ニュース, ビジネス・ユースケース, ...

Cardano Innovators KICK.IOのパブリックセールがExMarketsで9月16日にリフトオフを予定

DeFiイノベーションを活用するために作られたカルダノベースの資金調達プラットフォームであるKICK.IOは、ExMarketsでパブリックセールを開催することを発表したとZyCryptoが伝えています。

以下はZyCryptoに掲載されて記事「Cardano Innovators KICK.IO’s Public Sale Plans Liftoff on ExMarkets, September 16」を翻訳したものです。

Cardano Innovators KICK.IOのパブリックセールがExMarketsで9月16日にリフトオフを予定

By ZyCrypto Staff – 8月 20, 2021

DeFiイノベーションを活用するために作られたカルダノベースの資金調達プラットフォームであるKICK.IOは、ExMarketsでパブリックセールを開催することを発表しました。

発表によると、KICK.IOは9月16日に分散型取引所であるExMarketsでパブリックセールを開催します。注目すべきは、機関投資家や個人投資家が、パブリックセールを見越して、すでにプラットフォームをオーバーブッキングしていることです。現在、このプロジェクトのハードキャップは22,680,000ドルとなっています。

今回のパブリックセールは、2段階に分けて行われます。第1フェーズでは、KICK.IOは24,500,000トークンを0.22ドルで販売する予定です。第2フェーズでは、14,000,000トークンを1トークンあたり0.26ドルで販売する予定です。

KICK.IOは、カルダノをベースとした非親告罪の資金調達プラットフォームで、透明性が高く、効率的で、完全に分散化されたクラウドファンディングサービスを提供すると報じられています。さらに、KICK.IOは、カルダノのネイティブトークンを完全にサポートしています。設計上、このプラットフォームは、DeFiを次のレベルに押し上げるために必要な高度なDeFiツールで作成されています。さらに、このプラットフォームは、プロジェクトがコスト効率よくタイムリーな資金調達を行いながら、エコシステム内の他の人々に信頼性と正当性を提供するために作成されました。

聞くところによると、KICK.IOは、このプロジェクトが来たるべきカルダノを中心としたDeFiの世界において、強力な柱として成熟することを期待しているとのことです。これを実現するために、プロジェクトの次世代ローンチパッドは、DeFi業界のベストプラクティスに基づいて作成されます。これにより、リアルタイム決済、相互運用、一流のセキュリティ、カウンターパーティーリスクゼロなど、多くの利点が確保されます。

KICK.IOのホワイトペーパーには、次のように書かれています。

調達した資金はプロジェクトに直接分配され、購入したトークンは負担のかかるチェックや不必要な遅延なしにユーザーの個人ウォレットに直接送られます。また、私たちは財政的な持続可能性とインクルージョンを真剣に考えており、私たちの取り組みがすべてのステークホルダーに利益をもたらすように真摯に取り組んでおり、DeFi業界の評判と成熟度を高めることに貢献しています。

KICK.IOのホワイトペーパー

KICK.IOは、プロジェクトの資金調達を費用対効果の高い方法でタイムリーに行い、プロジェクトの将来の成功に正当性と信頼性を与えることを目指しています。すべてのプロジェクトは、十分な知識を持った投資家によって審査されます。

特筆すべきは、このプロジェクトはユーザーにステーキング機能を提供し、承認されたすべてのプロジェクトに対して最大5%の追加リターンを約束していることです。つい最近、ExMarketsは、ADAXやYaySwapなどのパブリックセールを成功させました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。