに多数のプロジェクトを準備中であることを繰り返し示してきた。

しかし、IOGのアフリカ事業担当ディレクターであるジョン・オコナー氏が昨日のインタビューで明らかにしたように、そのプロジェクトが非常に大きなものであるという事実は、長年のカルダノコミュニティのメンバーをも驚かせたかもしれない。昨日オコナーが発表したことは、アフリカでのブロックチェーンの主流の採用を約束している。

Cardanoの分散型アイデンティティソリューションのロールアウト

オコナーが言っていたように、IOGはカルダノブロックチェーンに数百万人の人々を巻き込む大規模な政府契約の最終段階に入っている。

残念ながら、思うようにお見せすることはできません。私が言えるのは、数百万人のユーザーを現実世界のブロックチェーン実装のためのプラットフォームに乗せる大規模な政府との契約の最終段階にいるということです。これは、現在この分野で行われていることの10倍の改善です。

しかし、これは明らかに政府のプロセスでもある。そのため、契約を締結し、すべての合意を得るまでには、非常に長いプロセスが必要になる。しかし、これはエチオピアだけではない。

オコナー氏は、2月末までにはすべてのプロセスが完了し、月に一度のIOHKアップデートショーの中で、エチオピア国内のインタビューアーと一緒に発表できるようにしたいと考えている。

プロジェクトの焦点となるのは「Atala PRISM」で、カルダノブロックチェーンをベースにした分散型アイデンティティソリューションで、人々が個人データを所有し、組織とシームレスに、プライベートに、安全にやりとりできるようになる。

このプロジェクトは、ブロックチェーンの歴史の中で最大の「リアルワードユースケース」になるとオコナーは主張。

私は投機的な資産取引ではなく、世界で実際に行われている現実の世界での展開を含めています。

カルダノはタンザニア、南アフリカ、ケニア、ナイジェリアに行く

タンザニアでの2つ目のプロジェクトも間近に迫っている。このプロジェクトでは、インターネットアクセスを持っていない人々にインターネットアクセスを提供することに重点を置く。

IOHKは、各通信事業者の顧客にデジタルIDを与えるだけでなく、支払い方法としてADAを提供する。オコナー氏が述べたように、IOGはこれで「金融包摂に向けた本格的な動き」をしたいと考えている。

だから、タンザニアに10万人から20万人の電話会社の加入者がいる今、120億ドルのADA市場にプラグインして、人々が直接融資を開始して、本当の経済価値を生み出すことができるようにしましょう。

しかし、エチオピアとタンザニアの2つのプロジェクトは、ほんの始まりに過ぎない。オコナー氏も明らかにしたように、IOGには他にも3つの「重点国」がある。南アフリカ、ケニア、ナイジェリアだ。

南アフリカについては、保険に関わる「興味深いプロジェクト」だとオコナーは言う。いずれのプロジェクトも数百万人へのリーチを見込んでいるため、IOGは第一段階で1億人のユーザーを獲得することになる。

今後1、2年以内にこのアイデンティティ・プラットフォームに1億人のユーザーを乗せるというのは、かなり合理的な計画だ。これは野心的に見えるかもしれないが、実際にはアフリカ大陸の規模からして、かなり現実的です。

スマートコントラクトとネイティブアセットがGoguenのフルローンチでCardanoメインネット上に展開されると、オコナー氏はコミュニティからの開発面での大きな後押しがあると期待している。

これは今後数ヶ月のうちに変わるだろう。さらに、5つのフォーカス国の後には、さらに15カ国のアフリカ諸国が続くと予想されている。

これはほんの始まりに過ぎない。この5カ国の後には、さらに15カ国の計画があるが、それは最初の5カ国を達成した後のことだ。

以下はジョン・オコナーのインタビュー

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。