ニュース, ブログ, ...

速報:kパラメータが変更され、飽和量が変更になります

k=パラメータを含む重要かつ大きな変更が発表されました。

*重要:取り急ぎ、12月6日時点でライブステーク量、つまりプールサイズが64M ADA以上のプール(委任者ではありません。)へ委任されている方は、委任先の変更の検討が必要になります。これにつきましてSIPOでは早急に検討し対応をお知らせしたいと思いますので、今しばらくお待ちくださいませ。
詳しくはこちらの「Kパラメータ変更に関してSIPOからのお知らせ」ページ

Kパラメーターが来年の3月までに段階的に変更されます。これによってプールサイズの飽和量が大きく変更になります。

現在はk = 150から開始し、プールサイズを約210M ADA(2億1000万ADA)に制限されていました。

まず、エポック234(日本時間:2020年12月07日(月) 06:44)でk = 500に変更され、飽和量が64M ADA(6400万ADA)になります。

これによって、ステーク量が64M ADAを超えているステークプールは飽和量に達し、報酬が減少することになります。

そしてステークプールの長期的な実行可能性をモデル化すると、1000のk値が長期的に安定していることがわかりましたので、その結果、2021年3月中にk = 1000に移行されます。

以下原文から一部抜粋と要約⬇️
Parameters and decentralization: the way ahead
詳細こちら原文⬆️をご参照ください。

日本語翻訳がリリースされました。
⬇️
IOHKブログ:パラメーターと分散化の展望  ー「日本時間12月7日にCardanoのkパラメーターを変更。その理由とは?」

SPOのステーク量の確認方法

SPOのステーク量の確認につきましては下記のサイトで確認できます。

Pooltool.io
ADApools.org
Pool.pm

例えば、「Pooltool.io」さんのサイトでは、トップページにステークプールの一覧が表示されますので、右から4番目のセルの”Live Stake”がそのサイトの最新ステーク量になります。

またSIPOの場合は、それぞれのサイトから、ティカーで”SIPOと”検索窓に入力して、SIPOの情報を表示して、(Live Stake)ライブステークと表示されている部分がそれに当たります。

Pooltool.io」さんのサイト
ADApools.org」さんのサイト
Pool.pm」さんのサイト

kについて

この「ソフトキャップ」をプールサイズに設定する報酬共有スキームのパラメーターは、kと呼ばれます。このメカニズムは、合理的な参加者があり、外部性がないと仮定して、利害関係者の反復的な最良の応答動作が同じサイズのk個のプールに収束し、参加者にステークの単位あたり同じ量の報酬を提供するように設計されています。

kの変更を段階的に実装する予定です。まず、エポック234(2020年12月6日日曜日21:44 UTC)でk = 500に移動します。kへの移行= 500は、現在苦労している中小規模のプールを提供し、代表団を引き付ける機会を改善します。また、プールサイズを64M adaに制限する効果もあります。

これは、100を超える最大のプールが飽和状態になることを意味します。現在から変更までの任意の時点で再委任できます。現在最大のプールの1つに委任していて、最適なステーキング報酬を引き続き受け取りたい場合は、12月6日の21:44UTCの新しいエポック境界の前のエポック233の前または最中にadaを移動する必要があります。

12月6日の1日か2日前に、ダイダロスウォレットにあるお気に入りのプールの溶存酸素量を監視することをお勧めします。この時点で64M adaを大幅に上回っている場合は、再委任を検討する必要があります。報酬はまだわずかに飽和したプールから支払われることに注意することが重要ですが、これらはプール内の64MMadaを超える飽和度が大きくなるほど着実に減少します。

そして明確にするために、過飽和プールに委任する人は誰も彼らの株を失うことはありません。彼らが委任されたままであるならば、それは単に彼らの賭け金/ ROIのリターンが減少するということです。私たちは常にコミュニティが彼らの代表団の選択に目を光らせることを奨励します、そしてこれはこの時期に特に重要になるでしょう。

ステークプールの長期的な実行可能性をモデル化すると、1000のk値が長期的に安定していることがわかりました。その結果、私たちの目標は2021年3月中にk = 1000に移行することです。

また、間もなく、ハードウェアウォレットから複数のプールに委任する機能を追加します。これにより、Trezor(最初は)とその後の元帳の所有者がさまざまなプールに株式を分散することができます。

SMASHシステムへの進化により、コミュニティメンバーは、委任の選択を形作り、操縦するのに役立つ独自のプールリストのキュレーションを開始できるようになります。また、パブリックIOGプールの1つを除くすべてを廃止し、委任者にadaをコミュニティプールに切り替えるように促します。

以上一部原文からの抜粋と要約でした。
⬇️
Parameters and decentralization: the way ahead
詳細は後ほど日本語翻訳が出ますので、そちらを参照ください。

日本語翻訳がリリースされました。
⬇️
IOHKブログ:パラメーターと分散化の展望  ー「日本時間12月7日にCardanoのkパラメーターを変更。その理由とは?」

*今回発表されましたkパラメータの変更は大変大きな変更です。今後の持続可能なSPOの運営のあり方を(プール運営数、マージン、固定費など)大きく変えるものと思われます。

そしてSIPOについても近日中に、今後の方針についてお知らせする予定ですので、引き続き今後ともSIPOをどうぞよろしくお願いいたします。

詳しくはこちらの「Kパラメータ変更に関してSIPOからのお知らせ」ページ

お問い合わせ

Contact Us
SIPOのステーキングサービス、Cardano ADA、ADAの購入方法から保管方法についてご興味、ご質問がある方はこちらのフォームからお問い合わせください。24時間以内にメールにてご返信いたします。