ニュース, ブログ, ...

チャールズ・ホスキンソン:アフリカ・ビジョン

チャールズさんが、キャリアの中でも、おそらく最高の瞬間の一つと言及した「カルダノ・アフリカ・スペシャル」。そのオープニングで流されたチャールズさんの熱いメッセージ「アフリカ・ビジョン」を翻訳しましたのでぜひご堪能ください。

”私たちは、カルダノのような素晴らしいプロトコルを構築することができました。 そして、この特別なものは、願望ではなく、約束でもありません。 この特別なものは(実際に)デリバリー届ける)ことです。”

こんにちは、暖かい日差しが降り注ぐコロラドから来たチャールズ・ホスキンソンです。

太陽の光が降り注ぐコロラドからお届けします。
アフリカ・スペシャルにお越しいただきありがとうございます。

このイベントは私の大好きなイベントのひとつです。
思うに、これはIOGのCEOとしての私のキャリアの中でも、おそらく最高の瞬間の一つだと思います。

私は2015年2月に、経済的アイデンティティを持たない人々に経済的アイデンティティを提供するという夢を持って会社を設立しました。

1つは先進国向け、もう1つは発展途上国向けの2つの異なる構成です。

先進国では、当たり前のことがたくさんあります。

身分証明書やパスポート、運転免許証などを簡単に持つことができます。

旅行するのも簡単。
自分の信用度を証明したり、お金を借りるのも簡単。
保険に加入したり、支払いを処理したりするのも簡単です。

例えば、誰かがサービスを提供してくれた場合、その人に何かを送金したりペイパルで決済することができます。

私たちはこのようなことを当たり前のこととして、日常生活の一部となっています。

息をするように、水を飲むように。

しかし、発展途上国に住んでいると、まったく違う状況になります。

グローバル化は非常に困難です。

フェアトレードで生産しているか、サステイナブルな方法で生産しているかどうかを証明することは非常に困難です。

人々がお金を受け取ったり、お金を受け取ったり送ったりすることも難しい。

送金取引には、平均して8〜15%の手数料がかかります。

人がお金を借りようとすると、8~15%の手数料がかかります。

借りることができたとしてもマイクロファイナンス取引では金利は85%にもなります。

世界銀行の調査によると、このようなことが起こるのは欲張りだからでも、人種差別だからでもなく欲や人種差別や、世界秩序の中の公表されていない悪ではありません。

むしろ、構造的に優れたシステムを享受している、他のシステムよりも優れているいくつかの国のシステムのせいなのです。

問題は、私たちが持っているレガシーシステムと完全なグローバル化は根本的に相容れないものです。

グローバル化は一つの基準のもとにあるアメリカ式や中国式のような完全な中央集権を超えているのです。

世界はもはや20世紀ではなく、21世紀なのです。

iPhoneのある世紀、インターネットのある世紀、情報が瞬時に移動する世紀です。

その結果、中央政府はもはや必要ありません。

私たちは世界を統治するより良い方法を知っています。

ビットコイン・イーサリアム・カルダノなどの実現してきた技術と同じもので、インターネットで、支払いや契約関係を処理できます。

私たちのアイデンティティや財産をレバレッジして商取引の歯車を働かせることができます。

私は2015年に第一原理主義で会社を設立しました。

私たちは科学から始め、世界各地にラボを作り、何十人もの博士を雇い、100本以上の論文を書きました。

そのうちのいくつかは、査読という素晴らしい試練を経て、学会・ジャーナルに引用されました。

私たちは科学的な知識、拡張性のあるシステムを構築する方法を蓄積してきました。

数百万人だけでなく、必然的に数十億人のユーザーに対応できるシステムを。

これにより私たちは皆、平等であり、誰もが同じものにアクセスする権利があるという基本的な真実を守ることができました。

ビル・ゲイツであろうと、セネガルの羊飼いであろうと同じように扱われ、配慮され考慮されるべきです。

市場へのアクセスも平等に与えられるべきであり、地理や遺伝ではなく、実力で差別化を図るべきです。

カルダノのような素晴らしいプロトコルで。

今回の特別企画は、願望ではありません。約束でもありません。

このスペシャルは実際に”届ける”ことです。

過去4年間、私たちのチームはエチオピアに住みアフリカ大陸全体を旅してきました。

ルワンダ・ウガンダ・タンザニア・ナイジェリア・ケニア、アフリカ全土を旅してきました。

風が彼らを連れて行こうとも約束、コミットメント、夢は同じです。

私たちは、私たちのどうすれば世界の仕組みを変えられるかというビジョンを広めたいと願っていました。

世界の仕組みをトップダウンからボトムアップへと、権力を端に追いやり、人々が自分自身の銀行になれるように。

そして今日のスペシャルでは、皆さんに過去4年間の我々の努力の成果をお伝えします。

その中でも代表的なものは、エチオピアの教育省との締結でした。

500万人の学生IDを、アタラ・プリズムと呼ばれる技術を用いてカルダノのブロックチェーンに乗せる試み。

これらの生徒は全員DID(分散型ID)と呼ばれるデジタルIDを持ち、そのDIDにはメタデータが含まれており、学生生活全体を通じて、フェイスブックから離れた学生のように、卒業してから大学から現実の世界に、経済の世界に持っていくものです。

このインフラが財産や決済に使えるようにの、投票をはじめとするあらゆるマナーにも利用され経済生活を送ることができます。

このエバーグリーン(永遠)協定の素晴らしいところは、私たちの優先事項や目標を拡張できることです。

これは、エチオピア政府のビジョン、優先事項、目標と直接一致しています。

最近発表されたエチオピア政府のドクトリンでは、2025年には、国をデジタル化するという大胆なビジョンがありました。

私たちがここでこの500万人の学生のためにプリズムとカルダノを使って行ってきたことは、私たちの信念です。

これらは必然的に成長し、インスピレーションとなり、最終的にエチオピアの1億700万人が、アメリカ、欧州連合、中国、その他の近代的な先進国と対等な立場でグローバル化することができます。

この国民IDシステムは単なるアイデンティティを超えて、人々が仕事を見つけるのを助けたり、人々が自分の技能を証明することができます。

このシステムは多くの活動、そして証明書を検証することができるのです。

誰が信頼できるアクターなのか、誰が信頼できる相手なのか、誰が仕事を持つ権利を得たのかを。

これはエチオピアの話です。

今回の特集では、タンザニアにおいて、パートナーであるワールド・モバイルとこの技術をどのように応用するか、夢と希望を持っています。

カルダノの魔法は、ビットコインのようにパーミッションレスで、誰かに頼まなくても何かを登録したりライセンスを取得したりする必要はありません。

むしろオープンなプラットフォームなのです。

これらの案件は、インプット・アウトプット・グローバルとそのパートナーが先導したものですが、数え切れないほど多くの大陸中の無数の起業家、彼らのビジネス・夢を実現するためのものです。

分散型ユーチューバー、小さな会社を証券化することであろうと、全く新しい方法で、商取引において資源を表現できるもの、誰もがアクセスできるオープンなインフラであり、大陸中のすべての人が夢を実現できるものです。

私たちの産業は、多くの素晴らしいイノベーションをもたらしました。

NFT、DeFi、STO、ICO、これらのことはほとんどの場合、新しい世界を約束してくれたのです。

今後5年間で、この技術がアフリカや東南アジア、中央アジア、東ヨーロッパなど、世界各地でこの技術が導入されれば、これらの約束は、まったく新しいビジネスモデルに変えられます。

これらのことは私たちが構築した技術によって、ハスケルのような高度な言語を使って、みんなで、ピアレビューによって検証されています。

ご来場いただき、お聴きいただきありがとうございました。

私は、これまでに成し遂げられたことを祝う祝賀会が大好きです。

将来的には毎年恒例のイベントにしたいと思っています。

乾杯

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。