ニュース, ブログ, ...

アフリカのカルダノ:IOHKのエチオピア・ブロックチェーン取引の裏側

日本時間4月30日に行われたカルダノ・アフリカ・スペシャルでは多くの発表があり、その中でもエチオピア政府がアタラ・プリズム(Atala PRISM)を中心としたカルダノブロックチェーンを採用し他ことで、世界最大規模のユーザー数を獲得しました。

Coindeskは「アフリカのカルダノ:IOHKのエチオピア・ブロックチェーン取引の裏側」の記事を掲載し、IOG(現在IOHKからIOGに名称変更)が4月29日に行ったビデオストリームでは、エチオピアのゲタフン・メクリア教育大臣が、このパートナーシップについて、エチオピアの「教育の質を向上させるためにテクノロジーを導入するための取り組み」と語っています。同大臣によると、カルダノは上位の暗号通貨の一つであり、だからこそ、「IOHKとブロックチェーンを行うことは、夢が叶ったようなもの」と発言したことを伝えています。

下記の記事はcoindesk.comに掲載された記事「Cardano in Africa: Inside IOHK’s Ethiopia Blockchain Deal」を翻訳したものです。

アフリカのカルダノ:IOHKのエチオピア・ブロックチェーン取引の裏側

エチオピアの学校はカルダノのブロックチェーンを使って生徒の成績を追跡するという。


By Anna Baydakova 2021年5月1日午前3時2分より

エチオピアは、ブロックチェーン技術のホットスポットとして真っ先に思い浮かべる場所ではないかもしれない。

人口の15%しかインターネットにアクセスできない農村部が多いエチオピアでは、北部で深刻な内乱が起きている。ティグライ地方の民族紛争により、最近では数千人が殺害され、数百万人が隣国のスーダンに難民として逃亡しました。同国では、地域ごとにインターネットが遮断される事態も発生しています。

エチオピアは、現代のテクノロジーの野心的な目標と、実際の現場の状況との間のギャップを示す良い例です。

暗号通貨カルダノ(ADA, +4.09%)(ADA)を開発した企業であるIOGは、このギャップを埋める手助けができると考えています。今週、IOGはエチオピア政府と提携し、地元の学校で生徒の成績を追跡するブロックチェーンベースのシステムを構築したことを発表しました。

IOHKのアフリカ事業部長であるジョン・オコナー氏は、「大変な国なので、そこで成功すればどこでも成功できる」と語っています。

夢が叶う

現地での課題は、IOGのミッションを妨げるものではないようです。「この国の他の地域では、生活を続けなければなりません」とオコナー氏は言う。

IOGは、同国で物理的な存在感を確立し、首都アディスアベバにオフィスを開設し、2022年1月に稼働を予定している大規模なブロックチェーンIDプロジェクトに着手していると、オコナー氏はCoinDeskに語っています。現時点では、アタラ・プリズム( Atala PRISM)と名付けられた中核となるID製品の準備が整っており、教室管理などの他の機能は後から搭載される予定です。

IOGが4月29日に行ったビデオストリームでは、エチオピアのゲタフン・メクリア教育大臣が、このパートナーシップについて、エチオピアの「教育の質を向上させるためにテクノロジーを導入するための取り組み」と語っています。同大臣によると、カルダノは上位の暗号通貨の一つであり、だからこそ、「IOHKとブロックチェーンを行うことは、夢が叶ったようなもの」なのだという。

大臣によると、500万人の学生がカルダノのブロックチェーンベースのIDを受け取り、当局が各学生の学業成績を追跡できるようになるという。また、75万人の教師がこのシステムにアクセスできるようになるという。同大臣によると、エチオピア政府は、このプロジェクトの実現に必要な数のタブレットを提供するために、非公開の中国メーカーと取引を行ったという。

オコナー氏によると、USAIDを含む欧米の大口ドナーから資金援助を受けている同省は、タブレットの購入資金を提供するとともに、エチオピアの3,500校がインターネットにアクセスして新システムを利用できるように、不足しているインフラを構築するとのことです。

CoinDeskは、エチオピアの教育省にこれらのインフラ計画を確認するよう求めましたが、プレスタイムまでに回答はありませんでした。このプロジェクトに政府がどれだけの費用をかけるかは明らかになっていません。

現地の様子

オコナー氏はエチオピア人とのハーフで、同国で数年間、技術系の専門家と付き合っていたという。科学技術大臣を経て教育大臣に就任したゲタフン・メクリア氏とは、良好な関係を築くことができたとオコナー氏は付け加えた。

IOGはまた、エチオピアの地元のテックコミュニティにも関わった。2019年には、女性開発者向けのトレーニングを開催し、カルダノのプログラミング言語であるHaskelでのコーディングを教えた。その後、IOGアディスアベバオフィスでは、30人の卒業生のうち7人を採用したとオコナー氏は言う。

オコナー氏は、エチオピアには若い人口が多く、政府がブロックチェーンに熱心に取り組んでいることから、どんなに困難な課題であっても、大きな進展が期待できると考えている。現在、エチオピアではほとんどの情報が電子的ではなく紙に記録されているため、教育省は現場の状況を示す実際のデータを持っていない、とオコナー氏は説明する。

IOGは、この時代遅れのシステムを、Web 3.0の時代に投入したいと考えています。このプロジェクトが成功すれば、その結果は世界の他の多くの場所よりもはるかに注目に値するものになるだろう、とオコナー氏は信じている。

「英国では、エチオピアほどの改善は見られないでしょう」と彼は言う。

どのように機能するか

IOGが構築しているシステムは、文部科学省がフルノードを稼働させ、学校はライトクライアントを使ってアクセスすることがほとんどだという。しかし、このシステムは、パブリックなカルダノ・ブロックチェーン上で運用されるため、その意味では分散化されているという。

このプロジェクトをエチオピア全土の何千もの学校で実施するために(ただし、内乱が続くティグライ地方では実施しない)、IOGはモバイル決済ネットワークを含む幅広いネットワークのパートナーと協力していくとオコナー氏は言う。

その結果、高校の卒業生には、学歴が記載された近距離無線通信(NFC)チップ付きのカードが配布されます。これにより、子どもが携帯電話などのシステムに接続できる機器を持っていなくても、データを利用できるようになるとオコナー氏は言います。

これにより、エチオピアで深刻な問題となっている偽造証明書の問題が解決されるという。これにより、欧米では卒業証書が信頼できないとみなされているため、今は持っていない若いエチオピア人にチャンスが与えられるかもしれない、とオコナー氏は言う。

私はオックスフォード大学に留学しましたが、なぜエチオピアからの学生がいないのか興味を持ちました。私はオックスフォード大学で学びましたが、エチオピアからの学生がいないことに興味を持ちました。彼らはエチオピアの大学で何が起こっているのか、十分な情報を持っていないのです.

とオコナー氏は言います。

プロジェクトが始動すると、まずは12年生の学生から始めることになると、ゲタフン・メクリア大臣はカルダノとのビデオストリームで語っている。しかし、次の年には、より多くの学生がブロックチェーンIDを受け取ることになります。オコナー氏によると、学生用の最初の100万台のタブレットPCが今月中にエチオピアに到着する予定だという。

カルダノエコシステムとSITION

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。