ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

Input OutputとWorld Mobile Groupの提携により、接続されていない人を接続し、銀行口座を持たない人に銀行口座を

下記の内容はワールドモバイルのOfficial Press Release「Input Output and World Mobile Group partner to connect the unconnected and bank the unbanked」を翻訳したものです。

Input OutputとWorld Mobile Groupの提携により、接続されていない人を接続し、銀行口座を持たない人に銀行口座を

このパートナーシップにより、アフリカの個人事業主は、自分自身や他の人々をインターネットに接続し、報酬を共有することができるようになります。

ワールド・モバイル・グループは、すでに大学を接続し、ザンジバルやタンザニア広域でスマート・ビレッジを作っています。カルダノブロックチェーンを利用して、World Mobileのユーザーは、検証可能なデジタルIDを作成し、銀行、医療、教育、人権保護などの重要なサービスへのアクセスを提供しています。

また、Input Output社は、World Mobileグループに10%の資本参加をしています。

2021年4月、タンザニア:Input OutputとWorld Mobile Groupは、アフリカにおけるデジタルサービス、金融サービス、社会サービスへのアクセスを民主化するための独自のパートナーシップを発表しました。これは、さらに一歩進んで、接続されていない人々を接続するための初の試みです。両社は、ザンジバル島およびタンザニア広域で、再生可能な太陽エネルギーを利用した持続可能なインターネット接続を実現することを目指しています。両社は共同で、カルダノブロックチェーンのインフラをベースにしたネットワークノードを、地域のビジネスオーナーに手頃な価格で提供します。これらのネットワークノードは、インターネット接続のローカルリレーとして機能します。これらのネットワークの加入者は、Input Output社のデジタル・アイデンティティ・ソリューションであるAtala PRISMにアクセスすることができ、デジタル・バンキング、ヘルスケア、教育などのサービスを利用することができるようになります。

アフリカだけでも、人口の半分以上に相当する7億人以上の人々がインターネットに接続されていません。ほとんどのモバイルネットワークは、彼らにサービスを提供するためのインフラに投資していません。そのため、アフリカの人々は、教育、銀行、医療などの基本的なサービスを受けることができません。Input OutputとWorld Mobile Groupは、このパートナーシップを通じて、これらのコミュニティにさらに一歩踏み込んだサービスを提供し、すべての人、すべての場所でインターネットを利用できるようにします。

ザンジバルやタンザニアで行われたフィージビリティスタディでは、コミュニティが自ら持続可能なスマートビレッジを作り、自ら接続することができるという実例を示しています。約2年前から稼働しているこのネットワークによって、地元の漁師たちはビジネスを拡大し、利益を5倍にし、地元のショップやレストランの数を3倍にすることができました。現在、2022年の第1四半期までに数十万人の顧客を接続することを目標に、より大規模な展開を計画しています。

Input Output社のAtala PRISMソリューションは、パスポートや学位証明書など、今日の物理的な公的文書と同等のものをデジタルで提供する、ユーザー管理型のアイデンティティ・プラットフォームです。これにより、市民は自分の個人データを管理し、企業や政府と安全かつプライベートな方法でシームレスに交流することができます。

エチオピア教育省とのパートナーシップにより、Atala PRISMは現在500万人のユーザーに導入されており、デジタル認証されたIDと資格を作成することで、地方に住む多くのエチオピア人に高等教育と雇用を提供しています。

学生IDは、エチオピア教育省の学習管理システムのデータと対になっており、これらの学生IDとリンクすることで、個人に合わせた教育を推進し、長期的にはデータに基づいた教育政策を実現します。

World Mobile ChainのCEOであるミッキー・ワトキンスは次のように述べています。

“私たちは皆、一つの地球に住んでいますが、長年、その一部をないがしろにし、第三世界とさえ呼んできました。ワード・モバイルは、人と接続性の新しい関係に基づいたネットワークを構築しています。このネットワークでは、オーナーシップ、ガバナンス、アイデンティティが機能して、ユーザーに力を与え、持続可能な方法ですべての人がアクセスできるようにしています。私は、Input Outputとこのような共生的なパートナーシップを結んだことを嬉しく思います。私たちの努力で、新しい世界を切り開いていきたいと思います。

Input Output社のCEOであるCharles Hoskinson氏は次のように述べています。“World Mobile Groupの株式を取得することは、アフリカ大陸に対する当社の長期的なコミットメントをさらに示すものです。”

“我々は、ブロックチェーンが社会的利益をもたらす強力な力であると考えています。当社のデジタルIDソリューションであるAtala PRISMを使えば、これまで本人確認ができず、医療などの重要なサービスを受けることができなかった人々が、本人確認を行うことができるようになります。また、Atala PRISMを利用することで、資格証明書や不動産所有権証明書などの重要書類のバックアップコピーを提供できるようになり、帰国した難民が自分の家を取り戻すことができるようになります。最終的には、地理的な場所や文化、背景に関係なく、誰もが平等にアクセスできるグローバルな市場を作りたいと考えています。”

“途上国、特にアフリカの国々が、ブロックチェーン技術の世界的な導入をリードするでしょう。発展途上国の成長スピードは、基盤となるインフラの不足によって妨げられることが多かった。しかし、これが発展途上国に有利に働くようになるかもしれません。深く埋め込まれたレガシーインフラがないことで、ブロックチェーンベースのインフラへの移行は比較的摩擦の少ないプロセスとなり、途上国が次世代インフラを採用することで先進工業国を「リープフロッグ」する可能性があるのです。途上国が次世代インフラを採用することで、先進工業国を “飛び越える “可能性があります。

このパートナーシップの詳細については、ワールド・モバイルが、4月29日16:30(UTC)に放送されるInput Outputのアフリカ・スペシャル・ショーに出演します。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。