ニュース, ブログ, ...

ビットコインvsイーサリアムvsカルダノ:どの暗号通貨が買いなのか?

msn.comが時価総額ランキング上位3つのビットコイン、イーサリアム、カルダノのそれぞれの長所、短所を分析しつつどの暗号通貨が買いなのか?を記事にしています。

以下はmsn.comに掲載された記事「Bitcoin vs. Ethereum vs. Cardano: Which Cryptocurrency Is a Buy?」を翻訳したものです。

ビットコインvsイーサリアムvsカルダノ:どの暗号通貨が買いなのか?

By Katie Brockman 2021年9月2日

暗号通貨は、過去1年間にボラティリティの波を経験しましたが、投資家の間では着実に支持を得ています。

ビットコイン(CRYPTO: BTC)、イーサリアム(CRYPTO: ETH)、カルダノ(CRYPTO: ADA)は、暗号空間における三大巨頭であり、いずれも爆発的な成長を遂げています。ビットコインの価格は過去12ヶ月間で300%以上上昇し、イーサリアムはおよそ700%、カルダノはなんと2,350%も上昇しています。

これらの暗号通貨にはそれぞれ独自のメリットとデメリットがあり、購入する前にはよく調べたほうが賢明です。ここでは、これらの選択肢のうちどれが自分に合っているかを決める際に知っておくべきことを紹介します。

ビットコイン

長所:ビットコインの最大の利点は、最も古い暗号通貨の1つであり、最も知名度が高いことです。この先行者利益のおかげで、最も人気があり、最も広く受け入れられている暗号通貨となっています。

どんな暗号通貨でも長期的に生き残るためには、広く採用される必要があります。ビットコインはすでに最も有名な暗号通貨であり、最も長い実績を持っているため、この部門では先手を打っています。

ビットコインの供給量が限られていることも利点です。現存するトークンは2,100万個しかなく、その希少性がビットコインの価値を高める可能性があります。ビットコインの支持者は、この暗号通貨を「デジタル・ゴールド」と考えており、その価値の上昇はインフレに対するヘッジに役立つ可能性があります。

短所:他の暗号通貨と同様に、ビットコインはリスクの高い投資です。暗号が主流になるかどうかは誰にもわからず、その不確実性はリスクを伴います。

また、ビットコインの採掘プロセスは非常に多くのエネルギーを必要とします。ケンブリッジ大学のデータによると、ビットコインはフィリピンの国全体よりも多くの電力を使用しています。

このエネルギー消費が問題となり、多くの投資家や規制当局がビットコインの将来を懸念しています。より持続可能な方法を見つけない限り、ビットコインが競争力を維持するのは難しいかもしれません。

イーサリアム

長所:イーサリアムは、ビットコインよりも汎用性が高く、それが最も大きな長所の一つです。ネイティブトークンであるEtherを持っているだけでなく、イーサリアム・ブロックチェーンはスマートコントラクトや分散型アプリケーションのプラットフォームとしても機能します。

よく知られているアプリケーションとしては、分散型金融(DeFi)やノンファンジブル・トークン(NFT)などがありますが、イーサリアムはオープンソース技術であるため、誰でも新しいアプリケーションを作ることができ、その可能性は無限大です。

また、イーサリアムはビットコインよりも高速に取引を処理することができ、エネルギー消費も少ない。ビットコインはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)マイニングプロトコルを採用していますが、イーサリアムはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)ネットワークへの移行を進めています。

PoWネットワークでは、採掘者は高性能なコンピューターを使って複雑なパズルを解いて取引を検証しなければならず、これがエネルギーを大量に消費する原因となっています。また、ビットコインは供給量が限られているため、採掘するトークンの数が増えれば増えるほど、パズルは難しくなり、より多くのエネルギーを必要とします。

一方、PoSネットワークでは、採掘者は自分の保有する暗号を賭けて取引を検証し、報酬を得ることができます。このプロセスでは、エネルギー消費量が大幅に削減されるだけでなく、取引の処理速度も格段に向上します。

短所:イーサリアムは多くの可能性を秘めていますが、ビットコインほど人気がありません。イーサはビットコインほど商人の間で広く受け入れられておらず、それが不利な点となっています。

また、イーサリアムのブロックチェーンは、成長に伴い多くの変化を遂げています。開発者はEthereum 2.0のリリースを目指しており、これによりイーサリアムはPoWネットワークからPoSネットワークに移行します。このような成長の痛みは、より大きなボラティリティをもたらす可能性があります。

最後に、PoSプロトコルにはデメリットもあります。最も多くの暗号通貨トークンを持っているマイナーは、取引の検証に関して最も大きな力を持っているため、少数の富裕層がブロックチェーンの大半を支配する可能性があります。

カルダノ

長所:カルダノはイーサリアムの共同設立者の一人によって作られたため、その暗号化された競争相手と多くの類似点を持っています。また、スマートコントラクトのプラットフォームとしても機能しており、これはカルダノの最大の利点の1つです。

また、イーサリアムは現在、PoWネットワークからPoSネットワークへの移行を進めていますが、カルダノはすでにPoSシステムを採用しています。そのため、競合他社よりも環境に優しく、スピード感があります。

また、ビットコインと同様に、カルダノもトークンの生産数に制限があり、これが希少性を生み出し、時間の経過とともにその価値を高めるのに役立ちます。

短所: 広く普及することが、カルダノが直面している最大のハードルです。3つの暗号通貨の中では最も新しく、時価総額はビットコインやイーサリアムに比べてかなり低い。そのネイティブな暗号通貨であるADAも、ビットコインやイーサほど広く受け入れられていません。

だからといって、カルダノが競合に追いつけないとは限りません。しかし、現時点では、ビットコインやイーサリアムよりも投機的な要素が強いため、投資のリスクは高いと言えます。

選択肢を検討する際には、自分がどの程度のリスクを取ることができるかを考えてみてください。すべての暗号通貨はリスクの高い投資ですが、自分がどれくらいの投機性を許容できるかを考えてリサーチすることで、どの選択肢が自分にとってベストなのかを判断しやすくなるでしょう。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。