ニュース, ブログ, ...

今後数年間で、より多くの国民国家が金融政策の一環として暗号を使用:カルダノ開発者、エルサルバドルに追随する国が続出すると予測 by U.TODAY

カルダノの創始者チャールズ・ホスキンソン氏は自身の動画「Congratulations Bitcoin」で、今後数年間で、より多くの国民国家が金融政策の一環として暗号を使用し、”中央銀行の準備金として、または中央銀行の決済に暗号通貨のレールを使用する”と語り、今後、すべての国民国家が独自の暗号通貨戦略を考えなければならないと付け加えています。

また、この意味は”私たちはポケットの中のお金をコントロールすべきであり、そのお金がどのように動くのか、誰が受け取るのかを最終的にコントロールすべきだという信念を正当化している”と述べ、暗号通貨業界のメンバーを分断するものよりも団結させるものの方が多いと主張し、暗号通貨の部族主義に反対する姿勢を示しました。これをU.TODAYが伝えています。

以下U.TODAYに掲載された記事「Cardano Creator Predicts That Many Nation States Will Follow El Salvador’s Lead」を翻訳したものです。

カルダノ開発者、エルサルバドルに追随する国が続出すると予測

 By Alex Dovbnya Wed, 09/08/2021

チャールズ・ホスキンソン(Chalres Hoskinson)氏は、暗号が最終的に世界を変えると考えている
カルダノの生みの親は、多くの国民国家がエルサルバドルの後に続くと予測

エルサルバドルがビットコインを国の通貨として採用した最初の国となった後、IOGのCEOであるチャールズ・ホスキンソン氏は、今後他の国も追随する可能性があると予測した。

今後数年間で、より多くの国民国家が金融政策の一環として暗号を使用するようになるでしょう(中央銀行の準備金として、または中央銀行の決済に暗号通貨のレールを使用する)。

ホスキンソン氏は、エルサルバドルがビットコインを法定通貨にすることは、この業界がたった12年でどれだけ進歩したかを振り返る瞬間になるかもしれないと言います。

我々、業界としては勝ちました。今は、それが実際に何を意味するのか、詳細を整理しているところです。

暗号の大物は、今後、すべての国民国家が独自の暗号通貨戦略を考えなければならないと付け加えています。

これが何を意味するかというと、私たちはポケットの中のお金をコントロールすべきであり、そのお金がどのように動くのか、誰が受け取るのかを最終的にコントロールすべきだという信念を正当化しているのです。

また、ホスキンソン氏は、暗号通貨業界のメンバーを分断するものよりも団結させるものの方が多いと主張し、暗号通貨の部族主義に反対する姿勢を示しました。

U.Todayが報じたように、カルダノのスマートコントラクトの発表日は9月12日に確定しました。

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。